カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースについての体験談をご紹介!

個人向けのカーリースの利用者は、近年非常に増え、カーリースについての体験談も数多くあります。今回は、カーリースについてのポジティブな体験談とネガティブな体験談をご紹介していきます。そこから、カーリースのメリットやデメリットが見えてきます。

カーリースについてのポジティブな体験談

まず、カーリースについてのポジティブな体験談をご紹介します。

ある主婦の体験談

「頭金は不要で、毎月のカーリースの料金には車を購入する時に必要な自動車取得税、登録費用などの諸費用はもちろん、毎年の自動車税なども含まれているので、家計を預かる立場の私としてはとても安心できています。しかも、オイル交換や車検が無料になるクーポンもついているので、カーリースは機械音痴の私にも嬉しいサービスです!」

この主婦の方は、毎月のカーリースの料金に諸々の費用が含められていることで、家計のやり繰りについての心配が軽減されているようですね。

まさにこれは、カーリースのメリットの1つと言えます。毎月定額の料金で、車検などのタイミングで大きな出費が生じることはありませんから、家計を預かる立場の方にとってはとても安心なのです。

また、メンテナンスなどもカーリース会社に任せられるので、機械音痴の人も安心して利用できます。

ある年配の男性の体験談

「私は、年齢を重ねてきているので、事故のリスクを心配していたのですが、自動車の安全性能は年々向上しており、技術によって事故を防げる可能性もあります。この点、最新の車に気軽に乗れるカーリースは、とても良いサービスだと感じていますね。同じ車に縛られず、家族構成や年齢などの状況によって、新しい車に乗り換えることができるのも素晴らしいです」

この体験談にある通り、カーリースでは最新の車種に気軽に乗ることができます。個人向けのカーリースでは残価設定があるので、低料金で新車を楽しむことができ、頭金も不要です。

そして、契約期間が終了する度に、新たに別の車をリースすれば、定期的に車を乗り換えていくことができます。

体験談でも触れられていましたが、自動車の技術は年々向上していますので、定期的に新車に乗り換えることにはメリットがあり、より安全な車を利用できる機会が増えるということもメリットだと言えます。

また、燃費性能が向上した新しい車に乗った方が、ガソリン代を安く抑えることができるという点でも利点があります。

 

カーリースについてのネガティブな体験談

カーリースを利用して良かったと感じている人はたくさんいますが、中にはカーリースで失敗したという人もいます。ここでは、カーリースについてのネガティブな体験談も取り上げていきます。

5年契約のカーリースを利用した方の体験談

「契約期間が終了したのでリース車を返却したけれど、車の査定額が設定残価を下回ったということで数十万円の請求をされました」

これは少し怖い体験談ですね。その後どうなったのかは分かりませんが、請求通り支払ったとすると、非常に痛い出費となります。

実際、残価設定があるカーリース契約では、契約終了時に返却車両の査定額と設定残価の差額精算が行なわれることになります。査定額が設定残価を下回れば、追加で費用が発生するという訳です。

しかし、体験談にあるような数十万円の高額な請求をされることは稀です。リース車に大きな損耗が見られた場合には精算額が高額になることがありますが、正常な使用による損耗であれば問題とはなりません。

この点を過度に心配する必要はありませんが、信頼のおけるカーリース会社を利用すること、事前に契約条件をしっかり理解しておくこと、リース車を大切に扱うことなどによって、トラブルを防ぐことができます。

1年でカーリースを解約した方の体験談

「スポーツカーをリースしたものの、1年後に解約することになりました。その際、1年間で支払ったリース料金に加えて、200万円近い解約金を支払うことになってしまったのです」

カーリースを中途解約した方の体験談です。カーリース契約は原則として中途解約できません。やむを得ない事情により解約が認められることもありますが、その場合は、この体験談にある通り、高額な解約金が必要になります。

カーリース会社よって解約金の算出方法は多少異なりますが、基本的には残っている契約期間のリース料金を全額請求されることになります。

この方がどのような事情で解約することにしたのかは分かりませんが、例えば、2人乗りのスポーツカーをリースした後に子供が生まれれば、解約せざるを得ないかもしれません。

このように、契約時と状況が変わる場合がありますので、カーリースを利用する際には、中途解約ができないことや解約金のリスクについて、しっかり考えておく必要があります。

 

体験談から見えてくるおすすめのカーリース会社!

