カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの中古車は個人でもできる?中古車カーリースのメリット・デメリット

カーリースは決して新車だけの契約ではありません。中古車にすることで毎月のリース料金をよりお得にすることもできますし、中古車だからこそ柔軟な借り方を実現することもできます。最近ではそんなお得さから中古車のカーリースを利用する人も増えているといいます。カーリースを中古車で契約するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

中古車カーリースとは?

中古車カーリースってどのようなもの?と気になる人もいるのではないでしょうか。
まずは新車カーリースと中古車カーリースの違いから比較してみましょう。

新車カーリースの場合は、希望の車種などをディラーや販売店と交渉した上でカーリース会社が仕入れ、必要な手続きを済ませた後、リースとして貸し出します。もともと自社で製造している車の場合もあれば、全般に取り扱いのある会社もあります。

中古車カーリースの場合は、レンタカーや新車カーリースで返却された車を中古車として買い入れ、必要な登録や点検を行った後、中古車としてリースで貸し出します。

新車カーリースの場合は基本的には在庫を持たずに営業していますが、中古車カーリースの場合はある程度在庫を所持した上で貸出を行っています。余計なコストがかからないことや、もともとの車種の金額も安いので、その分利用者に還元されているということがわかります。

そのため、中古車カーリースのほうが、利用者にとって条件さえ合えばお得であることは間違いありません。

 

カーリースを中古車で契約するメリット&デメリットとは?

では実際にカーリースを中古車にした場合、どのようなメリット&デメリットがあるのでしょうか。詳しく比較してみましょう。

「メリット」

・各種税金がリース料金に含まれているので余計な費用がかからない事
・リース料金は一定額になるので、支払いの予定が立てやすい
・車のメンテナンスも含めた料金なので手間もかからない
・新車カーリースに比べて毎月かかるリース料金を抑えることができる
・新車カーリースに比べてお得な装備品やプランなどもある
・ローンのような初期にかかるお金がほとんどない
・自分の求める形に近いリースを実現することができる

「デメリット」

・一度契約してしまうといかなる事情があっても途中で解約ができない
・リースで借りた車は期間限定で借りているだけなので自分の資産にならない
・事故や盗難などのトラブルに合うとその時点で解約となり、差額の支払い分を一括払いしなければならないなど、万が一の時が大変
・当初よりも走行距離が長くなってしまうと、その差額分を精算しなければいけない

このように、中古車のカーリースの場合、借り物であるからこそのデメリットが数々挙げられます。お得に借りられることは間違いありませんが、ローン購入するか、どちらの方がいいのかはしっかりと検討する必要がありそうです。

 

中古車のカーリースの場合、ここだけは注意!

中古車カーリースの場合、新車カーリースと条件が異なる場合もあります。
例えば中古車カーリースは新車と比べてリースの期間が短く設定されている場合が多くなっています。これは、すでにある程度走行距離があるため、耐用年数が短いことが理由として考えられます。もし車が気に入っても長くは使えませんので注意が必要です。

一方で、なかには1日500円で貸し出す中古車リースなどもあり、通常のレンタカーよりも断然お得に使えるため、こうした低額のカーリースは人気があります。次の車を購入するまでの期間限定で使いたい場合や、数カ月だけ車が必要になった場合、ある程度スペックの良い車を使いたい時などにはとても便利です。借りたい期間に応じて中古車のリースが利用できます。

しかしながら、中古車だからといってリースする時に金利が安くなることはありません。新車でも中古車でも金利の金額は一律です。それを損と感じる人の場合、中古車カーリースは向いていないかもしれません。もちろんリース料金自体は同じ車種の場合、中古車の方が安いので月々にかかってくる費用は違いますが、金利は変わらないことは覚えておきましょう。

さらにリース契約が終了した時に予定しているよりも走行距離を超過してしまうとその差額分はもちろん請求されます。こういったポイントは新車でも中古車でも変わりません。

 

中古車カーリースは個人契約がお得?それとも法人契約?

カーリースはもともと法人契約からスタートし、近頃個人契約ができるものも増えました。
そのため、法人契約の方がお得になる場合もあるので、会社などで中古車カーリースを使う場合は法人契約をおすすめします。

法人契約にするメリットとして、中古車カーリースの場合、毎月決まった金額を経費に計上することができ、節税対策になります。また、全額ではありませんが車のような高額なものの場合は「減価償却」にて計算されます。この場合、車の価値によっても金額が変わります。

また、法人の方が毎月のリース料金が安いうえに、契約期間が長く、走行距離の指定も長く設定されています。さらに、法人の場合は大型車などのリースも行っています。

一方、法人の場合は個人のようにある一定の期間乗っていても、買い取りにならないケースもあります。カーリースの会社によってもこの条件は変わりますので、契約する前にしっかりと比較しましょう。スポーツカーや電気自動車などを希望する場合は個人契約になることもあります。
以上、中古車カーリースについて詳しくみてきましたが、いかがだったでしょうか?

中古車カーリースの場合、新車にはないお得な料金形態もありますが、借りられる期間が短いなどのデメリットもあります。とはいえ、できるだけ料金を安く押さえたい人にとってはこれ以上に嬉しいサービスはないでしょう。

また、中古車といってもメンテナンスはしっかりと行われていますし、貸し出す前に点検なども終わっています。短い期間だけ車が欲しいのであれば中古車カーリースだって充分だとは思いませんか?個人・法人によっても契約条件も変わってきますので、気になる人はまずはお問い合わせからはじめてみましょう。

 

 

関連する記事

カーリース車でバッテリー切れや故障を起こしてしまった時はどうする?

カーリースとはカーリース会社所有の車を使用する仕組みです。気軽に新車に乗れる方法として、近年カーリースを利用する人が増えてきています。 しかし車に乗っていればバッテリーがあがったり、故障してしまったりトラブルはつきものです。カーリースしている車が故障した時は注意しなければいけません。カーリースした車の所有者はカーリース会社だからです。 万が一の際に慌てることのないように、カーリースの車のバッテリー切れや故障の際の対処方法を事前に把握しておきましょう。

リース車の購入デメリット5選!リースでの購入に向いてる人向いていない人

いま人気のリース車。購入を検討しようかと考えている方も多いのではないでしょうか。しかしリース車は長期間契約になりますので、契約した後に「失敗した」という状況は避けたいところ。リース車で失敗しないためには、まずデメリットを把握しておくことが大切です。今回はリース車の基礎的な部分からデメリット、向いている人・向いていない人などを解説しますので、ぜひお役立てください。

カーリースでライトバンを法人契約するとお得になるって本当?人気のライトバンのランキングもあわせてご紹介!

会社などで社用車として使うのに便利なライトバン。モノも運べる上に、人も5人乗せられ、後ろの座席を倒せば、商品や資材をたくさん積めます。VIPを乗せることはできませんが、移動する目的なら十分なときは、ライトバンをカーリースしてみましょう!