カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースに興味があるけれど運転に自信がない方必見!リース車の事故対応や修理費用について解説

「カーリースって便利そうだけど、いまいちどんなものかよくわからない…」そんな風に思っている人は多いのではないでしょうか。 中でも、「車はほしいけれど運転に自信がないから傷つけてしまわないか心配」「リース車の修理は誰がやるの?」などの不安は色々とあるのではないかと思います。 今回は、リース車を傷つけてしまった場合の修理はどのようにすれば良いのかというお話を、カーリースの基本的な仕組みの説明と併せて行っていきます。

カーリースの仕組みって?

カーリースといえば、ひと昔前までは法人向けの自動車サービスというイメージを持つ方が多かったかもしれませんが、近年では個人でのカーリース利用の需要も非常に増えてきました。

カーリースは、リース会社が自動車ディーラーから買い付けた車を数年単位で保有できるという仕組みです。

車の保有期間(リース契約期間)はリース会社のサービスによって、「3年」「5年」「7年」などさまざまですが、契約期間中は自分の車として扱うことができます。

契約期間が満了した後は、「車を返却」「契約期間を延長して乗り続ける」「買い取る」などといった選択ができます。

カーリースの料金体系は、新車価格から、契約満了時に残ると想定される車の価値を差し引いた値段を、毎月分割して支払うというのが基本になります。

例えば、乗り始める時に300万円の価格がついている車を5年契約でリースした場合、5年後の車の価値が170万円になると想定します。

300万円(元の車の値段)-170万円(5年後の残存価格)=130万円(実際に支払う価格)

この差額の130万円を、5年間毎月分割して支払うというのがカーリースの料金体系の基本となります。このように、契約満了時に残るだろう車の価値(値段)を残存価格といいます。

上記の例は車両本体代のみの話ですが、実際には、「自動車取得税」「新車登録時手数料」「自動車重量税」「自動車税」「自賠責保険料」など車を持つ際にかかる費用分をすべて乗せた価格を契約期間に応じて毎月一定額支払います。

車を通常購入した場合、税金関係や申請などの面倒な手続きを自身で行ったり、車検やオイル交換など月によって大きな出費がかかったりといったケースがあります。

一方、カーリースの場合はそれらの費用も最初からリース料金に含まれているため、毎月の支出が安定するといったメリットを享受できます。

 

リース車に傷がついた!もしくは故障したらどうする?

毎月の支払い額が一定で無理なく新車に乗ることができる便利なカーリースですが、車を運転する以上、100%避けることが難しいのが事故や故障です。大きな事故でなくても、車本体に傷がついてしまうことは十分に考えられます。

車に何かしらのトラブルが起きる場合、以下のようなケースがあります。

・駐車場や狭い道などで擦った、ぶつけてしまった
・事故(もらい事故含む)を起こして車をへこませてしまった
・事故などが原因で機械系統が故障してしまった
・原因は不明だが(エンジンがかからないなどの)故障が発生してしまった

カーリースを利用していて上記のようなトラブルがあった場合、どうすれば良いのでしょうか。

まず覚えておかなくてはいけないことは、リース車の所有者はリース会社であるという点です。つまり、自分自身の所有物ではありません。そして、契約満了時には「原状復帰」の状態で返却することが原則となります。

そのため、事故や運転ミスによって車に傷をつけてしまったり故障させてしまったりした場合は、自身で修理を行う必要があります。リース会社によっては、自社の修理工場を保有していたり、提携している修理工場を紹介してくれたりということもあります。

こういったアクシデントがあったときは、まずは契約しているリース会社に相談するようにしましょう。

リース車にトラブルがあったのに修理を行わず放置する、何も言わずにそのまま返却する、といったことがないようにしましょう。

 

事故や傷がついた時のために注意したいこと

先述したように、リース車で事故を起こしてしまったり、運転ミスで車両に傷がついてしまったりした場合、修理を行い現状復帰した状態で返却しなくてはいけません。

毎月の支払い額が安定しているという点がカーリースのメリットであるのに、こういった思わぬトラブルによって大きな出費が発生するのは困りますよね。

そのような時に備えて準備しておきたいのが、「任意保険」への加入です。車を所有・使用する際の保険には、「自賠責保険」と「任意保険」の二種類があります。

自賠責保険は、道路交通法で加入が義務付けられているため、車を運転する際には必ず入らなければいけません。カーリースを利用する際ももちろん、自賠責保険は契約時に加入することになります。

