カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースのボーナス払いを“なし”にできる?お得にカーリースを利用する方法

車をローンで購入する場合には、ボーナス払いをありにするかどうかを選択します。なお、カーリースの料金の支払いにも、ボーナス払いは同様にあります。では、ボーナス払いは必ずしないといけないのでしょうか?今回はカーリースのボーナス払いや、月々の支払額を抑える方法について解説します!

カーリースは必ずボーナス払いをしなければならないのか?

カーリースにもボーナス払いがありますが、必ずボーナス払いをしないといけない訳ではありません。用途に応じて、ボーナス払いをするかどうかを選ぶことができます(カーリース業者によっては選べない場合もあります)。

ボーナス払いを選択すると、ボーナス月以外の月々の支払いが安く抑えられるというメリットがあります。車種や契約プランによっては、月々の支払いが1万円以下になる場合もあります。ただし、ボーナス月にはまとまった金額を支払わないといけないというデメリットもあります。

 

カーリースでボーナス払い以外の支払い方法

ボーナス払いの場合、ボーナス月の支払い額が決められている場合もあれば、自分で額を選択できる場合もあります。ただし、支払い額に上限が設定されていることが多いですので、その枠の中で選ぶことになります。

では、カーリースの支払い方法には、ボーナス払い以外にどんなものがあるのでしょうか。

月々均等払いという方法があります。これは、毎月同じ額の料金を支払っていく方法です。そのため、カーリースでは基本的に、ボーナス払いか月々均等払いのどちらかを選択することになります(カーリース業者によっては、最初からどちらかを指定されている場合もあります)。

注意点としては、契約期間中に支払い方法を変更することは原則としてできないということです。契約時に決めた支払い方法を最後まで続けることになります。後になって後悔しないように、しっかり考えて決めましょう。

 

ボーナス払いはしたくないけれど、毎月のカーリース料金を抑えることはできる?

前述の通り、ボーナス払いには、ボーナス月にまとまった金額を用意しないといけないというデメリットがありますので、「ボーナス払いはしたくない」という方もいるでしょう。

また、「ボーナス払いをせずに、月々の支払いをなるべく安くしたい」という方もいるのではないでしょうか。

では、どんな方法でカーリースの月々の料金を安く抑えることができるでしょうか?

・頭金を入れる

カーリースは頭金を支払わずに利用することができますが、頭金を入れることもできます。ある程度のお金を最初に用意できる方は、頭金を支払うことによって月々の料金を抑えることも可能です。

・契約期間の長いプランを選ぶ

契約期間が長いとリース料の支払い回数が増えますから、当然一回一回の支払いは安くなります。ただし、契約期間は契約開始後に変更することはできませんので、実際に自分がどれくらいの期間車を必要とするのかをしっかり見極める必要があります。

契約期間を長くし過ぎて車が不要になった後も、無駄にリース料を支払い続けることになりかねませんから、月々の支払額を安くするためだけに契約期間を長くするのはお勧めできません。

・走行距離制限を短くする

カーリース業者によっては、走行距離制限をいくつかの選択肢から選ぶことができます。制限は短く設定した方が月々の料金は安くなります。そんなに長い距離は走行しないという方は短めに設定しましょう。

・メンテナンスサービスを減らす

カーリースのサービスには、車の整備点検や消耗部品の交換などのメンテナンスが含まれることがあり、そのサービス料が月々の料金に上乗せされています。

メンテナンスサービスは無しにしたり、サービスの度合いを選べたりする場合があり、メンテナンスサービスを減らせば月々の料金は安くなります。ただし、その場合は自分で車のメンテナンスをしなければならない部分が多くなることには、留意が必要です。

 

ボーナス払いでも安い!おすすめのカーリース業者

最後に、ボーナス払いをすることで月々の料金をリーズナブルにでき、しかもトータルの支払い額も抑えられる、おすすめのカーリース業者をご紹介します。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

