カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースにはどのようなプランがあるの?ボーナス払いなしでも利用できる?

月々の手軽な料金で利用できると注目されているカーリース。購入に代わるマイカーの導入方法として浸透しつつあるようです。 まとまった資金なしで新車に乗れるのが大きな魅力ですが、ボーナス払いなしでも利用できるのでしょうか。カーリースのプラン内容とともに、ボーナス払いなしで利用できるのか、ボーナス払いなしでも月々の使用料を抑える方法をご紹介します。

カーリースにはどのようなプランがあるの?

カーリースは、カーリース会社によってさまざまなプランが用意されています。契約期間はもちろんのこと、走行距離やメンテナンスの有無を選べるものもあります。また、契約期間満了後の車の扱いについても各社さまざまです。返却や乗り換え、契約期間延長(再リース)、車が契約者のものになるプランも存在しています。

それでは早速、代表的なカーリース会社のプランを見てみましょう。

カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースもろコミでは7年と9年の契約期間を用意しています。どちらのプランも契約期間満了の2年前から返却や乗り換えが可能です。頭金は0円、月々の使用料金は車両代金に登録諸費用、自動車税、自動車重量税、自賠責保険、そして車検基本料も含まれたコミコミ価格です。契約満了時には使用していた車をもらえるのが大きな特徴です。

コスモスマートビークル

リース期間に加えて走行距離やメンテナンスパックなど、自分のライフスタイルに合わせてフレキシブルなプランが組めるようになっているのがコスモスマートビークルです。

リース期間は3年、5年、7年の3種類。走行距離も500km/月以内、1,000km/月以内、1,500km/月以内の3つから、メンテナンスパックもメンテナンスの充実度に応じて3種類から選べます。

コスモスマートビークルはメンテナンスパックにガソリン割引が含まれています。それぞれのメンテナンスパックで割引率は変わりますが、リース契約期間中ずっとガソリンの割引が受けられます。

オリックス自動車

5年契約、7年契約、9年契約の3つのプランを用意しています。5年契約のプランでは契約から2年経過すると返却、乗り換えが可能になるので短期間での車の利用を考えている方にも利用しやすくなっています。

7年契約、9年契約では契約期間満了の2年前から返却、乗り換えが可能になる他、契約期間満了時には車がもらえるシステムです。契約期間中は車検無料クーポンが用意されているので、車検時の負担もありません。

このようにカーリース会社によって異なるプランを用意しているので、金額以外の面でもしっかり検討してから自分に合ったカーリースのプランを選ぶのが大切です。ちなみにここで挙げた3社はボーナス払いなしでの利用もできます。

 

カーリースはボーナス払いなしでも利用できる?

新車の購入方法として一般的なオートローンでは、ボーナス払いの有無の選択ができたかと思いますが、カーリースでも同様に多くのカーリース会社でボーナス払いなしの選択も可能になっています。

ボーナス払いを併用すると月々の金額が抑えられるというメリットは大きいですが、ボーナス月の支払額はかなり高額になってしまいます。住宅ローンなどのボーナス払いがある場合はカーリースではボーナス払いなしにしたいということもあるでしょう。

また、万が一、ボーナスが支給されなかった、もしくは減額されてしまったというような場合もあり得るので、ボーナス払いなしがいいという場合もあるかと思います。

ボーナス払いなしにした場合の支払方法としては、月々均等払いがあります。これは毎月同じ金額を契約期間中支払い続けていく方法です。

 

カーリースの支払いをボーナス払いなしにするとどうなる?

