カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースに向いている人とはどんな人?法人・個人両方から見たメリットとあわせてご紹介!

最近、注目を集めている車の利用方法である「カーリース」。利用を検討している人も多いかと思います。そんな中で、カーリースはどんな人に向いているのか気になるところですよね。そんなときは、カーリースの特徴やメリット・デメリットを両面から見ていきましょう。今回は、カーリースに向いている人の特徴を中心にまとめていきます。

カーリースの仕組みとは?購入するのと異なる点は?

まずは、カーリースの仕組みについてよく知らないという人のために、カーリースと購入の違いについてまとめていきます。

カーリースというサービスは、簡潔に言えば、月額料金を支払うことで車に乗ることができるという仕組みになっています。元々は、法人向けのサービスでもあったのですが、近年の車の需要の変化に合わせる形で、個人向けのカーリースが登場してきました。

それでは、カーリースと、車を購入する場合でどのような違いがあるのか、ピックアップしていきましょう。

カーリースと購入の違い1 支払いについて

カーリースの場合、支払うのは月々の利用料金が中心となり、その他には駐車場代とガソリン代がかかります。利用料金には、車体価格だけではなく、各種登録料や税金、保険、メンテナンス費などが含まれており、それらをまとめて月々の定額で支払います。

車を購入する場合、車体価格に関しては、ローンを組むための頭金が必要となるほか、車検やメンテナンスといった項目も自分で行う必要があります。突然の事故や故障、部品交換にも対応しなければなりません。

支払という面で考えれば、カーリースは契約時にまとまったお金が必要ではなく、月々の支払いが安定しているというメリットがあります。

カーリースと購入の違い2 維持や管理について

カーリースでは、車の維持や管理に関わる項目をすべてカーリース会社に任せることができます。そのため、メンテナンスや部品交換といった車の知識が全くなくても、車に乗ることができるので、気軽に利用できるというメリットがあります。

車を購入する場合、すべて自分で対応しなければなりません。作業自体はもちろん業者に任せることになりますが、「いつ、どのようなことをすればいいのか知らないので不安」という方も多いはずです。

カーリースでは、車の維持や管理に関わる面倒な項目をすべてカーリース会社に任せることができるのでとても楽です。

カーリースと購入の違い3 車の利用について

カーリースでは、形態としては車を借用することになるため、契約期間中に車を利用する上で、カスタマイズや内装を変えることは基本的にできません。これは、カーリースのデメリットといえるでしょう。

人によっては、車を自分好みにアレンジしたいと考える人もいます。車を購入すればマイカーとして、どのように扱うのも自由ですが、カーリースでは、そのような改造に制限がかかるということを知っておきましょう。

カーリースと購入の違い4 契約満了時について

契約満了時とは、カーリースでは契約期間が終了した後、購入の場合はローンの支払いが終了した後、ということになります。

カーリースの場合、契約満了後は別の車に乗り換えることもできますし、今まで乗っていた車を継続利用、買取するといったこともできます。買取をした場合は、マイカーとして扱うことができるため、カスタマイズなども自由に行えるようになります。

車を購入した場合は、ローンの返済終了時も変わらず、車は自分の所有物となります。

 

カーリースに向いている人の特徴は?

カーリースと購入の違いがよく理解できたかと思います。ここでは、その違いを元にして、カーリースに向いている人の特徴についてまとめていきます。

カーリースに向いている人1 まとまったお金がない人

カーリースでは、車をローンで購入するときに必要な頭金や各種登録料、税金などのまとまったお金を支払う必要はありません。そういった費用はすべて月々の利用料にまとめられているので、まとまったお金を用意するのが難しい人に向いています。

カーリースに向いている人2 月々の出費を抑えたい人

車を購入した場合、突然の故障やメンテナンス、部品交換など急な出費がかかることが想定されます。そうなると月々の出費が当然増えたり、不安定になったりしますよね。

カーリースの場合、メンテナンスや部品交換など、車の維持・管理に関わる項目は、月々の利用料金に含まれているので、どんなときでも出費を抑えながら安定させることができます。