残価設定なしのカーリースサービスを提供しています。残価設定が0円ですので、最後に車をそのままもらうことができます。それでいて、月々のリース料はボーナス併用払い(年2回)で何と8,000円(税込)からと、非常にリーズナブルになっています。

契約期間は7年(プラン名:もろコミ7)と9年(プラン名:もろコミ9)から選択することができます。「もろコミ7」では契約開始から5年経過後、「もろコミ9」では7年経過後に、基本解約金なしで自由に車の返却や乗り換えができるようになります。

軽自動車の場合は、月額2,700円で「メンテナンスパック」を付けることで、充実したメンテナンスサービスを受けることができます。

今なら、契約期間中にガソリン1ℓあたり20円(毎月最大2,000円)をキャッシュバックしてもらえるお得なキャンペーンを実施中です。ガソリン代を節約しながらカーリースを楽しむことができます。

※キャンペーン・サービスの内容は予告なく変更・終了する場合があります。詳しくは、カーコンカーリースもろコミHPまたはもろコミ販売店にて確認して下さい。

コスモスマートビークル(コスモ石油マーケティング株式会社)

「メンテナンスプラン」「走行距離制限」「リース期間」「頭金の有無」「ボーナス払いの有無」を自由な組み合わせで設定して、自分好みのカーリースプランを立てることができます。

ボーナス払いは年に2回で、1回に支払う金額を1万円~5万円などから自由に設定することが可能です。

「メンテナンスプラン」には「ゴールドパック」「シルバーパック」「ホワイトパック」の3種類があります。

「ゴールドパック」を選ぶと月々の料金が高めになりますが、オイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換などの充実したメンテナンスサービスを受けることができます。「ホワイトパック」はメンテナンス無しのプランで、月々の料金が安くなります。

定額ニコノリパック(株式会社MIC)

車種によって、ボーナス併用払いの月額で1万円(税抜)、2万円(税抜)、3万円(税抜)の3つの価格帯の商品を用意しています。非常にわかりやすいシンプルな料金システムと言えますね。契約期間は基本的に5年間となります。

メンテナンスサービスを充実させたい場合には、月額2,160円で「ライトプラン」、月額3,240円で「バリュープラン」というメンテナンスパックを付けることが可能です。

以上のカーリース業者では、ボーナス払いだけではなく、月々均等払いも可能です。月々均等払いの料金設定もお手頃なものになっていますので、自分の希望する支払方法で利用しましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

法人・個人事業主の方は必見!事業用でカーリースを使うメリットとは?

昨今、法人や個人事業主の間では自社車両を購入して所有するより、リースで運用しようという選択が定着してきています。それは、いったい何故なのでしょうか? そこで今回は、法人や個人事業主の方必見の事業用カーリースの魅力やメリット、申し込み方法にフォーカスした情報をお届けします。

2019年国内販売台数ナンバー1に!プリウスのマイナーチェンジで何が変わった?

2018年12月に行われたマイナーチェンジの後に再び国内販売ナンバー1の座を取り返したプリウス。4代目の発売後に予想外の苦戦を強いられたプリウスですが、このマイナーチェンジでいったい何が変わったのでしょうか?ここでは注目を浴びている内外装だけでなく、走りがどのように進化しているのかについても解説します。

たった1か月から利用できる短期のカーリース特集!

現在、「カーリース」というサービスが人気を呼んでいます。カーリースとは、月々のリース料を支払うことによってリース会社から車を貸し出してもらえるサービスです。レンタカーの長期バージョンだと考えてもらってもいいと思います。 リースの契約期間の長さは、一般的には3年間とか5年間など、数年に及びます。ただ、短期のカーリースのサービスを提供している業者も中にはあります。1年単位もしくは数か月間単位、中には1か月単位で契約できる業者もあります。ちょっとの間だけ車が必要という人にとってはとても便利なサービスと言えるでしょう。 ここでは、短期のカーリースについて詳しく解説したいと思います。