カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースのメリットとは?お得なカーリース会社はどこ?

近年人気を集めている個人向けのカーリースはどんなところがお得なのでしょうか?今回の記事では、カーリースのお得なメリットについてご説明し、おすすめのカーリース会社もご紹介します。

カーリースはどんなところがお得?

まず、カーリースはどんな点でお得なサービスだと言えるのでしょうか?以下にカーリースのお得なメリットを取り上げたいと思います。

・車の管理をカーリース会社にお任せできるのでお得

カーリースの場合、各種税金の支払いや車検の手続きを車の所有者であるリース会社が行なってくれます。自賠責保険、契約プランによっては任意保険もサービスに含まれますので、保険加入の手間もかかりません。

さらには、車両のメンテナンスをお任せできるカーリースプランも多く存在します。このように、カーリースでは車の管理を自分でほとんど行わずに済むため手間がかかりません。

・月々の出費が安定するのでお得

月々のカーリース料金には各種税金(自動車取得税、自動車税、自動車重量税)、保険料、車検費用などが含まれています。さらに、契約プランによっては点検・整備費用、オイル交換費用、消耗部品交換費用などもリース料金に含まれます。

そのため、車に関わる毎月の出費はリース料金、ガソリン代、駐車場代(借りている場合)程度となり、費用の支払いが安定します。車検や部品交換などのタイミングでまとまったお金を用意する必要はありません。家計の支出の計画が非常に立てやすくなるでしょう。

・頭金が不要なのでお得

車をローンで購入する場合には頭金が必要な場合が多いですが、カーリースでは頭金を用意する必要がありません。車両価格の20%~30%が目安とされる頭金は結構な負担であるため、初期費用を抑えたい人にとってこれはお得なメリットだと言えます。

・車両価格に対する支払いを安く抑えられるのでお得

月々のカーリース料金は多くの場合、車両の価格から契約満了時点での車の予想残存価値(残価)を差し引いた金額に、各種税金や車検費用、メンテナンス費用などを加えた値を元に設定されます。

つまり、車両価格に関して残価の分だけ支払いを抑えることができるのです。これもお得なメリットと言えるでしょう。

ただし、契約終了時に返却車両の査定が行なわれ、車両の査定価格が設定した残価を下回ると清算金を請求されることになるので注意が必要です。過度に神経質になる必要はありませんが、リース車両は大切に扱いましょう。

・車の乗り換えが容易なのでお得

一般的に、ユーザーはリース期間が終了した時点で、同じ車に乗り続けたい場合には契約を延長したり車を買い取ったりすることができますが、車を乗り換えたい場合には車を返却して別の車でリース契約を結ぶことになります。

つまり、契約期間が終わるごとに車を乗り換える機会があります。この点は、定期的に車を気軽に乗り換えたい人にとってはメリットと言えます。

 

お得なカーリース会社をご紹介!

ここでは、お得でおすすめのカーリース会社をご紹介します。

・カーコンビニ倶楽部

カーコンビニ倶楽部は「もろコミ」と「もろコミプラス」という2つのお得なカーリースプランを提供しています。

「もろコミ」の特徴は、個人向けのカーリースとしてはめずらしい「残価設定なし」の「クローズドエンドリース方式」を採用していることです。

残価設定が0円なので、契約終了時の車の損耗状態により清算金が発生したり、走行距離制限超過により追加料金が生じたりする心配はなく、契約終了後に車をもらうことができます。

「もろコミ」のリース料金には車両価格、車両登録時手数料、各種税金、自賠責保険料、車検基本料金が含まれています。「もろコミ」には7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」があります。

カーリースの契約は中途解約できないのが一般的ですが「もろコミ」では契約終了の2年前から違約金なしで乗り換えや返却ができるようになります。

「もろコミプラス」は「残価設定あり」のプランで、お得なカーリース料金を実現しています。リース料金には車両価格、車両登録時・継続時の諸費用、各種税金、自賠責保険料、車検基本料金、点検費用、オイル交換費用(年2回)が含まれています。

カーコンビニ倶楽部のお店で質の高い定期点検を受けることにより、車両の残価を守ることができますから安心です。契約期間は自分のライフスタイルに合わせて3年、5年、7年の3つから自由に選ぶことができます。

