カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースのメンテナンスパックとはどのようなサービスが受けられる?

カーリースでは車を借りるだけではなくメンテナンスパックというサービスも受けることができます。では、メンテナンスパックは具体的にはどのようなサービスなのでしょうか?

カーリースの基本的な仕組みについて解説

まず、カーリースの基本的な仕組みをおさらいしておきましょう。

カーリースは、毎月定額のリース料を支払う代わりにカーリース会社から車を貸し出してもらえるサービスです。ユーザーが希望する車をカーリース会社が自動車販売店から調達して貸し出す仕組みとなっているため、いろいろなメーカーや車種から自由に車を選ぶことができ、メーカーオプションや販売店オプションも付けることができます。

カーリースの契約期間は3年、5年、7年などの長期にわたるのが一般的ですので、リースした車をまるでマイカーのような感覚で利用することが可能です。

契約の種類にもよりますが、契約期間満了時には、車の扱いに関して下記の4つの選択肢があります。

1 車を返却してリースを終了する
2 新たに別の車をリースする(車の乗り換え)
3 リースを延長する(再リース)
4 車を買い取る

カーリースは、ローンとは違って基本的に頭金が不要ですので、大きな初期費用を出すことなく利用を開始できます。

また、毎月のリース料には車両価格だけではなく、その他の諸費用が含まれていますので、支払いがフラットになりお金のやり繰りがしやすいというメリットもあります。後述の通り、このメリットはメンテナスパックを付けた方が大きくなります。

 

カーリースはメンテナンスの有無によって2つのタイプに分けられる

カーリースはメンテナンスの有無により、下記の「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」に分類されます。

ファイナンスリース

月々のリース料に車両価格、自動車取得税、自動車税(契約期間分)、重量税(初回の車検まで)、自賠責保険料(初回の車検まで)のみが含まれる契約です。車を調達したいというニーズに応えるための金融的性格が強いサービスとなっています。

メンテナンスリース

月々のリース料に車両価格、自動車取得税、自動車税(契約期間分)、重量税(契約期間分)、自賠責保険料(契約期間分)、車検基本料に加えて、整備点検、オイル交換、消耗部品交換などの費用も含まれる契約です。メンテナンスサービスという価値が付加された形態となっています。

カーリースの契約にメンテナンスパックを付けた場合、それは分類上メンテナンスリースということになります。メンテナンスパックを付けると、当然月々のリース料は高くなりますが、メンテナンスをカーリース会社にお任せできますので、メンテナンスリースを利用するのがおすすめです。メンテナンスパックを付けるメリットは次の項目で詳述します。

 

カーリース利用時にメンテナンスパックをつけるメリットとは?

メンテナンスパックを付けると、定期的に整備点検をしてもらうことができ、オイル類の交換や消耗部品の交換を実施してもらえます。ですから、車のコンディションを常に良好に保つことができ、安心かつ安全なカーライフを送ることが可能です。

車を持つと、部品の寿命が来たり、車検を受けた時に部品交換が必要になったりして、急な出費が生じることはよくあるものです。その点、メンテナンスパックを付けていれば、そのような心配はありません。毎月定額のリース料を支払ってさえいれば部品交換などをサービスしてもらえますから、出費の面でも安心できるのです。

 

人気カーリース会社のメンテナンスパックに含まれるサービスとは?

