カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースには走行距離の制限がある!リース車の契約時に確認しておくべきこと

わずかな初期費用と定額で好きな車に乗ることができるカーリースですが、そのほとんどは「走行できる距離」が決められています。どのように決められているのか?うっかりオーバーしてしまうとどうなるのか?など、今回はカーリースの走行距離について、他にも確認しておきたいポイントと併せて解説をします。

見落とし注意!カーリースには走行距離が決められている

一般的なカーリースのルールとして、リース期間中に走ることができる距離、すなわち走行距離が決められているケースがほとんどです。あるいは契約時に自由に設定できる場合もありますが、意外と見落としがちなので注意しましょう。

 

なぜ走行距離が決められているのか?それは「走行した分だけ車の価値が下がる」ということが言えます。同じ車を5年間借りたとして、走行距離が50,000kmと100,000kmとでは車のいたる部分の劣化具合が異なりますので、それだけ価値が下がるということになります。

 

トヨタカーリースを例にとってみると、1kmオーバーするごとに5円という超過料金が発生します。単純に、50,000kmで契約をして50,001kmで返却すると5円を支払うということです。契約時に走行距離を自由に設定することができるようですが、長く設定すればするだけリース料も高くなります。

 

「大丈夫だろうと思って乗っていたが思った以上に走行してしまい、リース期間終了前の数ヶ月間はほとんど乗らずにもったいない思いをした」

 

「走行距離を確認していなかったため気づいた時にはすでに3,000km近くオーバーしてしまい、返却時に超過料金を取られてしまった」

 

といった声も実際に少なくありません。この走行距離はリース業者によって異なります。自由に設定できる場合でも、リース期間は長期に渡りますので、どれくらい走るかなんてなかなか分かるものではありません。「長い距離を乗る可能性がある」場合は契約をする前にきちんと計算をしておく必要があります。

 

もし、制限をオーバーしたら…

もともと決まっているにせよ契約時に自由に設定したにせよ、その走行距離をオーバーした場合は基本的に超過料金が発生します。これはリース業者によってバラバラですが、先ほどのトヨタカーリースでは1km5円、別の業者では1km8円などとなります。相場としては1kmあたり3円~10円程度と言われています。

 

なお、逆に設定していた走行距離よりも走なかった場合、例えば50,000kmで設定していたが30,000kmで済んだという場合でも、基本的にリース料からその分だけ返却されるということはありません。

 

契約時に確認しておきたい5つのこと

今回は走行距離に関してお話をしてきましたが、他にも契約をする時に確認しておきたいことがいくつかあります。基本的な5つの項目をご紹介します。

 

■プランの確認

各リース業者それぞれ独自のプランを提供しています。例えば「車両のみ」「車両+自動車税」「車両+自動車税+自賠責保険+車検代」ほかにもメンテナンス代などを含んだプランもあります。リース料も変わってきますので、プランを選ぶ際には内容を確認しましょう。

 

■走行距離

すでにお伝えしているように、走行距離があらかじめ決められているケース、自由に設定できるケースがあります。超過した場合の1kmあたりの料金などについても忘れずに確認しておいてください。

 

■カスタマイズ

車の所有者はリース業者ですので、基本的にはドレスアップや改造などはできないものと思っておいた方が良いです。もし知らずにカスタマイズしてしまった場合、返却時に別途費用が発生する可能性もありますので確認をしておきましょう。

 

■中途解約

カーリースは基本的には中途解約ができません。しかし、長期契約になりますので、リース期間中にどうしても解約しなければならない事態が発生するかも知れません。その場合、解約金あるいは違約金が必要になるケースがほとんどです。万が一がないとも限りませんので、契約前にどれくらいの費用が必要になるのか確認しておく必要があります。

 

■返却時

返却時には主に「車両を返却する」「リース期間を延長(再契約)する」「リースしていた車両を買い取る」「新しい車で再契約する」といった4つの方法から選べますが、リース業者によっては買い取りができない車両があったり、再契約をするよりも買い取った方が安く上がるケースもありますので確認をしておくことをおすすめします。

 

以上5つが契約をする前に確認しておきたいポイントです。

 

各業者の制限距離を比較してみました!

