カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの中途解約(途中解約)は可能?もし契約期間中に解約をしなければならなくなったら…

カーリースの契約期間中に、何らかの事情によって「どうしても解約をしなければならない」という状況になってしまう可能性はゼロではありません。カーリースは中途解約が可能なのでしょうか?また可能であればどのような手続きを経て解約をすることができるのでしょうか?カーリースを利用する前にぜひ押さえておきたいポイントですので、しっかりと把握しておきましょう。

タイトルアイコン

生活スタイル変化にも柔軟対応!車に乗るならもろコミ

カーコンビニ倶楽部が提供するもろコミなら、一定期間を過ぎれば中途解約・乗り換えもOK!自由設計で自分に合ったプランで契約できる!安心のカーリースならカーコンカーリースもろコミがおすすめです。

カーリースとレンタカーの利用契約内容の違いとは?

カーリースとレンタカーはサービス内容が車両貸し出しサービスである共通点から同様のサービスだと捉えられがちですが、実際には契約内容が大きく異なる別のサービスだと言えます。

契約期間が数年間に及ぶ長期契約を前提としているカーリースに対して、レンタカーは数時間から数週間の短期契約を前提とする貸し出しサービスを行っています。またカーリースは契約者が希望する車両をカーリース会社が代理購入し、車両とリース車の使用権を契約者に貸し出すため契約者は希望する車両を新車で手に入れ利用できるのが一般的です。

一方レンタカーはレンタカー会社が所有する車両を不特定多数の利用者に短期契約で貸し出すサービスで、利用者は待機中の車両のなかから利用ニーズにマッチした車両を選び、その車両を借り受けて使用します。

カーリースが特定の契約者と契約を結び車両手配を行うのに対して、レンタカーは不特定多数の利用者に保有車両を貸し出す点がカーリースとレンタカーの最大の相違点だと言えます。

また特定の契約者に対して車両手配を行うカーリースのリース車両には自家用登録された通常のナンバープレートが交付されますが、不特定多数の利用者に貸し出しを行うレンタカーには貸渡自動車登録された「わナンバー」や「れナンバー」が交付されます。

 

カーリースは「長期間契約」

カーリースとは、レンタカーのような短期間契約ではなく、少なくとも2年~3年、一般的には5年、7年などの長期間契約となります。リース料金もその契約期間に応じて決められています。

通常、契約期間が長くなればなるほど月々のリース料金が安くなる傾向にありますが、5年先、7年先に自分の環境がどうなっているかは誰にも分かりません。

特に大きな変化もなく契約を履行できる方もいれば、修復不可能な全損事故を起こしてしまったり、あるいは怪我や病気などでの長期入院、海外赴任などの可能性がある方もいます。

もしそういった「解約をしなければならない」状況に遭遇した時に、どのような手続きを経て解約をすれば良いのでしょうか?そもそも解約というものが可能なのでしょうか?

 

リース料金の決め方

リース料金の総額は、一般的に次のような基準によって算出・決定されます。

(車両購入価格-設定残価)+リース期間中の諸費用+メンテナンス費用

リース会社によって多少異なる部分はあるかも知れませんが、これらをリース期間(月数)で割り、それに対して金利を設定することによって、月々のリース料金やリース料金の総額が決定します。

各項目について、もう少し詳しく見ていきましょう。

車両購入価格

車両購入価格とは、その車両の新車での購入価格のことです。

設定残価

設定残価とは、リース期間を終了して返却する時点で「普通に使用していたらこれくらいの価値が残るだろう」という価格を予測し設定した金額のことです。簡単に言うと下取り価格ということになります。

リース期間中の諸費用

契約内容にもよりますが、多くの場合、自賠責保険料・重量税・自動車税・自動車取得税・新車登録時手数料などが含まれています。

メンテナンス費用

契約内容にもよりますが、車検基本料・法定点検料・消耗品の交換代・その他メンテナンス費用が含まれています。

金利

金利は月々のリース料金によって異なります。一般的には年利2%から5%程度と言われていますが、リース期間、頭金の有無、その他契約内容によって異なります。

 

中途解約(途中解約)しなければならないのはどんなケース?

