カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースのリース期間はどのくらい?ライフスタイルに合った期間でリースして賢くカーライフを楽しもう!

レンタカーより長期間でレンタル利用するカーリースですが、リース期間についてはどれくらいが一般的なのでしょうか。また、どのようにリース期間を選べばお得になるのでしょうか?今回は、カーリースを利用する際に悩みがちなリース期間についてご説明します。

カーリースのリース期間はプランによってさまざま!

一般的なカーリースでは、リース期間は3年、5年、7年といったものが多く、レンタカーと比較して期間が長いのが特徴です。レンタカーと比較すると、かかる費用も安いため、1ヶ月以上の期間で乗るのであれば、カーリースがベストでしょう。

一例として、オリックスカーリースで考えてみましょう。オリックスカーリースは、5年契約、7年契約、9年契約のプランが用意されています。契約期間満了まで2年を切ったら、乗り換えができるというのがオリックスカーリースの最大の特徴です。車を乗り換えるのが好きな方にはオリックスカーリースをおすすめします。

軽自動車のカーリースで人気のカーコンカーリースもろコミでは、軽自動車が月税込み8,000円からリースできます。低予算で利用可能なので、毎日の買い物に車を利用したいという主婦や社会人になったばかりの女性などにもおすすめです。

カーコンカーリースもろコミのリース期間は7年もしくは9年と決められており、オリックスカーリースのように契約満了2年前から乗り換え、返却が可能です。もしリースした車が気に入れば、契約満了後にその車をそのまま自分のものにできる場合もあります。

リース期間については、短くても1ヶ月、最長で9年というのが一般的です。リース期間の長いカーリースなら新車に乗れますが、1ヶ月や3ヶ月などのリース期間の場合、中古車を提供するカーリース会社がほとんどです。

月単位でカーリースが利用できる「ニチゴカーリース」は、1日あたり500円でカーリースができます。カーリースできるのは新車ではないとはいえ、月々15,000円程度で利用できるというのはかなりお得です。

ニチゴカーリースは、名義変更や初期手数料などもリーズナブルで、車にあまりお金をかけられないという学生さんや、主婦の方にもピッタリなカーリースと言えるでしょう。取り扱っている車は軽自動車が主ですが、普通車やバンタイプの車もあります。

 

カーリースのリース期間、短期と長期ではどちらが安い?

では、リース期間が長いカーリースと、リース期間が短いカーリースでは、どちらがオトクなのでしょうか?端的に言うと、同じ新車をカーリースしたとして、月々の負担額が少ないのはリース期間が長い方です。

1つの車を長く大切に乗りたいと考えているのであれば、9年契約など、リース期間が長いカーリースが良いでしょう。では、9年契約と7年契約の場合で、カーコンカーリースもろコミを例にとって考えてみましょう。

カーコンカーリースもろコミの「もろコミ9」は、108回払いの9年リースです。月々の税込み価格は8,000円(税込)で、年2回のボーナス月には34,992円(税込)の支払いとなります。カーアクセサリーセットやメンテナンスパックなどのオプションを付けると、この月々の価格に上乗せされます。

一方、7年契約のもろコミ7の場合、月々の支払いは8,000円(税込)で変わりませんが、ボーナス月に47,952円(税込)の支払いとなります。オプションの価格は同じです。ボーナス払いの価格差は12,960円で年間25,920円の価格差となります。

では、1ヶ月から利用できるリース期間の短いカーリースで7年借りた場合と、カーコンカーリースもろコミの7年契約でどちらがお得かを考えてみましょう。

比較するのはダイハツのムーヴLタイプです。全く同じ年式ではないので、完璧な比較ではありませんが、新車にこだわらない方には参考になるはずです。

ワンコインリースでダイハツムーヴLをカーリースすると1日583円(税込)です。7年間は2,555日で、毎日利用したとして、約149万円となります。一方、カーコンカーリースもろコミの7年契約だと、月々の支払いが21,695円(税込)となり、支払回数は7年間で合計84回になります。