・コスモ石油

コスモ石油は「コスモスマートビークル」というカーリースサービスをお得な料金で提供しています。

車との付き合い方に合わせて「メンテナンスプラン」「走行距離制限」「リース期間」「頭金やボーナス払いの有無」を自由な組み合わせで設定することができます。

「メンテナンスプラン」は「ゴールドパック」「シルバーパック」「ホワイトパック」の3つの中から選びます。

中でも「ゴールドパック」のリース料金には車両価格、登録諸費用、各種税金、自賠責保険料、車検費用、定期点検費用、オイル交換費用、タイヤ交換費用、バッテリー交換費用、その他の消耗品の交換費用などがコミコミとなっており、非常に充実したメンテナンスサービスを受けることができます。

ただし、その分リース料金は高くなりますので注意が必要です。「走行距離制限」は500km1,000km1,500kmの中から、「リース期間」は3年、5年、7年の中から選ぶことができます。

 

カーリースの注意点

カーリースはお得で便利なサービスですが、注意点もあります。

・契約期間終了後にリース車を買い取った場合、支払い総額がローン購入よりも割高になる

カーリースの契約期間終了後にリース車を買い取ることにした場合、支払い総額はローン購入した場合よりも高くなります。カーリースの金利の利率は一般的なローンよりも高く、金利はリース料金の車両価格以外の部分にもかけられているからです。

車を購入したいと最初から思っている場合、支払い総額の観点からは、ローン購入の方がカーリースよりもお得ということになります。

・原則として中途解約できない

先ほども触れましたが、カーリースの契約は基本的に途中で解約することができません。もし、どうしても解約する場合には、残りの全リース期間の料金を請求されることになります。

カーリースを利用する際には、契約満了まで本当に車を利用し続けることができるかをよく考える必要があるでしょう。

・車両の使用に制限がある

カーリースの車は、契約終了後に契約開始時と同じ状態で返却する必要があるため、車を好き勝手にカスタマイズしたり改造したりすることはできません。

また、走行距離にも制限が設定されている場合が多く、制限を超過して走行した場合には超過距離に応じて追加料金を請求されます。

カーリースの利用を検討する際には、ここまで取り上げた注意点やリスクを考慮に入れたうえで選んでみてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリース契約中にできてしまった車両のへこみはどうすればいい?知っておきたい対応方法とは?

購入するよりもお得に新車を利用できる個人向けカーリースの人気が高まっていますが、「うっかりリース車両をぶつけてしまいへこみができた!」などのトラブルも増加しています。 自由に使えるとは言っても、リース車両はカーリース会社からの借り物ですから、へこみの対応に頭を抱える利用者も少なくないでしょう。今回は、カーリース契約中のリース車両のへこみや傷などの効果的な対応方法を探ります。

カーリースとレンタルの違いって何?契約内容やメリットを徹底比較!

車を手に入れる方法としてカーリースを利用する人は増えてきています。カーリースの仕組みを聞くと、車をカーリース会社からレンタルして乗るようなものであると説明されるかもしれません。そこで浮かぶのが、レンタカーとは一体何が違うのだろうかという疑問です。 実はカーリースは車を借りている状態ですが、レンタカー会社でのレンタルとは全く異なる形式です。そこで、カーリースとレンタルの違いと、カーリースを選ぶ人がなぜ多いのかを見てみましょう。

カーローンの金利をお得にするには?変動金利型と固定金利型の比較

カーローンを利用してマイカーを購入する場合、なるべくお得にしたいのが金利ではないでしょうか?カーローンには銀行や信販会社が運営するものが多く、その種類や条件はさまざまです。 ここでは、そんなカーローンの金利と、シンプルで金利に煩わされないカーリースを比較して、お得な情報をご紹介します。

プリウスをグレード別に比較!おすすめのグレードをご紹介!

日本を代表するハイブリッド車プリウスですが、数多くのグレードが用意されているので迷っている方も多いのではないでしょうか。グレードによって価格や装備が異なるので、それぞれの特徴を知ったうえで選びたいですよね。今回はプリウスをグレード別に比較し、おすすめのグレードを紹介します!