冒頭でも少し触れましたが「全損事故を起こしてしまった」という場合、リース会社の方から強制解約を申し出るような契約になっていることが多いようです。それ以外では、病気や怪我などによる長期入院、契約者の死亡などが挙げられます。

また、ファミリーに良くある傾向としては、コンパクトカーでリース契約をしたが契約期間中に子供が生まれたことによって車が手狭になってしまい、乗れなくなってしまったという話も耳にします。

カーリース契約をする場合は上記のようなこともある程度は予測しておくことが大切かも知れません。

 

カーリース契約を途中解約する場合の手続きのながれ

既述のとおりリース車で全損事故を起こし使用不能となった場合や契約者の長期入院や死亡などの理由でリース車の使用が継続不能となった場合などでカーリース契約の途中解約(中途解除)が認められるケースも存在します。

また子供の成長などで契約中のリース車の乗り換えが必要となった場合などに対応するカーリース会社が存在するのも事実です。

しかし、カーリースは長期間契約を結ぶことで契約者の希望する車両をカーリース会社が代理購入し車両とリース車の使用権を契約者に貸し出すため、原則的に途中で解約(中途解約)することは認められていません。

カーリース会社が履行中のカーリース契約の途中解約(中途解約)を認めた場合のみ、カーリース契約の途中解約を行うことが可能で、カーリース契約の途中解約は次の流れで行われます。

・カーリース会社へカーリース契約の中途解約希望の意思を伝える
・カーリース会社から中途解約の同意を得る
・リース車両の返却を行いカーリース会社による残価査定を受ける
・違約金と未払いの契約料金などの精算を行う
・解約書類の作成などの事務手続きが完了すれば中途解約が成立

一般的には途中解約を行うと追加料金が生じますが、リース車の残価がリース会社の残価設定を大幅に上回るほど高額であった場合などはカーリース会社から返金を受けるケースも稀に存在します。

 

原則として「中途解約(途中解約)」は不可能

カーリースは、リース期間によって月々のリース料金や総支払額などが決定され契約を締結しているものですので、原則として途中で契約を解除することはできません。しかし、上記でご紹介したように何らかの事情によって「どうしても解約しなければならない」あるいは「どうしても解約したい」という方もいることは事実です。

そのため、リース会社各社は正当な理由がある場合は例外として解約を認めてくれるケースがあります。ただし、解約となるとリース会社は損害を被ることとなりますので、その分の違約金または解約金を請求されることになるケースがほとんどです。

違約金または解約金は一般的に「リース期間満了までに支払うことになっているリース料金の総額」から「解約時までに支払ったリース料金」を差し引いた額となります。

もし、車両が著しく破損している、汚損しているなどの理由で、下取り価格が契約満了時に予測した車両の残存価格(設定残価)よりも低いと判断された場合、さらにその分を請求されることとなります。

解約金について分かりやすく解説をすると、次のようになります。

3年間月々5万円のリース契約をして2年で解約をする場合

5万円×12ヶ月×3年=180万円 *これをリース料金総額とします。

5万円×12ヶ月×2年=120万円 *これを2年間で支払ったリース料金とします。

180万円の契約で120万円しか払っていない状態で解約するとなると、残りの60万円が解約金ということになります。さらに車両の状態などによっては上乗せされることとなります。

上記はあくまでごく簡単な例となりますので、実際にはどのような契約内容になっているか、中途解約をする際にはどのような費用が必要になるのかなど、契約をする前にしっかりと確認をしておきましょう。

なお、これらの違約金や解約金は、原則として【一括払い】となります。こちらも併せて覚えておきましょう。

《実際に解約金を請求された例》

月々7万5千円の5年契約でカーリースを使用していましたが、家庭の経済事情の悪化によって契約から1年で支払えなくなってしまい、止むを得ず解約を申し出ました。車両価格は400万円、売却価格は230万円とのことでした。

A:7万5千円×12ヶ月×5年=450万円

B:7万5千円×12ヶ月=90万円

C:450万円-90万円+230万円=130万円

※A=リース料金の総額。

※B=1年の間に支払ったリース料金の合計。

※C=AからB+車両売却価格を差し引いた金額。

ここに遅延損害金や事務手数料などが加算され、合計190万円を請求されることとなりました。

このようにカーリースの解約には大きな経済的負担が伴いますが、それはリース会社が被った損害でもあります。一括で支払えない場合はできるだけ早く、リース会社に相談をするようにしましょう。

 

中途解約(途中解約)がOKなケースもある!