合計の支払総額は約182万円となり、差額は33万円となります。ワンコインリースでは、ダイハツムーヴLの中古車を30万円程度で販売しているため、実際にワンコインリースで7年間もカーリースする方はいないかもしれませんが、参考値になるはずです。

リース期間の短いカーリースでは、すでに50,000キロほど走っている中古車が貸し出されるので、リース料金も割安になります。

ただ、カーコンカーリースもろコミで新型のダイハツムーヴLをカーリースすると、ボーナス払いはあるものの、月々8,100円(税込)で借りられるので、月単位の負担額だけを見るとワンコインリースより安いことになります。

 

短期カーリースのメリットとは?

短期カーリースには多くのメリットがあります。リース期間が短いカーリースサービスを提供しているワンコインリースは、1日500円(税抜)からリースできるので、数ヶ月程度の短期の利用なら小さな負担で済みます。

中古車には故障がつきものです。特に走行距離が50,000キロを超えてくると、消耗品などの交換もしなければなりません。中古車購入の際に故障箇所を見極めることができればいいですが、なかなか発見できないのが現実です。

中古車を購入してから数ヶ月で修理の連続ということもあり得ます。ワンコインリースは、販売業務も行っているため、まずは1日500円で3ヶ月ほど試乗して、それから問題がなければ購入することもできます。万が一、試乗期間に故障があった場合は、車をそのまま返却することもできますから安心です。

リース期間が短いカーリースを利用する方の中には「子供が初心者ドライバーなので心配。運転に自信が持てるまで、ワンコインリースで中古車を運転して慣れてもらう」という方もいます。

 

カーリースのリース期間は自分のライフスタイルに合ったプランを選ぼう!

カーリースのリース期間は契約の種類によって様々ですが、新車にこだわる方であれば、3年、5年、7年、9年契約のプランが主流です。基本的に新車のカーリースは、リース期間が長いほうが、月々の支払い額が少なくなります。

新車にこだわらないという方や、いつまで車が必要か分からないという方は、中古車の短期カーリースがおすすめです。ご自分のライフスタイルや車の使い方に応じて、賢いリース期間やプラン選択をして、カーライフを楽しみましょう!

人気カーリースを見る

関連する記事

車検代のクレジットカード払いは可能?方法や注意点をご紹介!

車の状態や受ける場所にもよりますが、車検にかかる費用を合計するとある程度まとまった金額になります。この車検代を、クレジットカード払いできるお店はあるのでしょうか。 実は、車検代のクレジットカード払いを上手に活用すると様々なメリットがあります。ここでは車検をクレジットカード払いにする方法と、お得にカード払いするための注意点を見てみましょう。

ディーラーとの交渉も業者にお任せ!今人気のカーリースサービスとは?

個人向けのカーリースが人気を集めています。今や、たくさんの大手有名企業が個人向けのカーリースのサービスを展開していますし、自動車メーカー系もしくはディーラー系の企業もカーリースを行なっています。ここではディーラーでのカーリースの仕組みや、その利用の流れ、おすすめの業者をご紹介したいと思います!

カーリースを選ぶメリットとは?東京でおすすめのカーリース会社もあわせてご紹介!

車が欲しいと考えている人の多くは、購入を検討しているのではないでしょうか。車を持つ=購入するというイメージがあるかもしれませんが、実はこれ以外にも、所持する方法があります。それがカーリースと呼ばれる方法です。 今回は、カーリースがどういったものなのか、その特徴を紹介し、合わせて東京都内でおすすめのカーリース会社についても紹介していきます。車が欲しいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

リース車にナビを後付けすることは可能?知っておきたいカーリースのルールやオプションについて

「カーリースの車にナビを後付けすることはできるの?」と疑問に思われたことはありませんか?カーリースの車は自分の車ではないため、自分でナビを取り付けるとなると、不安になるかもしれません。この記事では、カーリースでのナビの利用について詳しく解説します。