カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースのショップってどこにあるの?オンラインのみで契約は可能?カーリース申込み方法の詳細をご紹介!

カーリースの契約ができるショップはどこにあるのでしょうか。また、オンラインだけで契約を済ませることは可能なのでしょうか。今回はそんな疑問に対する答えやカーリースの申込み方法の詳細をご説明します!

カーリースサービスの契約方法は2パターン

 カーリースの契約方法には大きく分けて2つのパターンがあります。

「WEB(もしくはWEB+電話)で契約が完結するパターン」と「最寄りのショップへ来店し契約するパターン」の2つです。ですから、オンラインのみで契約を済ませることができるカーリース会社も存在するということになります。

では、カーリースの申込みから契約までの流れはどのようなものなのでしょうか?

カーリース会社によって流れは多少違いますが、ここではどの会社にも共通する基本的な流れをご説明したいと思います。

1 車種の決定

契約成立後にカーリース会社がユーザーの希望する車をディーラーに発注するという流れになりますので、色々なメーカーや車種から選ぶことが可能です(新車の場合)。

事実、国産車であれば全メーカー・全車種に対応しているカーリース会社も少なくありません。ボディカラーやグレードも自由に選べますし、メーカーオプションやディーラーオプションを付けることも可能です。

2 契約条件の選択

カーリース会社によっては、契約期間や走行距離、メンテナンスパックなどを選ぶことができます。車種やオプションだけではなく、こうした契約条件によっても見積もりの金額は大きく変動します。

3 見積もりの確認

車種や契約条件が決まったら、見積もりを確認します。主要なカーリース会社のほとんどでは、WEB上で見積もりを確認でき、そのまま審査を申し込むことができます。

4 審査を受ける

カーリースにも審査があります。審査に通らないと残念ながら契約の段階に進むことができません。審査の結果は基本的に、本人にのみメールや電話で伝えられる仕組みとなっています。即日で結果を知らせてくれる場合もあります。

5 契約する

審査に通ると、いよいよ契約になります。前述の通り、契約方法には2パターンがあります。「WEB(もしくはWEB+電話)で契約が完結するパターン」では、カーリース会社から契約書が送られてきますので、署名・捺印をして返送することで契約が成立します。

「最寄りのショップへ来店し契約するパターン」では、カーリース会社からどこのショップに行ったらいいかについて連絡がありますので、紹介されたショップに出向いて契約書を交わします。

6 車の登録手続き

ディーラーから、車庫証明など登録に関する書類一式が送られてきます。駐車場を確保して車庫証明を取得し、住民票などの必要書類を揃え、ディーラーに送ります。その後、ディーラーが車の登録手続きを済ませてくれます。

7 納車

最後にディーラーが納車してくれます。ここから車の利用をスタートさせることができます。契約成立から納車までは1~2ヶ月くらいかかることが多いようです。

 

WEBと電話で契約が完結する代表的なリース会社

ここで、WEB(もしくはWEB+電話)で契約が完結するカーリース会社をご紹介したいと思います。こうしたカーリース会社では、契約のためにショップまで出向く必要がありません。

・オリックス“いまのりくん”

見積もりの確認や審査の申込みをすべてWEB上で行うことができます。WEB上にない車種やオプションを利用したい場合や質問や要望がある場合には、審査に進む前にメールや電話での相談を申し込むことができます。審査後、契約書が郵送されてきますので、署名・捺印をしてオリックス自動車に返送します。

・コスモスマートビークル

WEB上で見積もりを確認したら、そのまま審査を申し込むことができます。審査の結果は1~2日前後でメールか電話番号宛に連絡してくれます。その後、専任スタッフから電話があり、申込内容と実際の要望との間に相違がないかの確認が行われます。不明な点があれば、この時の電話で確認しておきましょう。

 

最寄りのショップで契約する必要があるリース会社

次に、最終的にショップに出向くことで契約が完結するカーリース会社をご紹介します。

・カーコンカーリースもろコミ

WEB上で見積もりを確認できますし、審査の申込みもできます。無事に審査を通過すると、最寄りの「もろコミ販売店」について案内してもらえますので、そこで契約手続きをすることになります。「もろコミ販売店」は日本全国に多数ありますので、自宅から近いショップを紹介してもらえるでしょう。

・コアラクラブ

「コアラクラブ会員」のショップで見積もりを出してもらいます。見積もりに納得がいったら、契約の申込書に記入・捺印をします。その後、審査があります。審査に通過すると、契約内容の確認手続きを経て契約が成立します。

・ニコノリパック

電話またはWEBサイトの「お問い合わせフォーム」から問い合わせを行ない、サービスについての説明を受けます。その後、ショップなどでスタッフと相談しながら車種などを決め、見積もりを出してもらいます。契約する場合には再度ショップに出向き、契約書に捺印をして契約を成立させます。

・ニコリース(中古車リース)

関東全域で中古車リースのサービスを展開しています。埼玉県に1つ、神奈川県に5つのショップがあり、ショップに行って契約することになります。各ショップの在庫車両はWEBサイトで確認でき、専用フォームから問い合わせもできます。

 

ショップでカーリース契約することのメリット

「WEB(もしくはWEB+電話)で契約が完結するパターン」と「最寄りのショップへ来店し契約するパターン」とでは、どちらにメリットがあると言えるのでしょうか?

WEBや電話だけで契約ができるパターンの場合、手間がかからないのでより気軽にカーリースを利用できるというメリットがあります。

一方、ショップで契約する場合はわざわざ足を運ぶ必要があるので労力がかかります。しかし、ショップのスタッフと顔と顔を合わせて契約についての不明な点や心配な点を質問したり確認したりすることができますので、より安心して契約することができるでしょう。

カーリースは一度契約すると、数年にわたって毎月継続して料金を支払っていかなければならなくなりますので、契約にあたってはある程度慎重になる必要があります。

カーリースを気軽に利用できるのはいいことなのですが、軽率な判断は禁物です。そういう意味で、ショップに出向いて契約することにはメリットがあると言えるでしょう。特にカーリースの初心者はそうした方がいいかもしれません。

カーリースに慣れている人や自分で契約内容についてしっかり把握できる人は、時間の節約のためにWEB(もしくはWEB+電話)だけで契約を済ませることもできますので、自分に合う契約方法を選ぶようにしてください。
人気カーリースを見る

関連する記事

車検はいつからいつまで受けられるの?見積もりから当日の流れまで詳しく解説

車を持っていると必ずやってくるものが「車検」です。何年かごとに受けるのは知っていても、いつまでなのかはあやふやかもしれません。しかし、車検をいつまでに受けるのか、手続きをしっかり知っておくことは大切です。いつのまにか有効期限が迫っていて満了日を過ぎてしまうと面倒なことになってしまいます。 車検をいつまでに受ければいいのでしょうか。この機会に、車検の手続きはどのような流れで行われるのか、しっかり把握しておきましょう。

カーリースを利用中に乗り換えたくなったらどうする?乗り換えの流れや便利なサービスをご紹介!

カーリースは便利なサービスではありますが、契約期間が数年間単位で行われるサービスでもあるので、契約期間中の様々な変化に対応できるのか、気になりますよね。特に、契約期間中の車の乗換えは、誰もが気になるところでしょう。今回は、カーリースの利用中に乗り換えをしたくなった場合に、どのような選択肢が考えられるのかまとめていきます。