カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースのサービス内容とは?メリットやデメリット、今注目のカーリース会社のサービスまで詳しくご紹介!

これまでは新車を導入するとなると、購入するのが一般的でした。新車の購入の際には現金で一括購入するか、オートローンを利用するかの二択でしたが、どちらにしてもかなりの初期費用がかかります。 新車の購入はマイホームの次に大きな買い物である、というのがこれまでの一般的な認識だったのではないでしょうか。ですが、話題となっているカーリースは、今までの認識を覆すようなサービスとして注目を集めています。 ここでは、カーリースのサービス内容についてはもちろん、メリット、デメリットについても詳しくご説明します。

今話題のカーリース、そのサービス内容とは?

まず、カーリースとはどんな内容のサービスなのでしょうか。

カーリースを一言で言ってしまえば、契約者の代わりにカーリース会社が新車を購入し、契約者は複数年にわたる長期間のリース契約を結んだ上であらかじめ決められた月々の使用料を支払ってその車を自由に使用するサービスです。

契約者は自分の好みの車を自由に選択でき、カーリース会社は契約者の選択した車を、その契約者の為だけに手配します。新車を購入するのはカーリース会社なので、車の所有者はカーリース会社、使用者は契約者の名義となります。

カーリースのサービス内容で特に注目したいのが、初期費用は不要な点です。新車購入に際してはほとんどの場合、高額な頭金が必要になりますが、カーリースでは基本的に頭金は必要ありません。

購入の場合は、車両代金の他に毎年5月に必要になる自動車税や車検ごとの支払いが必要な自動車重量税、車検基本料、自賠責保険料も、その都度支払わなければなりません。

カーリースの料金にはこういった諸費用が全て月々の料金に含まれています。この点もカーリースのサービス内容の大きな特徴として挙げられるでしょう。

 

カーリースのサービス内容から考えられるメリットとは?

やはり、カーリースのサービス内容から考えられる最も大きなメリットは、初期費用が不要なのでまとまった資金が手元になくても新車を導入できることでしょう。

月々のお手軽なカーリース料金のみで始めることができるので、カーリースならば購入するよりもワンランクアップした憧れの車に手が届くかもしれません。

先にも述べましたが、月々の料金に自動車税などの各種費用は含まれているので、5月の自動車税の納税の時期や車検時などの突発的な出費がなく、家計の見通しが立てやすくなるというメリットもあります。

新車購入の場合は車検時期などもすべて自分で管理して忘れずに行う必要がありますが、カーリースなら車検時期が来ればカーリース会社が知らせてくれます。そのため、うっかり車検切れなどということもなくなるため、安心ですね。

こういった車両管理の手軽さもカーリースのメリットです。また、カーリース会社のサービス内容によって差がある部分ではありますが、充実したメンテナンスが受けられるメンテナンスパックを用意しているところもあります。

こういったメンテナンスパックを利用すれば、車の管理もカーリース会社にお任せできるのでさらに維持が楽になる上、燃料費、駐車場代以外の車に関する費用を一括で管理できます。

また、新車の購入はカーリース会社が行ってくれるので、面倒なディーラーとの値段交渉などのやり取りも必要ありません。新車を購入するとなると何度もディーラーに足を運ばなければなりませんが、全てカーリース会社が代行してくれるため、忙しい方でも安心です。

 

カーリースのサービス内容、デメリットとなる点は?

では、カーリースのサービス内容のうちデメリットとなるのはどのような点でしょうか。

カーリースでは契約時に契約期間を決めて契約しますが、一旦契約を締結すると契約を途中で変更したり、解約したりはできません。

契約期間が長くなれば長くなるほど月々の使用料金は抑えられますが、今後のライフプランを見越して車種や契約年数を選ばないと途中で使い勝手が悪くなってしまうということもあります。

例えば、契約時は新婚で憧れていた2シーターのクーペを、支払額がお手軽な9年で契約したとしましょう。9年の間には子供も生まれ、とても2シーターの車では用をなさなくなってしまい、ほとんど使わなくなってしまいました。しかし、残りの契約期間の料金は支払い続けなければならないとなれば、これは本末転倒です。