メンテナンスパックの具体例を見てみましょう。人気カーリース会社の「カーコンカーリースもろコミ」(カーコンビニ倶楽部株式会社)と「コスモスマートビークル」(コスモ石油マーケティング株式会社)のメンテナンスパックについてご紹介します。

カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースもろコミでは、月々のリース料に車両価格、自動車取得税、新車登録時手数料、自動車税(契約期間分)、重量税(契約期間分)、自賠責保険料(契約期間分)、車検基本料が標準で含まれているほか、月々税込2,700円で「メンテナンスパック」を付けることが可能です。下記はメンテナンスパックの具体的な内容です。

・タイヤ4本セット(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・バッテリー交換(もろコミ7は1回、もろコミ9は2回)
・エンジンオイル交換(もろコミ7は6回、もろコミ9は8回)
・オイルエレメント交換(もろコミ7は6回、もろコミ9は8回)
・オートマチックオイル交換(もろコミ7は1回、もろコミ9は2回)
・ブレーキオイル交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)
・ブレーキパッド交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・Vベルト交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・LLC交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)
・点火プラグ交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・ワイパーゴム交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)

※もろコミ9(9年契約)ともろコミ7(7年契約)ではメンテナンス回数が異なります。
※メンテナンスパックは軽自動車のみ、適用可能となっています(ただし、特選車を除く)。

さらに、「もろコミ特選車」を選ぶと、「特選車オリジナルのメンテナンスパック」が標準で付きますので、特選車を利用するのもおすすめです。

特選車のメンテナンスパックでは、12カ月法令点検4回、エンジンオイル交換13回、オイルエレメント交換6回、ブレーキオイル交換2回、ワイパーゴム交換6回などをサービスしてもらえます。

コスモスマートビークル

 コスモスマートビークルでは、メンテナンスパックを「ホワイトパック」、「シルバーパック」、「ゴールドパック」の3つから選ぶことができます。

ただし、ホワイトパックでは、リース料に車両価格、登録諸費用、自動車取得税しか含まれませんので、実質的にはメンテナンスパックではありません。ホワイトパックには、ガソリン代1ℓあたり1円引きの特典が付きます。

シルバーパックは、リース料に車両価格、登録諸費用、自動車取得税、自動車税(契約期間分)、重量税(契約期間分)、自賠責保険料(契約期間分)、車検基本料、点検費用、オイル交換費用が含まれるライトメンテナンスパックです。ガソリン代1ℓあたり3円引きの特典を受けられます。

ゴールドパックは、シルバーパックの内容に加えて消耗部品の交換も受けられるフルメンテナンスパックとなっています。サービスの対象となる部品はタイヤ、バッテリー、ブレーキパッド、ワイパーゴム、エアコンフィルタなどです。また、ガソリン代1ℓあたり5円引きや車両の延長保証、ロードサービスの特典も付きます。

カーコンカーリースもろコミやコスモスマートビークルのように、メンテナンスパックが充実しているカーリースを利用すれば、快適なカーライフを送ることができますので、おすすめです。
人気カーリースを見る

関連する記事

1日500円で車が手にはいるワンコインのカーリース

「1日たったの500円で車に乗れる!?そんなことってあるの!?」実は、あるんです。今、ワンコインカーリースを提供するリース業者が徐々に増えつつあります。とはいえ安すぎると「ボロボロの車じゃないの?」「キツい縛りがあるんじゃないの?」などなど、不安を感じてしまう方も少なくないでしょう。今回はワンコインのカーリースについて詳しく解説をします。

カーリースの月額料金はどれくらい?

車を長期間借りられるカーリースのサービスが人気を呼んでいますが、カーリースの月額料金はいくら程度が相場なのでしょうか?大手カーリース会社の「コスモスマートビークル」の公式サイトで月額料金を軽自動車と普通自動車に分けて調べてみました。 メンテナンスプランは一番オーソドックスな「シルバーパック」に、走行距離制限は「1,000km/月」に設定しました。頭金やボーナス払いは「なし」です。

マイカーリースの時代がやってきた?個人向けカーリースの特徴やおすすめのリース会社をご紹介

カーリースと聞くと、あまり馴染みがない方も多いのではないでしょうか?カーリースは個人で利用するものではないと思っている方も未だにいるのが現状で、利用したことがない人もたくさんいます。しかし、カーリースについて本当のことを知ると見方が変わります。今回は、個人向けのカーリースについてご説明します。