最後に、カーリースについての体験談から見えてくる、おすすめのカーリース会社をご紹介します。

コスモスマートビークル(コスモ石油)

ポジティブな体験談の中で、カーリースの料金に諸々の費用が含められているという点が触れられていました。月々の料金にどんな費用が含められているかは、カーリース会社によって異なります。

月々の料金を安く抑えるために、最低限の費用しか含められていないプランを好む人もいれば、多少料金が高くなっても充実したサービスを望む人もいるでしょう。

メンテナンスサービスが充実したプランを望む方におすすめなのが、「コスモスマートビークル」です。

「コスモスマートビークル」では、メンテナンスパックを3段階から選択できますが、「ゴールドパック」を選ぶと、非常に充実したメンテナンスサービスを受けることができます。「ゴールドパック」には、ガソリン代1Lあたり5円引きの特典も付いています。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

ネガティブな体験談を通して、契約終了時の清算金や中途解約のリスクについて理解しました。こうしたリスクについて心配する方におすすめなのが「カーコンカーリースもろコミ」です。

「カーコンカーリースもろコミ」は個人向けのカーリースでは珍しい「残価設定0円」の契約となっていますので、契約終了時の差額精算はありません。しかも、追加料金なしで車をそのままもらうことができます。

さらに、「カーコンカーリースもろコミ」には7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」という2つのプランがありますが、どちらのプランも契約終了の2年前から車の乗り換えや返却を自由にできるようになります。

これはつまり、契約終了の2年前からという条件付きではありますが、中途解約を解約金なしでできるということです。

さらに「カーコンカーリースもろコミ」では、契約期間中、ガソリン代1Lあたり20円(毎月最大2,000円)のキャッシュバックを受けられるキャンペーンも行なっています。

 

今回はカーリースの体験談を取り上げました。ポジティブな体験談とネガティブな体験談を両方ご紹介しましたので、カーリースのメリットとデメリットの両面を理解できたと思います。

是非、カーリースの利用を検討する際の参考になさって下さい。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースとレンタルの違いって何?契約内容やメリットを徹底比較!

車を手に入れる方法としてカーリースを利用する人は増えてきています。カーリースの仕組みを聞くと、車をカーリース会社からレンタルして乗るようなものであると説明されるかもしれません。そこで浮かぶのが、レンタカーとは一体何が違うのだろうかという疑問です。 実はカーリースは車を借りている状態ですが、レンタカー会社でのレンタルとは全く異なる形式です。そこで、カーリースとレンタルの違いと、カーリースを選ぶ人がなぜ多いのかを見てみましょう。

スポーティさが魅力!カーリースを利用してBMWに乗ろう!

近年、カーリース市場が拡大しています。カーリースについて、なんとなく知っている人は「車を借りるサービス」という程度の認識かもしれません。しかし、最近のカーリースではなんと人気の外車を選択することもできるのです。今回はそんな数ある外車のなかでも多くの人に愛されているBMWのカーリースについてご紹介します。

人気急上昇中のカーリース!一方で解決すべき課題も?カーリースのメリットとデメリットを知っておこう

人気の車の利用法として知られているカーリース。車の利用に関する費用に支払い方に特徴があり、カーシェアやレンタカーなどとは異なったメリットがあります。しかし、人によっては、メリットだけではなくデメリットもあり、これに関してはカーリースの解決すべき課題と言えます。今回は、カーリースのメリット、デメリットを取り上げながら、カーリースの持つ課題についてまとめていきます。

車検で失敗しないために…車検ではどんな項目が検査されるのかを知っておこう!

車検で車の検査が行われることは知っていても、具体的にどんな項目が検査されるのかは知らない方も多いのではないでしょうか?しかしながら、車検の検査項目を知っておくことにはいろいろなメリットがありますので、今回の記事では、車検で検査される項目について徹底解説します!

カーリースした車がリコール対象車になったらどうする?知っておきたい車のリコールについて

カーリースした車が、万が一リコールやサービスキャンペーンの対象になったら、どうすれば良いのでしょうか?今回は、リコールとはそもそも何か、どうすれば自分の車がリコール対象になっているかを知ることができるのかなどを含め、その対処方法について詳しく説明します。