原則として中途解約はできないとお伝えしましたが、実はリース会社によっては「一定期間リースした後」であれば解約や乗り換えが自由にできるプランを用意していることがあります。

■もろコミ(カーコンビニ倶楽部)

カーコンビニ倶楽部が提供しているカーリース「もろコミ9」では、9年契約のうち7年を経過すると原則として解約金なしで解約ができたり、他の車への乗り換えが自由に行えるようになり、「もろコミ7」では、7年契約のうち5年を経過すると同じことができるようになります。

■オリックスカーリース

オリックスカーリース「いまのりくん」では2年経過後、「いまのりセブン」では5年経過後、「いまのりナイン」では7年経過後から原則として解約金なしで解約が可能です(車両の状態によっては請求の可能性があります)。

 

長期契約に抵抗を感じる場合もリースプランを選べばカーリースを利用できる

通常5年、7年、9年の長期契約を契約者と結ぶことで、契約者が希望する車両をカーリース会社が代理購入し、車両とリース車の使用権を契約者に貸し出すのがカーリースのシステムです。

しかし希望する車両をサブスクリプションサービスともいえる定額料金で利用できるカーリースに魅力を感じていても、カーリースの期間の長さと原則途中解約できないルールに抵抗を感じカーリースの利用に二の足を踏む方も存在するのではないでしょうか?

短期間で多くの車種への乗り換えを行いたいと考えている場合、カーリースはおすすめできないサービスだと捉えられがちですがカーリース会社は多彩なプランを提供しているため契約期間が短いプランも存在します。

カーリースは車両調達費用を契約期間で清算していくサービスですので、長期契約と比べると定額使用料が若干割高になりますが、カーリースプランのなかには契約期間が2~3年の短期契約プランも存在します。下記で、短期契約プランの具体例をご紹介します。

■オリックスカーリース

「いまのりくん」は5年契約ですが、既述の通り、契約から2年経過後に原則違約金なしで解約できるようになりますので、実質2年間の短期契約のような利用の仕方もできます。

■トヨタプライベートリース

自動車メーカーのトヨタが展開している個人向けのカーリースサービスです。利用できる車種はトヨタのものに限られますが、契約期間を2年~5年の間から1年単位で選べますので、最短2年での利用が可能となっています。

■コスモスマートビークル

リース期間を3年、5年、7年から選べます。3年契約を選ぶと比較的短期での契約となります。

またカーリースプラン成約後に一定期間が経過すると乗り換えが可能となるリースプランも存在するため、短めの乗り換えサイクルの希望や子供の成長と共に乗り換えを行いたい要望にもカーリース会社は対応しています。

 

カーリースを途中で解約しないために契約前に確認しておくべきこととは?

ここまで見てきた通り、カーリースは原則として途中で解約することはできませんので、契約する前の段階で、途中で解約する事態にならないかどうか、解約することになったらどう対処したらいいのか、といったことをよく考えておくべきです。以下で、契約前に確認しておくべきポイントをご紹介します。

■転勤の可能性を考える

サラリーマンにとって、カーリースの契約期間中に想定される生活環境の変化として代表的なものは転勤でしょう。特に、海外転勤になれば契約の続行が不可能になってしまいますので、その可能性がないかをよく考えておくのは大切です。

■家族構成の変化を考える

家族構成が変化する可能性もあります。出産、子供の成長、両親の同居などを頭に入れておきましょう。 例えば、契約時に家族が少なかったので軽自動車やコンパクトカーを契約したものの、後になって家族が増えて大型の車に乗り換えたくなる、ということが起こり得ます。

■途中で車の乗り換えができるプランを利用する

先ほど「中途解約(途中解約)がOKなケースもある!」の見出しの中でご説明した通り、契約の途中で車の乗り換えや解約ができるようになるサービスもありますので、そうしたプランを提供しているカーリース会社を選ぶと安心でしょう。

■任意保険で全損事故に備える

既にご説明した通り、カーリースの車が全損事故で走行不能になると、契約は基本的に強制解約となり、違約金が発生してしまいます。違約金は高額になりますので、その場合に備えて任意保険に加入しておくことは大切です。特に、カーリースの車の損害は車両保険の対象にできますので、車両保険に加入しておきましょう。そうすれば、車両に対して出た補償金を違約金の支払いにあてることができます。

■カーリース車両専用の保険に加入して全損事故に備える

通常の任意保険よりもさらにおすすめなのが、カーリース車両専用の自動車保険です。先ほどご説明した通常の任意保険の車両保険では、車の全損事故時の違約金全額がカバーされず、自己負担分が発生してしまう場合がありますが、カーリース車両専用の保険ではそのような心配はありません。全損事故時の違約金が全額カバーされるという特約が付いているからです。

また、カーリース車両専用保険の契約期間はリース期間に応じた長期契約となっていますので、リース期間中の更新手続きが不要です。事故を起こしても等級が落ちませんので、等級ダウンによる保険料の値上がりがないというメリットもあります。

