カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースに向いている人の条件とは?

カーリースはとても便利でお得なサービスですが、カーリースに向いている人と、そうではない人がいます。今回はカーリースに向いている人の条件についてご説明します。

カーリースに向いている人の条件

カーリースにはどんな人が向いているのでしょうか?

条件その1:車が自分の物にならなくてもいい人

カーリースは言うまでもなく、車を「借りる」ためのサービスです。ですから、契約期間が終わると、基本的には車をカーリース会社に返却しなければなりません。

車を自分の物にすることにこだわる方は、基本的にはカーリースを利用するのではなく、車を購入した方がよいということになります。

ただ、カーリースでも、契約プランによっては、契約終了時に車を買い取ることができたり、車をもらえたりする場合もあります。

ですから、とりあえずはカーリースで車の利用を始めて、車を気に入ったら自分の物にしようという考えをお持ちの方の場合、カーリースは利用する価値があると言えるでしょう。

ただし、最終的にリースしていた車を買い取った場合の支払い総額は、車を購入した場合の支払い総額よりも高くなるのが一般的であるという点は覚えておいてください。

条件その2:月々の支払い額を抑えたい人

一般的な個人向けのカーリースでは、「車両価格」から「契約終了時点での車の予想残存価格(残価)」をあらかじめ差し引きます。それに諸々の税金やメンテナンス費用などを上乗せした金額を契約月数で割ったものが、月々のカーリース料金になります。

カーリースには、車が自分の物にならない代わりに「車両価格」から「残価」が差し引かれる分だけ、月々の支払い額を抑えることができるというメリットがあるのです。

条件その3:車の改造に興味がない人

カーリースの車は、契約の段階でメーカーオプションやリース会社のオプションを付けることはできますが、利用開始後は、好き勝手に改造したり、カスタマイズしたりすることはできません。

リース車は「借り物」で、契約開始時と同じ状態で返却するというのが利用の条件だからです。そのため、車を自分好みにアレンジしたり、改造したりすることが好きな人は、カーリースにあまり向いていないと言えるかもしれません。

条件その4:車の維持管理を自分でするのが面倒な人 

カーリースでは、車の各種税金の支払いや、車検手続き、整備点検、消耗部品の交換などをカーリース会社にお任せすることができます。
※契約プランによってメンテナンスサービスの内容は異なります。

自分で車の維持管理をするのが面倒な人にとって、カーリースは好条件のサービスと言えるでしょう。

条件その5:月々の出費を安定させたい人

カーリースの料金には、各種税金、自賠責保険料、車検代、メンテナンス費用が含まれています。
※契約プランによってリース料金の内訳は異なります。

そのため、月々のリース料金を支払ってさえいれば、他にかかる費用はガソリン代や駐車場代、任意保険料程度になります。

車を購入した場合は、車検や部品交換などのタイミングでまとまったお金を用意しなくてはなりませんので、出費の計画を立てるのが苦手な人にとって、カーリースは便利なサービスと言えます。

 

カーリースを利用するための審査の条件とは?

ここまで、カーリースに向いている人の条件について見てきましたが、カーリースには審査があり、審査合格の条件を満たさなければ、そもそも利用することができません。

カーリースはお金を借りるわけでもないのに、なぜ審査があるのでしょうか?

一般的なカーリースの契約期間は3年、5年、7年などの長期になります。契約期間が終わるまでの間、ユーザーは毎月のカーリース料金を払い続けなければなりません(中途解約は原則としてできず、中途解約する場合は違約金が発生することがあります)。

そして、カーリース料金は安い価格帯の車種を選んだとしても月額で最低2万円(月々均等払いの場合)くらいはかかります。

このように、カーリースのユーザーは長い期間にわたって、それなりの金額を毎月支払っていく必要がありますので、カーリース会社はユーザーが経済的な面で利用条件にかなっているかどうかを確認するために、審査を実施しています。

では、どんな条件を満たすとカーリースの審査に合格することができるのでしょうか?

カーリース会社によって審査基準は違いますし、審査基準は公開もされていません。そのため、カーリース審査の合格条件を厳密に知ることは不可能です。ただし、一般的には、以下のようなポイントが審査の合格条件になると言われています。

安定した収入があること

定職についていれば、基本的には安定した収入があると判断してもらえるでしょう。また、年収が200万円以上あった方が審査に通りやすいです。

ただ、定職についていない場合、年収が200万円未満の場合でも、連帯保証人を付けることで、合格条件を満たせることが多いとされています。

ローンを抱え過ぎないこと

実際の経済状態が悪いわけではないのに、ローンを複数抱えているために合格条件にかなわないということもあるようです。

住宅ローン、携帯の分割払い、クレジットカードのキャッシングなどがあまりに多いと、多重債務者と判断されてしまう可能性があります。

残債を一括払いで解消したり、クレジットカードのキャッシング枠を無くしたりしておくことが必要かもしれません。

信用情報機関のブラックリストに載っていないこと

「信用情報」とは借金や返済についての履歴情報のことです。信用情報を保管している機関がいくつかありますが、それらを「信用情報機関」と言います。

クレジットカード会社、ローン会社、カーリース会社は、信用情報機関で個々人の信用情報を閲覧することができます。

「信用情報機関のブラックリストに載っている」とは、支払いの延滞情報、滞納情報、債務整理歴が信用情報機関に残っている状態を表現した言葉です。ブラックリストなるものが実際に存在しているわけではありません。

一般的には、支払い遅延を何度も繰り返していたり、2ヶ月以上の支払い遅延があったりすると、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。債務整理をしたことがある人もブラックリストに登録されてしまいます。

ブラックリストに載っている人は、カーリースの審査に落ちてしまう可能性があります。そのため、ブラックリストに載っている場合、ブラックではない家族の名義で申し込むことによって、審査の合格条件を満たすことができる可能性もあります。

 

まとめ

今回は、カーリースに向いている人の条件や、カーリースの審査に合格するための条件について考えてきました。

今回の記事を読んで、「私はカーリースに向いている!」と思った人は、サービスの利用を考えてみてはいかがでしょうか?

カーリースを利用するためには審査をパスする必要がありますが、カーリースの審査はキャッシングローンよりも甘いと言われていますので、合格できる人は多いと思います。

もし不安があるようでしたら、カーリース会社に審査に合格するための条件について、相談してみる良いでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検はいつからいつまでに受ければいい?車検の期間や切れてしまった時の対処法

車を使用する上で切っても切り離せないのが車検です。車検は2年、もしくは3年に一度という頻度で毎年あるものではないので、ついうっかり次の車検がいつからか忘れてしまうこともあるのではないでしょうか。 車検切れを防ぐためには車検をいつからいつまでに受ければいいのか、しっかりと把握しておく必要があります。ここでは車検をいつからいつまでに受ければいいのか、さらに万が一、車検切れになってしまった際の対処法をご紹介します。

カーリースでスズキの軽自動車に乗る!

近年、個人向けのカーリースのサービスを行なう会社が増加してきました。カーリースでは車を購入する場合と同じように好きなメーカーや車種を選び、色、グレード、オプションなどを設定することが可能です。もちろん大手自動車メーカーのスズキの車をカーリースで楽しむことができます。スズキと言えば軽自動車です。 今回は、スズキの代表的な軽自動車であるワゴンR、スペーシア、アルト、アルトラパンに大手のカーリース会社2社「カーコンビニ倶楽部」「オリックス自動車」でどれくらいの料金で乗ることができるのかを調べてみました。