そのため、目先の料金の安さのみに注目するのではなく、ライフプランに合わせた車種や契約期間を選択することが大切です。

また、カーリースで使用する車は契約満了時には原状回復して返却するのが基本です。そのため車に穴をあけるなど、元に戻せないようなカスタマイズは施せません。

色々と車をカスタマイズしたい方には、この点もデメリットとなるでしょう。

その他にも、カーリースでは走行距離が設定されることがほとんどです。設定された走行距離をオーバーすると追加料金が発生し契約満了時に清算が必要になる可能性もあります。

頻繁に長距離を移動したり、ドライブ旅行や車でのアウトドアが多かったりするという方は走行距離が心配になるかもしれません。こうした点もデメリットといえます。

カーリースのサービス内容をよく理解して、自分のカーライフにはカーリースが向いているのかどうかを実際に利用する前によく確認すると良いでしょう。

 

今、注目されているカーリース会社は?それぞれのサービス内容をご紹介!

個人向けのカーリースも一般的になりつつあり、カーリース会社も随分と増えてきました。ここでは、その中でも特に注目を集めているカーコンカーリースもろコミ、コスモスマートビークル、オリックス自動車の3つのカーリース会社のサービス内容をチェックしてみましょう。

カーコンカーリースもろコミ

個人向けのカーリースでは残価が設定されることがほとんどですが、カーコンカーリースもろコミでは残価設定がなく、契約満了時には使用していた車が自分のものになるのが大きな特徴です。

7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の2つのプランを用意していますが、どちらのプランでも契約満了の2年前から乗り換えや返却が自由になります。

頭金0円、ボーナス加算0円で利用できますが、ボーナス加算を利用して月々の支払額を抑えるなど自由に支払プランが設計できるのも魅力です。

コスモスマートビークル

コスモ石油が手掛けるコスモスマートビークルでは、メンテナンスの充実度に応じて用意された3つのメンテナンスプラン、走行距離、契約期間を自由に選べます。

頭金やボーナス加算の有無も設定できるので、自分のライフスタイルや予算に合ったプランが組みやすいと評判です。

コスモスマートビークルのサービス内容の中でも特にユニークなのは、メンテナンスプランのグレードに応じて設定されているガソリンの割引でしょう。最大で1ℓにつき10円の割引が契約期間中ずっと受けられます。コスモ石油だからこそできるサービス内容といえますね。

オリックス自動車

オリックス自動車では5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」と9年契約の「いまのりナイン」の3つのプランを用意しています。

「いまのりくん」では、契約後2年経過したら返却や乗り換えが自由です。比較的長期間のプランを用意しているカーリース会社が多い中、実質的には2年という短期間のカーリースのニーズに焦点を当てたサービス内容があるのが個性的だといえます。

「いまのりセブン」と「いまのりナイン」では、どちらのプランでも契約満了の2年前から返却、乗り換えができる他、契約満了時には車がもらえます。

それぞれ異なるサービス内容になっているので、カーリースを利用する際には月々の使用料金のみではなく、そのカーリース会社のサービス内容が自分に合っているのか、じっくりと比較検討して、後悔のないカーリース生活を送りましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの利用を検討している人必見!毎月のガソリン代を節約してリーズナブルなカーライフを楽しむ方法とは

カーリースは、月々定額の料金でお得に車を利用できることから人気を集めていますが、カーリースの利用法次第では、毎月のガソリン代も節約できます。今回はガソリン代を節約しながらリーズナブルにカーライフを楽しむ方法をご紹介します!

“月々1万円で車乗り放題!”のあのカーリース会社の特徴やメリットについて調べてみた!

カーリースは月々定額のリーズナブルな料金で利用できることで人気を集めていますが、中には毎月1万円で車乗り放題のサービスを提供しているカーリース会社もあります。今回は“月々1万円で車乗り放題!”で話題の、あのカーリース会社について徹底解説します。

車を持つならリースとローンどちらがお得か

車を購入する際は、多額なまとまった費用が必要です。そのため、ローンで購入するという方も多いのではないでしょうか。最近では、リースという新しい車の購入(所有)方法も加わり、車を持つことも気軽になりつつあります。そこで気になるのが、どちらの方がお得か。ここでは、リースとローンどちらで車を所有するのがお得なのか解説していきます。