カーリース会社の中には保険会社と提携してカーリース車両専用の保険を紹介しているところもありますので、契約時に確認するとよいでしょう。例えば、カーコンカーリースもろコミは「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」を用意しています。

 

「中途解約(途中解約)はできる」という認識では契約しないこと

今回はカーリースの途中解約についてのお話でした。原則として中途解約はできませんが、正当な理由がある場合、違約金または解約金を支払うことで解約に応じてくれるケースがあります。

しかし、それはあくまで「正当な理由」がある場合に限ります。

中途解約は残金の一括払いなど経済的な負担も大きくなってしまいます。「どうせなんだかんだ言って解約できるから」という認識では契約をしないようにしましょう。

 

カーリースの途中解約についてのよくある質問

疑問1:カーリースは途中で解約できる?

原則として途中で解約することはできません。やむを得ない事情で解約が認められた場合、残っているリース期間の料金を一括で支払うなどの違約金が発生してしまいます。解約時の車の損耗状態によっては違約金がさらに高くなる可能性があります。

疑問2:なぜカーリースの途中解約は原則として認められないの?

カーリース会社は契約にあたってディーラーから新車を購入して貸し出しますが、その費用を毎月のリース料に含めています。このため、途中で解約されてしまうと購入費用を回収することができず、大きな損害を被ることになってしまうからです。

疑問3:カーリースの途中解約が認められるのはどんなケース?

一般的に事故や盗難でカーリースの車が使用不能になった時や契約者が死亡した場合などでは、契約の続行が事実上不可能ですので、解約となります。また、契約者の長期入院や海外転勤など、生活に大きな変化があった場合に、カーリース会社が途中解約を認めることがあります。

疑問4:カーリースの違約金はどれくらいかかる?

違約金の計算方法はカーリース会社によって多少異なりますが、多くの場合、残っている契約期間分のリース料全額と事務手数料などを請求されることになります。

 

ライフスタイルにマッチしたカーリースプランを選びお得なカーラーフの実現を!

既述のとおり契約者の希望する車両をカーリース会社が代理購入するカーリースでは、満了まで契約を維持させることで車両調達資金の清算を計画していますので、カーリース会社を納得させられる正当な理由がない限り原則契約の途中解約は行えません。

しかしカーリースに対する契約者のニーズが多様化するのに対し、カーリース会社は新たなカーリースプランを提供することで柔軟な対応を行っているのも事実です。

現在賢い消費者の間で「お得な自動車調達手段」として評価されるカーリース市場では、多くのカーリース会社が多彩なプランの提供を行っていますのでライフスタイルにマッチしたカーリースプランを上手に選んでお得なカーライフを実演してみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

自動車ローンと何が違う?知っておきたいカーリースの特長とは

カーリースが個人でも利用されつつあることをご存知でしょうか。これまでは法人向けのイメージが強かったカーリースですが、お得な月々の支払いやメンテナンスなどが必要ない手軽さから、個人でもカーリースが広がっています。 今回はカーシェアなど新たな車の乗り方も広がっている現代で、より生活に寄り添った車の乗り方を提案するカーリースの特長についてご紹介します。

維持費に大きく影響する車検費用!登録区分で一年の車検有効期限も存在する

新車の希望車種を手に入れ魅力的なカーライフを実現するためには定期的に車検を受ける必要がありますが、車両維持費用のなかで車検費用が占めるウェイトは決して小さくないのも事実です。 車検の有効期限は長ければ長いほどありがたいものですが現実的には二年に一回、場合によっては一年に一回車検を受けなければならないケースも存在しますので、車検のシステムや車検の有効期限について紹介します。

法人向けのカーリースはお得?経費の観点から徹底検証!

法人や個人事業主は利益を出すためになるべく経費の削減や節税をしたいと思っています。大きな経費がかかるものとして車を挙げることができます。事業を行なう上で車が必要であれば、それなりの経費を用意しなければなりません。 法人や個人事業主が車を必要とする場合、購入した方がよいのでしょうか、それともカーリースを利用した方がよいのでしょうか?経費などの観点から徹底検証します。

カーリース車でバッテリー切れや故障を起こしてしまった時はどうする?

カーリースとはカーリース会社所有の車を使用する仕組みです。気軽に新車に乗れる方法として、近年カーリースを利用する人が増えてきています。 しかし車に乗っていればバッテリーがあがったり、故障してしまったりトラブルはつきものです。カーリースしている車が故障した時は注意しなければいけません。カーリースした車の所有者はカーリース会社だからです。 万が一の際に慌てることのないように、カーリースの車のバッテリー切れや故障の際の対処方法を事前に把握しておきましょう。