ボーナス払いなしにすると一定の金額をずっと契約期間中払い続けていくことになります。ボーナス払いを使用するよりも、月々の支払額が高額になるので、しっかりと家計管理をしてカーリースの契約をすることが必要になってきます。

カーリースでは、基本的に一旦結んだ契約の内容を変更することはできません。中途解約も高額な違約金や解約金が必要となるので、基本的にはできないと考えておいたほうがいいでしょう。

従って、最初に設定した金額をその後、数年間にわたって払い続けなければならないので、数年後のライフプランや家計の状況もしっかりとシミュレーションしたうえで、後悔しないようによく考えて決めるようにしましょう。

 

ボーナス払いなしでも毎月のカーリース料金を抑える方法

では、ボーナス払いなしで毎月のカーリース料金を抑える方法はあるのでしょうか。

まずは、頭金を入れる方法があります。まとまった資金が手元になくても新車に乗れるというのがカーリースの売りでもあるので、個人向けカーリースのほとんどは頭金なしで利用できるようになっていますが、頭金を入れて契約することも可能です。

頭金を入れれば、その分、月々の料金は安くなります。契約時にまとまった資金があるのならば頭金を入れての契約もいいでしょう。

また、契約期間を長く設定するという方法もあります。契約期間を長くすれば長くするほど支払の回数は増えるので、一回の支払額は安くなります。

とはいえ、価格面だけに注目して契約期間を選ぶと、家族構成が変わって大きな車が必要になった、車が不要になったという事態が発生した場合に不要なカーリース料金を払い続けることになりかねません。

今後のライププランを見据えておくのはもちろんですが、契約期間満了前に乗り換えや返却が必要になるプランを選んでおくといいかもしれませんね。

走行距離が選べる場合には、短めに設定するとカーリースの料金を抑えられます。それほど遠出しない、あまり頻繁に車を使用しないという方にはこの方法もおすすめです。

万が一、設定した走行距離を超えてしまうと、超過料金が必要になるので注意してください。

メンテナンスサービスの内容もよく確認してみましょう。各種部品の交換やロードサービスなどのメンテナンスの充実したプランはその分月々の料金も高額になります。

メンテナンス内容を減らしたり、メンテナンス無しのプランにしたりすれば、その分の価格は抑えられます。自分でメンテナンスできるという方、車の管理が苦にならない方にはいいのではないでしょうか。

カーリース会社によっては、期間限定の特別価格でリースできる車種を用意している場合もあります。「特選車」という名前で用意されていることが多いですね。

人気の車種が登場していることも多く、気に入った車があれば、お得に利用できます。カーコンカーリースもろコミでも特選車の設定があり、ホンダのN-BOXやスズキ・ワゴンR、ダイハツのムーヴキャンバスなど大人気車種が用意されています。

2018年10月1日(月)~12/31(月)の期間中はWEBから7年契約の「もろコミ7」で特選車の申込み、契約をすると折りたたみ電動アシスト自転車、キズへこみ保証クーポンのプレゼントがご成約特典として用意されています(※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります)。

かなりお得に利用できるので、こうした特選車などを選ぶのも一つの手段です。

ボーナス払いなしでもカーリース料金を抑える方法はいろいろあります。ですが、方法によってはよく考えて使用しないと、結局高額になってしまう可能性のものもあるので、自分のライフスタイルや車の使用環境をよく考えて選ぶようにしたいですね。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースで三菱の人気車種に乗ろうとしたら、料金はどの程度かかる?

車に乗りたいけど、まとまったお金がなくて買うことができない、転勤が多くてすぐに手放すかもしれない、といった人は意外と多いのではないでしょうか。これらのさまざまな理由から、車を購入して所有することができない人たちにおすすめなのがカーリースです。 今回は、数あるメーカーのなかでも三菱に注目し、三菱の車種をカーリースで利用する場合の料金についてご紹介します。

カーリースを利用する?それとも車を買う?どっちがお得かをズバリ検証!

ものをなるべく増やしたくないと考えている方にとって、車を購入するか否かの判断は難しいものです。その点、カーリースは毎月一定の額を払ってさえいれば車に乗れるので、車を買うかどうか迷っている方にオススメです。今回の記事は、車を買うか、カーリースを利用するかで迷っている方へのアドバイスです。

自動車ローンと何が違う?知っておきたいカーリースの特長とは

カーリースが個人でも利用されつつあることをご存知でしょうか。これまでは法人向けのイメージが強かったカーリースですが、お得な月々の支払いやメンテナンスなどが必要ない手軽さから、個人でもカーリースが広がっています。 今回はカーシェアなど新たな車の乗り方も広がっている現代で、より生活に寄り添った車の乗り方を提案するカーリースの特長についてご紹介します。