カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースには安心サポートがついてくる?リース会社ごとの特典やサポート内容を公開!

カーリースの利用者の中には、諸費用やメンテナンスのことを考えなくて済み、安心サポートがあるため、カーリースを利用している方も多いです。この安心サポートがあるのが、まさにカーリースのメリットであるといえるでしょう。今回は、カーリースの安心サポートについてご説明します。

カーリースの料金に含まれるものはどんなもの?

カーリースの料金には、そもそもどんなものが含まれているのでしょうか?カーリース会社によって、月額にどんな料金が含まれているかは異なります。ここでは、オリックスカーリースを例として考えてみましょう。

カーリースには、ファイナンスリースプランと、メンテナンスリースプランがあります。

ファイナンスリース

ファイナンスリースで車検がすでに付いている場合は、カーリース料金に車両本体価格と登録時の手数料、登録時の整備費用、納車のための陸送費用、リース期間分の自動車税が含まれます。車検付きの中古車の場合は、重量税や自賠責保険料が車両本体価格に含まれています。

ファイナンスリースの車検受け渡しの場合は、車両本体価格、登録手数料、登録時整備費用、納車陸送費、リース期間分の自動車税に加えて、初回分の重量税と自賠責保険料がカーリース料金に含まれています。

メンテナンスリース

車検付きのメンテナンスリースの場合は以下のものが含まれます。

・車両本体価格
・登録手数料
・登録時整備費用
・納車陸送費
・リース期間中のメンテナンス費用
・重量税
・自賠責保険料
・自動車税

この中で、リース期間中のメンテナンス費用とは、車検整備や法定点検、カーリース会社の基準による点検にかかる費用のことです。

メンテナンスリースの車検受渡しの場合は、上記8つの費用のうち、登録整備費用が「登録時車検整備費用」に置き換わります。

このように、カーリースの料金には様々な費用が含まれています。自分で車を買ったなら、これらの出費を自分で管理しなければなりませんが、カーリースだと、まとめて管理してくれるというメリットがあります。

なお、カーリース会社によっては、困ったときのロードサービスなどを含む安心サポートが用意されており、その料金がカーリース料金に含まれていることもあります。

 

ファイナンスリースとメンテナンスリースの違いとは?

ファイナンスリースとメンテナンスリースについて述べましたが、実際にこの2つはどう異なっているのでしょうか?

ファイナンスリースは車両代、税金等のファイナンス部分を契約に含めるリースのことを指します。カーリース会社に、自分に替わってまず車両本体を購入してもらい、それを貸してもらうというスタイルです。

一方、メンテナンスリースは、車両代や税金だけでなく、車の維持に必要になるオイル交換やエレメント交換などのメンテナンス費用をカーリース料金に含めるタイプです。時間がないという方や、法人にもおすすめのリース形態です。

知っておきたいのは、ファイナンスリースだとメンテナンス料金が含まれていないということです。含まれていないということは、自分でメンテナンス料金を別途支払う必要があります。

車の点検費用や車検費用、消耗品などの修理費用や、オイル、タイヤ、バッテリーの交換は自分で行わなければなりません。

また、ファイナンスリース、メンテナンスリースともに、重量税と自賠責保険料が含まれています。ファイナンスリースの場合、これら2つの料金は登録時のみなのに対し、メンテナンスリースの場合は、リース期間分の料金がカーリース料金に含まれています。

注意したいことは、任意保険に関することです。カーリースでは、任意保険は強制ではないので、リース料金に含めることもできれば、含めない形にすることもできます。

勤務先などから任意保険に入っている事が求められているなら、カーリース料金に含めておきましょう。なお、安全や安心の観点からも、任意保険にはできる限り入っておいたほうが賢明です。

 

カーリース会社ごとの“安心サポート”が充実!

ここまでで、カーリースにはファイナンスリースとメンテナンスリースの2種類があることが分かりました。もちろん、カーリース会社によって呼び方は異なりますが、本質的にはこの2種類のリース形態となります。

ところで、カーリース会社では、カーリース期間中に手厚い安心サポートが受けられるところが多いことをご存知ですか?

