カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースのタイヤ交換などのメンテナンスにかかる費用について

マイカーとして車を購入するよりもお得であると評判の、人気のカーリース。初めてカーリースを利用しようと思っている方が気になる要素として、タイヤ交換などのメンテナンス費用が挙げられるのではないでしょうか。 ここでは、カーリースのタイヤ交換などのメンテナンスにかかる費用について説明します。

カーリースのタイヤ交換などのメンテナンス費用は実費なのか

カーリースとは、レンタカーのように不特定多数の人に貸し出すわけではなく、専用車として契約期間を決めて貸し出す(リースする)サービスです。登録番号の平仮名もレンタカーのように「わ」や「れ」と区別されません。

車種やグレードも利用者の希望に合わすことができるため、外観や内装は自家用車となんら変わりませんが、所有権はカーリース会社となります。所有権はカーリース会社にあるため、「自動車の購入費用」「初期整備費用」「車検費用」「税金」などはカーリース会社の負担です。

そのため、マイカーとして購入する時のように最初にまとまった資金を準備しなくてもよく、面倒な税金や保険の手続き、支払いをする必要もありません。

なお、気になるタイヤ交換などのメンテナンスにかかる費用ですが、契約内容によって実費かどうか変わってくるようです。

 

2つのカーリース契約内容

カーリースは上記で説明したように、タイヤ交換などのメンテナンス費用をサポートしてくれるか否かは契約内容によって変わります。契約内容はカーリース会社によって多少違いはありますが、代表的なものは以下の2つになります。

・ファイナンスリース

ファイナンスリースは、カーリース会社が自動車の購入費用・初期整備費用・自動車諸税・保険料などの関係費用のみを負担する契約となります。契約期間のタイヤ交換など、メンテナンス費用は契約者が自費で払うというシンプルな契約内容です。

つまり、車検費用・一般整備費用・法定点検整備費用・消耗部品の交換費用・オイル等の補充交換費用・代車など細かいメンテナンス費用は自分で負担しなければなりません。

ファイナンスリースの契約内容によっては、自動車諸税・自賠責保険・任意保険などを含めないケースもあるので、契約前に十分な打合せを行うことが重要といえます。

ファイナンスリースのメリットとしては契約内容がシンプルな分、月々のリース料を抑えることができる点です。

デメリットは、定額で支払っているリース料の他に点検や車検に備えた貯蓄が別で必要になるので、維持費の管理がしにくいということがいえます。

・メンテナンスリース

メンテナンスリースは、自動車の購入費用・初期整備費用・自動車諸税・保険料など関係費用プラス車両の整備や点検に関する費用もカーリース会社が負担する契約です。月々のリース料に上記の費用が含まれているので、基本的にリース料以外は燃料費だけ利用者負担となります。

ただし、リース契約に含まれるメンテナンス内容は、カーリース会社によって差があるのも事実です。オイルやパンク修理費用などの補充交換費用、保険の免責金額などは利用者負担であるケースもあります。

代車費用やバッテリー・タイヤ交換なども契約年数によって制限されることがあり、メンテナンスリースであっても、これらは別途利用者負担としているカーリース会社もあるようです。

メンテナンスリースのメリットは、維持費の管理がしやすく急な出費の心配をしなくてもいいという点ですが、その分ファイナンスリースにくらべ月々のリース料は高くなります。

一方、契約に含まれるメンテナンス内容にばらつきがあるため慎重にカーリース会社を選ぶ必要があることがデメリットといえます。

 

リース車が突然故障したときの対処法

リース車が走行中に故障したときなどは、とにかく早く対応しなければとJAFなどのロードサービスなどへの連絡を先にしてしまいがちですが、まずはあせらずカーリース会社へ連絡をしてください。

軽い傷などは自分で修理業者を手配したり、自分で応急処置をしたりすることを考える人も多いでしょう。マイカーであれば間違いのない対応ですが、リース車はカーリース会社に所有権があります。

リース車契約によっては、故障した場合に修理を行う業者や整備業者が指定されているものもありますので、カーリース会社へ連絡して確認をとりましょう。

カーリース会社が認めていない修理業者あるいは修理方法を勝手に自分で判断してしまうと、損害金などが発生する可能性もあるので注意してください。

自分での修理は改造とみなされてしまうケースもあるので、故障した場合はカーリース会社に指示を仰いでください。

 