この保険は、事故があった場合に被害者を最低限保護するもので、補償範囲は非常に狭いといえます。自身が加害者となってしまった事故や、物損事故の場合の補償金は支払われません。

一方で、任意保険は自賠責保険でカバーしきれない部分の保険を担ってくれます。任意保険にもさまざまな内容のものがありますが、対人、対物、車両保険など、小さなトラブルから大きなトラブルまで多岐にわたって補償が効くというのが特長です。

リース契約を行う際は、任意保険はオプションでつけられるケースがほとんどであるため、思わぬ事故や車の破損に備えて加入しておいた方が良いでしょう。

ところで、修理を行ったリース車を返却する際、残存価格に影響するのか?という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

答えは「残存価格に影響する」と言えます。

車の機能に問題がなかったとしても、運転ミスや事故によって、一度傷がついた車を修理した場合は「修理履歴あり」の車となるため、リース契約満了時の残存価格が落ちるというケースはあり得ます。

先述したように、リース車は、さまざまな要因を鑑みて残価設定がなされます。

「どれだけ綺麗に使っていたか」「何年型落ちしたか」「契約満了時の車種の流行り廃り」といったことだけではありません。走行距離や内部の傷み具合なども含め、リース中に行った修理履歴も査定の際の判断要因となります。

加入している任意保険の内容によっては、修理代だけでなく、リース契約満了時にマイナスとなり得る費用の補填をしてくれるものもあります。

これは非常に重要なポイントとなりますので、リース契約時には必ず、「事故を起こした・故障した際の修理はどのように行えば良いのか」「その際残価設定にはどのように影響するのか」「任意保険の種類と内容(どこまで補填してもらえるのか)」といった点を必ず確認するようにしましょう。

乗っているリース車が全損で修理不可能(廃車)となってしまった場合は、車に乗り続けることはできないためリース契約は「中途解約」という形をとることになります。

リース契約は、あらかじめ決めた年数を満了するまで乗り続けることが前提であるため、中途解約をする場合は違約金がかかります。違約金も、いざという時、任意保険で補填できるケースがあります。

任意保険は支払う額によって補償内容の幅が大きく変わりますが、車を運転する以上はどんなアクシデントに遭遇するかわかりませんので、万が一の際にできるだけ金銭的な負担が自身にかからないプランを選んでおくと安心です。

 

カーリースの仕組みとトラブルが起きた際の注意点まとめ

カーリースのしくみや料金体系など基本的な情報と、事故や運転ミスなどで車に傷をつけてしまった場合の対処法・注意点についてお伝えしました。

まとめると、下記のような内容になります。

・リース車車両代=車両価格と残存価格との差額
・傷・凹み・故障などでリース車を修理した場合、残存価格に影響する
・リース車に傷がついた(故障した)場合、まずはリース会社へ連絡・相談をする
・自賠責保険だけでなく任意保険にも加入しておくと安心
・加入する任意保険で残価のマイナス分も補填できるかを予め確認しておく

車に傷がついたり壊れたりするようなトラブルは無いに越したことはありませんが、100%防ぐことができないというのも事実です。

想定外の出費や金銭トラブルに発展させないためにも、あらかじめリース会社・保険会社の双方に上記の点を確認しておき、安心・安全なカーライフを送りましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

低金利のカーローンとカーリースではどっちがいいの?

車を購入する際、カーローンを組んで分割の支払いにするという人は多いのではないでしょうか?一言でカーローンといっても、業者によって支払いの方法や金利はさまざまです。 金利の違いによっては総支払額が大きく変わってくるので、なるべく低金利のカーローンを組みたいところですよね。 また最近では、カーリースで車を持つ、という選択肢も増えました。低金利のカーローンとカーリースではどっちがいいのでしょうか? ここでは低金利のカーローンについて詳しく解説するとともに、カーリースの利点についても解説していきます。

カーリースは電話でも契約可能?問い合わせから納車までの流れを調査!

現在では、日々の買い物、レンタカー、銀行口座の開設など、様々なサービスを電話やオンラインで利用できることが当たり前になっています。実は、カーリースも電話やオンラインでの契約が可能なのです。 今回は、電話やオンラインで契約が可能なカーリースと、その流れを解説し、実際の利用者の声もご紹介します。これから契約を考えている人は、ぜひ参考にしてください。