安心サポートの内容はカーリース会社によって異なります。ここでは、そのいくつかをご紹介します。

カーコンカーリースもろコミの安心サポート

カーコンカーリースもろコミでカーリースを行うと、ガソリン代の面で安心サポートがあります。毎月最大2,000円のキャッシュバックを受けられます。レギュラー、ハイオク、軽油など、どの油種でもキャッシュバックが可能です。

※本キャンペーンは、2018年9月30日(日)までに、カーコンカーリースもろコミのWEBサイトまたは販売店よりお申込みのうえ、販売店でご契約の方が対象となるとのことです。

給油したら、そのレシートを持ってもろコミ販売店に行き、車検証と車の走行距離メーターを確認。その後、給油した翌月に、もろコミ販売店で一括キャッシュバックされる仕組みになっています。年間にすると24,000円分なので、かなりお得ですよね。

コスモスマートビークルの安心サポート

コスモスマートビークルのカーリースには、3つのメンテナンスパックがあります。それぞれ、ホワイトパック、シルバーバック、ゴールドパックで、ゴールドパックが一番高価なメンテナンスリースとなります。

ホワイトパックの場合、月々の負担は安いものの、メンテナンスや安心サポートが付いていません。シルバーバックはメンテナンスの一部(オイル交換や定期点検、法定点検、車検整備など)のみが利用可能です。

最上級のゴールドパックは全てが付いており、メンテナンスを含む管理車両の延長保証やロードサービスなど、手厚い安心サポートが特徴のパックです。

ゴールドパックの安心サポートでは、タイヤやブレーキパッド、バッテリーだけでなく、ワイパーゴムやエアコンフィルタなどの細かい部分も修理交換してくれます。

オリックスカーリースの安心サポート

オリックスカーリースは女性向けのカーリースが魅力です。「おくるま女子応援プロジェクト」として、全部込みで月々14,500円(税抜)という低価格を実現しています。女子に人気のダイハツタントやホンダNボックス、ミライースなどが揃っています。

カーリースできる軽自動車は性能抜群で、バックカメラやナビ、ETCはもちろんのこと、衝突回避支援ブレーキやコーナーセンサー、前方後方誤発進抑制制御機能が付いています。運転が苦手な女子でも安心して乗れそうですね。これがオリックスカーリースの安心サポートです。

定額ニコノリパックの安心サポート

定額ニコノリパックも安心サポートが充実しています。コスモスマートビークルのような、ガソリン代リッター当たり5円割引、オイル交換やウォッシャー、クーラント液の無料補充などがニコノリパックの安心サポートには含まれています。

カーリース会社による手厚い安心サポートを受けたいなら、上記の4社がオススメです。安心サポートの内容により月額も違ってくるので、経済状況に合わせて最適なカーリースのプランを選びましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

三井住友フィナンシャルグループなどが出資するカーリース「住友三井オートサービス」の口コミや評判は?

三井住友フィナンシャルグループや住友商事などが出資する「住友三井オートサービス株式会社」は、カーリース業界の中でも大手の会社です。では、そんな住友三井オートサービスの個人向けカーリースには、一体どんな特徴があるでしょうか。また、口コミや評判はどのようなものでしょうか?徹底解説します!

人気のカーリース会社のお得なサービスをご紹介!

個人向けのカーリースでは、月々の料金に「車両代」に加えて「登録諸費用」「各種税金」「自賠責保険料」「車検代」などが含まれるのが一般的です。多くのカーリース会社では、他にもメンテナンスサービスを実施したり、付加的な特典を付けたりして、他社との差別化を図っています。 今回は、人気のカーリース3社(カーコンビニ倶楽部株式会社、コスモ石油、オリックス自動車)がどんなサービスを提供しているのかをまとめてみました。

カーリースと残価設定ローン、それぞれどんな人が向いているの?共通点や違いなどをご紹介!

近頃CMなどでもよく耳にする“残価設定ローン”。経済的な負担を少なくしたい人には嬉しい購入方法ですが、同じく近年人気の「カーリース」とシステムが似ています。 「残価設定ローンとカーリースはどう違う?」「自分にはどちらが向いているのか?」などの疑問や悩みを持つ方に向けて、今回は両者の特徴やメリットデメリット、共通点などの解説をしたいと思います。

右肩上がりの個人向けカーリース、今後の市場規模の動向は?

「車に乗りたいけれど購入する余裕がない」そんな人たちの選択肢となるのが、カーリースです。近年はカーリースをはじめとして車の乗り方の多様化が進んでいて、購入するということ以外の選択をすることもできるようになりました。 今回はカーリースに関して、その市場規模に注目し、カーリース市場が近年どのように拡大および成長を続けているのかについてご紹介します。

カーリースではどんな審査を受ける?保証人不要のプランもご紹介!

カーリースを利用するためには、基本的に保証人を立てることが必要となります。総支払額が100万円を超えるような契約になるので、当たり前といえば当たり前ですが、中には、保証人が必要ではないカーリース会社も存在します。 カーリースで保証人が必要な条件はどんなものなのか、保証人が不要なカーリース会社はどこなのかなど、今回はカーリースにおける保証人関係の事柄をまとめていきます。