カーリースに向いている人3 メンテナンスなどが面倒な人

カーリースでは、メンテンナンスや車検などの項目をすべてカーリース会社に任せることができます。車に利用するにあたって、そういった知識がなく不安に思っている方や、面倒だと思っている方にはおすすめです。

カーリースに向いている人4 定期的に新車に乗り換えたい

カーリースでは、契約満了時に別の車に乗り換えることができます。色々な車に乗ってみたい人や、ライフスタイルの変化に合わせて車を乗り変えたいという人にはおすすめの選択肢です。

 

カーリースは法人や個人事業主にも向いている?

ここまでは、主に個人向けカーリースについてまとめてきましたが、元々カーリースは法人向けに行っていたサービスでもあります。では、法人や個人事業主向けのカーリースにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、法人や個人事業主にとって、カーリースが向いている理由をまとめます。

カーリースが法人や個人事業主に向いている理由1 経費化できる

カーリースでは、車に関わる税金や保険料を月額の利用料金にまとめてくれているので、カーリース代金として経費化することができます。これらの費用を経費として扱うことによって、節税効果が期待されます。

カーリースが法人や個人事業主に向いている理由2 財務諸表の健全化

法人や個人事業主の方にとって、財務諸表の健全化は事業を行う上で重要視しなければなりません。一方で、仕事で車が必要なときや、購入した場合では、まとまったお金が必要となります。

一時的な資産の減少は、事業で使える現金を減らしてしまうため、事業計画にも影響を及ぼします。カーリースであれば、月々の利用料金は一定なので、安定した財務状況を作り出すことができます。

カーリースが法人や個人事業主に向いている理由 維持・管理面のメリット

車を利用する上で、維持・管理に関わる費用や手間は負担になりますよね。カーリースでは、メンテナンスや車検に関わる費用はすべて一定となるので、車にかかるコストを明確化することができます。

さらに、メンテナンスをカーリース会社に任せることもできるので、面倒な手間なく、車を利用することができ、業務にも支障が出ません。

 

自分のライフスタイルや理想に合ったカーリースプランを見つけよう!

ここまで、カーリースの特徴やメリットをまとめてきましたが、カーリース会社によって契約プランは当然異なります。上記のメリットが当てはまらない場合もありますし、逆に、ここには書いていないニーズにもこたえてくれるカーリース会社もあります。

ここでは、各社のサービスの中でも、特に目立つメリットを紹介していきます。

【カーコンカーリースもろコミ】

・契約期間7年・9年

・契約終了2年前から乗換え・返却が可能

・契約満了後、車が貰える

【コスモスマービークル】

・契約期間5年~

・ガソリン代割引

【ニコニコレンタカー】

・契約期間5年~

・月々1万円代から利用可能

【オリックスカーリース】

・契約期間5年~

・契約開始後2年で乗換え、返却可能

ライススタイルやご自身のニーズに合わせてベストなカーリース会社が選択できるように、じっくりと比較してみることをおすすめします。
人気カーリースを見る

関連する記事

法人・個人事業主の方は必見!事業用でカーリースを使うメリットとは?

昨今、法人や個人事業主の間では自社車両を購入して所有するより、リースで運用しようという選択が定着してきています。それは、いったい何故なのでしょうか? そこで今回は、法人や個人事業主の方必見の事業用カーリースの魅力やメリット、申し込み方法にフォーカスした情報をお届けします。

カーリースの利用は引越しをしても継続可能?サービスの詳細について解説!

希望車種を「リーズナブルな価格で自由に乗りこなせる」として、個人向けカーリースの人気が高まっています。数年間のカーリース契約を結ぶことで利用者は車を購入することなくカーリース会社が利用者の希望する車種を手配してくれます。 しかし、数年間の契約期間中にライフステージが変わることも十分考えられますし、転勤や転職などで引越しをすることも予想されます。今回はカーリース契約期間中に、引越しを行う際に必要となる手続きを紹介します。