事故の場合の費用はサポートしてもらえない

メンテナンスリースに入っているからといって、事故した時の修理などもサポート内容に入っているかというとそうではありません。

傷やヘコミの原因・状況などによってケースバイケースとなりますが、ドライバーに過失があった場合は、原則として修理費用は契約者の負担です。

また、事故車になる場合には残価が下がってしまいます。契約満了時には、その差額を支払わなければならないので、予想以上に費用がかかる可能性もあります。

さらに、廃車同然のひどい事故をリース車で起こしてしまうと中途解約という形になり、違約金を支払う必要があります。この違約金は、車両価格からこれまで払った金額を引いた額なので、年数が短いほど金額は高いです。

契約したばかりに事故を起こすと、上記のように多くのお金が必要になるので注意しましょう。事故による損傷や破損の修理代を補うためには、任意保険に入る必要があります。

カーリースの契約は任意保険への加入が必須条件となっていることがほとんどですが、一応契約前に確認しておきましょう。以下のような場合は、保険金が支払われないケースもありますので注意してください。

・後60日以上事故の連絡していなかった場合
・運転者が故意に事故を起こした場合
・運転者限定特約(年齢条件など)を違反していた場合
・車両を買い換えるなど保険会社で手続きをせずに用途を変更していた場合
・無免許運転・飲酒運転・薬物(麻薬等)などが原因の事故の場合
・地震・火山の噴火・津波など特定の自然災害の場合
・戦争や暴動が原因の場合
・家族が被害者の場合の「対人賠償保険・対物賠償保険」
・自宅など自分の所有物への物損の場合の「対物賠償保険」

 

リース車で事故を起こしたときはどうすればいいのか

事故はいつ起こるかわかりませんので、細心の注意を払う必要があります。ですが、どんなに注意していても事故が起こるときは起きます。

万が一、リース車で事故を起こした場合は、以下の手順で冷静に行動してください。

1.けが人がいればけが人の救護を行う
2.消防(119番)、警察(110番)へ通報
3.事故車両に後続車が追突するなどの二次事故を防止する
4.現場処理を行う警察官の説明に沿って最寄りの警察に必ず事故届けを行う
5.事故した相手の名前、連絡先、車のナンバー等の情報を確認する
6.加入保険・カーリース会社に連絡をする

事故はいつ起こるかわかりませんので、緊急に備えて事故時の連絡(報告)先をひかえておくようにしましょう。

今回は、カーリースのタイヤ交換などのメンテナンスにかかる費用についてお伝えしました。カーリースの契約内容によってはタイヤ交換などのメンテナンス費用が実費になる可能性もあるので、しっかり確認してください。

何か困ったことがあった場合は、カーリース会社に指示を仰ぐようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースとオートローンはどちらがお得なのか?

カーリースが車を「借りる」ためのサービスなのに対して、オートローンは車を「購入する」ためのものですから、それぞれの目的は違います。一方で、数年にわたって毎月コンスタントにお金を支払っていくという点で共通点があります。 さらに、カーリースでも購入の場合と同じように全メーカー・全車種から車を選ぶことができ、オプションも付けることが可能です。そのため、実際のところ両者にはかなり似ている部分があります。では、そんなカーリースとオートローンではどちらが一体お得なのでしょうか?

タイヤの点検は重要?車検前に知っておきたいセルフチェック方法を解説!

タイヤは車の安全性を大きく左右する部品であり、車検の時にもタイヤの状態は検査され、交換が必要になる場合もあります。そのため、車検の前に自分でタイヤのコンディションをチェックすることによって、車検時の整備費用が高くなるのを避けられます。今回はタイヤのセルフチェック方法を徹底解説します!

カーリースで最高級セダン“クラウン”に乗り換えよう!おすすめのカーリース会社もご紹介!

クラウンといえばトヨタの最上級セダンで日本を代表する車でもあります。2018年に新型モデルが発表され、従来の重厚さと高級感はそのままに若々しい魅力もプラスされました。 先進のコネクティッド機能も搭載され、車好きの注目を一身に集めているといっても過言ではないでしょう。実は、こういった高級車こそ、まとまった初期費用なしで新車が利用できるカーリースがおすすめなのです。ここでは、その理由をじっくりとご説明しましょう。