冒頭の項目で、リース業者によって走行距離が異なるというお話をしましたが、具体的にどれくらいの差があるのか、いくつか比較してみます。

 

■定額ニコノリパック

まずは株式会社MICの定額ニコノリパックです。ニコニコレンタカーを運営している会社です。走行距離に関しては”原則として年間10,000km(5年で50,000km)”とされていますので、月間にすると【833.3km】となります。

 

■カーリースまる乗り

続いてはオートバックスのカーリースまる乗りです。こちらは定額ニコノリパックよりも少し緩和されており、月間走行距離【1,000km】に設定されているケースがほとんどですので、年間にすると12,000kmという計算になります。

 

■もろコミ(カーコンビニ俱楽部)

カーコンビニ倶楽部のもろコミ(カーコンビニ俱楽部)ですが、こちらは何と言っても走行距離が長いのが嬉しいポイントです。月間走行距離【2,000km】と、なんと定額ニコノリパックやカーリースまる乗りと比較すると2倍~2.5倍!年間にすると24,000kmも乗れることになります。

 

ということで、もろコミ(カーコンビニ俱楽部)がダントツです。普段はあまり乗らなくても、もしかすると家族旅行や帰省など、予定外に長距離を乗らなければならないケースが無いとは言い切れません。走行距離を気にしながら乗るのは精神的に不安を抱えてしまいますし、リース期間終了時に多額の超過料金が発生することを考えると、あらかじめ長く設定されているもろコミ(カーコンビニ俱楽部)が安心です。カーリースを検討されている方は、意外と見落としがちな「走行距離」にぜひ着目することを忘れないようにしましょう。

人気カーリースを見る

 

関連する記事

リース車のナンバーは一般の自家用車と同じ!?希望ナンバーの取得もOK!?

車を運転している時に、自然と目がいってしまうのが「ナンバー」です。「どこから来た車なんだろう?」「レンタカーかそれとも所有車か?」「4桁の数字はどういう意味なんだろう?」など、意識をしなくても信号待ちなどで目が行ってしまうものです。車両を管理・識別するためのナンバーですが、ドライバーにとっては実はそれ以外にも、精神的に影響を与える大切なものでもあります。今回は、リース車のナンバーについてレンタカーとの違いを交えて解説をいたします。

タイヤの点検は重要?車検前に知っておきたいセルフチェック方法を解説!

タイヤは車の安全性を大きく左右する部品であり、車検の時にもタイヤの状態は検査され、交換が必要になる場合もあります。そのため、車検の前に自分でタイヤのコンディションをチェックすることによって、車検時の整備費用が高くなるのを避けられます。今回はタイヤのセルフチェック方法を徹底解説します!

カーリースってどんな仕組み?支払いやメンテナンスはどうすれば良い?様々な疑問について、わかりやすくご説明!

「車は買うもの!」というのは、これまでの標準でしたが、「断捨離」や「ミニマリズム」といった言葉がトレンドになっているように、最近ではものを所有するストレスから開放されたいと考えている方が多いようです。 カーリースは、そんな方にピッタリのサービスです。しかし、カーリースを利用したことがない方にとって、支払いやメンテナンスの仕組みは未知数なのも確かでしょう。今回は、カーリースの様々な疑問についてご説明します。

カーリース会社の有名どころはココ!おすすめカーリース会社の特徴やメリットを解説

カーリースの利用を検討されている方にとって、カーリース会社選びは非常に重要です。料金やサービス内容で比較していくのもいいですが、有名な会社を選ぶというのも安心感があって良いでしょう。有名なカーリース会社は、知名度の高さなどを活かしたメリットが多くあります。今回は、そんな大手カーリース会社の特徴やメリットを紹介します。