カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの「残価なし」ってどういう意味?押さえておきたいポイントを解説!

カーリースについて「残価なし」という表現を耳にしたことがあるかもしれません。では、「残価なし」とは、一体どのような意味なのでしょうか?

カーリースの仕組みについて知っておこう!

「残価なし」の意味について考える前に、カーリースの基本的な仕組みについて見てみましょう。

カーリースは、月々の料金を支払う代わりにカーリース会社から車を一定の期間貸し出してもらえるサービスです。カーリースの契約期間は3年、5年、7年などの長期にわたるのが一般的で、まるでマイカーのような感覚で車に乗ることができます。

車の「所有者」はあくまでもカーリース会社で、車検証にもそのように記載されますが、レンタカーのように「わ」ナンバーにはなりませんから、外観でカーリースの車だと判別されることはありません。

車種やプランを選んで審査を申し込み、審査に通るとカーリースの契約ができます。契約成立後、カーリース会社がディーラーから車を調達して登録手続きを済ませた後、納車してもらえるという流れになります。国産であれば、全メーカーおよび全車種に対応しているカーリース会社が多いです。オプションも付けられます。

カーリースの月々の料金には、車両価格だけではなく、登録諸費用や各種税金、自賠責保険料、車検代なども含まれています。プランによっては、整備点検や消耗部品の交換などのメンテナンスサービスも含まれます。毎月の料金とは別に、車の維持管理のために費用が発生することがありませんので、手軽に車に乗ることが可能です。

契約期間が満了した後は、車を返却してリースを終了することもできますが、新たに別の車をリースすることも可能となっています。また、契約を延長して同じ車に乗り続けたり、車を買い取ったりすることもできます。

※プランによっては契約の延長や車の買い取りができない場合もあります。

 

「残価なしカーリース」の「残価」とは?

では、「残価なしカーリース」の「残価」とは、いったい何でしょうか?

残価とは、契約期間満了時における車の予想下取り価格のことです。残価は契約の段階で設定され、その金額が車両価格から差し引かれます。

例えば、5年契約のカーリースで、新車価格が300万円の車の5年後の残価が80万円に設定されたとすると、300万円から80万円をマイナスした220万円が毎月のリース料を算出するためのベースの金額になります。つまり、ユーザーは車両価格を全額支払う必要がありませんので、リース料を安く抑えること可能です。

大半の個人向けのカーリースサービスで、残価の設定があります。ただし、残価の設定がない「残価なしカーリース」も存在し、それにはさまざまなメリットがあります。

 

残価なしのカーリースにはこんなメリットがある!

残価ありのカーリースはリスクがあります。つまり、契約満了時に返却車両の査定が実施され、査定額(下取り価格)が残価を下回った場合には精算金として差額を請求されることになるのです。契約時に設定される残価は、あくまでも「予想」の価格であり、契約満了時の下取り価格を保証するものとはなりません。

ですから、残価ありのカーリースの場合、ユーザーは車の価値が残価を下回らないように車を慎重に扱う必要があります。走行距離制限を超過したり、乱暴に扱ったりして車にダメージを与えてしまった場合には、高額な精算金が発生することも考えられます。

一方、残価なしのカーリースであれば、契約満了時の残価精算について心配する必要はありません。残価なし、つまり残価が0円の設定ですので、走行距離や車の損耗状況によって請求が発生することはないのです。不安な気持ちを抱えずに、思う存分、車を楽しむことができます。

残価なしのカーリースの場合、契約満了時に車をそのままもらえるというメリットもあります。カーリースなのに、最後に車が自分のものになるのです。これも大きな利点と言えるでしょう。

 

お得な「残価なしカーリース」を提供しているカーリース会社を紹介!

最後に、お得な「残価なしカーリース」のサービスを提供しているカーリース会社をご紹介します。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

個人向けのカーリースサービスとして「いまのりくん」という名称のプランを用意しています。5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」の3つから選べますが、「いまのりナイン」は契約満了時に車をそのままもらえる残価なしのサービスとなっており、残価精算について、あれこれ心配する必要はありません。

月々のリース料には、車両価格、新車登録時手数料、自動車取得税,自動車税、重量税、自賠責保険料が含まれているほか、車検無料クーポンとオイル交換無料クーポンをもらえます。

車検無料クーポンを使うと、基本点検整備、エンジンオイルおよびオイルエレメント交換、タイヤローテーション、バッテリー液およびウォッシャー液補充、ブレーキオイル交換、ロングライフクーラント交換をサービスしてもらえ、オイル交換無料クーポンを使えば、半年ごとのオイル交換、1年ごとのオイルエレメント交換を無料で実施してもらえますので、車のメンテナンスも安心です。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

9年契約の「もろコミ9」、7年契約の「もろコミ7」のプランがあり、いずれも残価なしのサービスとなっています。契約満了時に車がそのまま自分のものなり、車の損耗状況や走行距離などによって精算金を請求されることはありません。

オプションサービスも充実しており、月々税込2,160円でカーナビ、バックアイカメラ、ETCなどをセットにした「カーアクセサリーセット」、月々税込2,700円でタイヤ交換、バッテリー交換、オイル交換などをパックにした「メンテナンスパック」を利用できます。

※メンテナンスパックは軽自動車のみ、適用可能です(ただし、特選車を除く)。

※「もろコミ9」と「もろコミ7」ではセット内容やメンテナンス回数が異なります。

カーコンカーリースもろコミは、今なら期間限定の2つのお得な特典を用意しています。特典の期間は2018年10月1日から12月31日となっています。

1 もろコミ7の「特選車」ご成約特典(※WEB申し込み限定)

条件:上記期間内にWEBから特選車の申し込みをして契約した方

内容:折りたたみ電動アシスト自転車(メーカー希望小売価格税込168,000円)、キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)のプレゼント。

2 もろコミ9およびもろコミ7(※特選車を除く)ご成約特典

条件:もろコミ9またはもろコミ7を上記期間内に申し込んで契約した方

内容:車載用防災セット「Refill Box 24」、ドライブレコーダー、キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)のプレゼント。

※特典内容は予告なく変更、終了する可能性があります。

今回は、カーリースの「残価なし」の意味や、「残価なしカーリース」がおすすめである理由について見てきました。思う存分車を楽しみたい方は是非、残価なしのカーリースを利用してみてください。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースを利用したらどんなサポートが受けられる?カーリースのメリットを購入した場合と比較してみよう

「車が欲しいけどお金がない…」「メンテナンスや、保険、税金など、何のことかよくわからない…」そんな方に向けて、カーリースのサポートサービスを紹介します。カーリースは「今はまとまったお金がない」「車のことにあれこれ時間や労力を回したくない」といった現代人にぴったりのサービス内容です。それでは、以下で具体的に解説していきます。

カーリースした車がリコール対象車になったらどうする?知っておきたい車のリコールについて

カーリースした車が、万が一リコールやサービスキャンペーンの対象になったら、どうすれば良いのでしょうか?今回は、リコールとはそもそも何か、どうすれば自分の車がリコール対象になっているかを知ることができるのかなどを含め、その対処方法について詳しく説明します。

カーリースの車は買取可能なの?売却は?

カーリースはリース料金を支払うことで車を長期間借りられるサービスです。車を「借りる」訳ですから、当然、車は自分の所有物ではありません。最後には貸主であるカーリース業者に返却しなければなりません。では、何年も乗って気に入ったカーリースの車を自分のものにすることはできないのでしょうか?言い換えれば、カーリースでの買取は可能なのでしょうか?また、リース車が何らかの理由で不要になった場合にそれを売却することはできるのでしょうか?今回はそんな疑問にお答えします。