カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの仕組みやメリット・デメリットなど、知っておきたい情報の解説まとめ!

カーリースという言葉を聞いたことがある人は意外と多いのではないでしょうか。一方で、実際にカーリースがどのようなものか知っている人、今まさに利用している人となるとぐっとその数は少なくなるものと考えられます。 今回は、カーリースの仕組みや料金がどうなっているのか、メリットやデメリットなど、特徴をまとめてご紹介します。これから車を持ちたいと考えている人は購入だけでなく、カーリースも選択肢の1つになるので、ぜひ参考にしてみてください。

カーリースとは?概要まとめ

まずはカーリースがそもそもどのようなものか、その概要を確認しておきましょう。カーリースとは簡単に説明するとカーリース会社が購入した車を借りて利用するサービスのことです。

カーリース会社は利用者が乗りたい車種、希望の仕様をしっかりと反映させたうえで車を貸してくれます。利用者はこれに対して毎月決められた金額をカーリース料金として支払うことで、自分の専用車として利用することができます。

毎月決まった金額を支払いながら車を利用する、というと自動車ローンとの同じように感じるかもしれません。しかし、カーリースと自動車ローンは以下の点で異なります。

・費用の内容
・車の所有権

カーリースの場合、契約にあたって特に頭金などは必要ありません。また、税金や保険料、車検代やメンテナンス代といった諸費用が月額料金に含まれているプランも利用できます。

一方、自動車ローンはあくまでも車の購入代金を貸してもらうことであり、契約時に頭金が発生するケースもあります。また、毎月支払うお金は車本体にかかるお金であり、税金や保険料車検代といった諸費用は別途発生します。

つまり、カーリースは月々にかかる料金がある程度一定であるのに対して、自動車ローンは時期によって変動がする場合があるということです。

ちなみに、カーリースのなかにも種類があり大きく分けるとファイナンスリースとメンテナンスリースになります。

ファイナンスリースとはその名の通り、お金関係の部分をアウトソーシングすることができ、車両の購入や税金関係、登録手続きのみをカーリース会社にお願いすることになります。しかし、メンテナンスなどは利用者で行わなければいけません。

一方のメンテナンスリースはファイナンスリースの内容に加えて、車検や一般メンテナンス、消耗品の交換などもサービス内容に含まれています。車の維持および管理をすべてお任せしたい場合にはこちらが便利でしょう。

当然ですが、それぞれの種類によって費用が変わってくるので、事前にサービス内容と費用を確認しておくようにしましょう。

 

カーリースの利点とは?知っておきたいメリットまとめ

続いては、カーリースのメリットについてまとめて紹介します。カーリースのメリットとしては以下のような点が挙げられます。

・出費は月額料金のみで済む
・わずらわしい保険料や税金の支払いが不要
・新車への乗り換えも比較的簡単

それでは1つずつ確認していきましょう。

出費は月額料金のみで済む

先ほども触れているようにカーリースの場合、契約時の頭金などは特に必要なく、カーリース料金として毎月一定の額を支払うだけで済みます。

また、カーリースには「残存価格」が契約時に設定されます。これは、契約満了時の車の価値を事前に決めておき、その金額が車両価格から引かれたうえで月々の支払いを行うというものです。

例えば、車両価格が100万円で3年間のカーリース契約を結び、残存価格を30万円とした場合、3年間の利用で70万円分の価値は消費されることになりますが、3年後も30万円の価値はあるということになります。

利用者はこの70万円分を月額料金として支払っていくことになります。もとから残存価格が引かれているため、利用者が支払う料金も抑えることが可能です。

わずらわしい保険料や税金の支払いが不要

カーリースの月額料金には車両代金の他にも、税金や保険料、さらには車検などのメンテナンス料金も含まれます。

購入した場合だと、例えばローンの返済のほか、税金、保険、税金の支払いはそれぞれ自分で行わなければいけませんし、車検にはそれなりの金額が必要となります。

しかし、カーリースであれば、それらの手続きを別々に行う必要がなく、毎月の支払いのみで完結するため、非常に楽です。ただし、駐車場代やガソリン代などは別途自ら支払うことになるので注意してください。

新車への乗り換えも比較的簡単

カーリースの場合、契約を満了すれば次の車に乗り換えることもできますし、その車をそのまま引き取ることもできます。

乗り換える場合も特に頭金などは不要で、月額料金を支払うだけで済むので、大金が必要になることはありません。新車をカーリース契約することもできるので、数年単位で新車に乗り換えることができるというわけです。

以上がカーリースの持つ主なメリットです。

 

カーリースには不利な点もある!デメリットまとめ

では、逆にデメリットとしてはどのようなものが考えられるのでしょうか。カーリースの主なデメリットをまとめてお伝えすると、以下の通りです。

・途中解約ができない
・改造できない
・走行距離に制限がある

それでは1つずつ確認していきましょう。

途中解約ができない

カーリースはあらかじめ契約期間が決められているので、基本的には途中解約ができません。もし、解約をするとなると、違約金を支払わなければいけなくなるため、注意しなければいけません。

カーリースの利用を検討するのであれば、各社のプランが何年契約になっているのかを確認し、自身の生活と照らし合わせながら選ぶようにしましょう。ちなみに、契約期間は3年や5年のプランもあれば、9年と比較的長期間にわたるものもあります。

改造できない

車に対してどんなに愛着があって、たくさん乗っていたとしても、車の所有権はカーリース会社のものなので、改造やカスタマイズをすることができません。これは、賃貸マンションをイメージしてもらえば分かりやすいかと思います。

ただ、例えばタイヤとホイールを交換したとしても、もとのタイヤとホイールを保管して契約満了時に付け直せば大丈夫という場合もあるので、詳細はカーリース会社に確認したほうがいいでしょう。カーナビなどの装備品に関しては契約のオプションとして選択できるのが一般的です。

走行距離に制限がある

カーリースでは走行距離に制限があるのが一般的です。先ほど残存価格を紹介したように、最初に契約を結ぶ段階で、契約満了時の車の価値を想定しているためであり、もし走り過ぎると車の価値が下がってしまい、追加で請求をされることになる恐れがあります。

 

カーリースのまとめ「自分の生活スタイルに合わせて選ぼう!」

ここまで紹介してきたように、カーリースにはメリットもデメリットも存在します。もしも利用を検討しているのであれば、その点は忘れないようにしなければいけません。

また、カーリースに向いている人、向いていない人というのも存在します。

例えば、

・初期費用を抑えたい人
・車検やメンテナンス、税金など急な出費をしたくない人
・趣味で車を使う人(走行距離がそこまで多くならない)
・新車に乗りたいという人
・手続きなどを面倒に感じる人

などは、カーリースの利用が向いていると考えられます。

一方で、

・車をカスタマイズしたい人
・自分の車を所有したい人
・走行距離の多い人

などは、カーリースよりも実際に車を購入したほうがいいでしょう。

このように、カーリースの利用に際しては、利用者の生活状況やライフステージを踏まえて自分のカーライフをしっかり把握したうえで契約を結ぶかどうかを考えるようにしましょう。

 

まとめ

今回は、カーリースに関してその仕組みやメリット、デメリットなどをまとめて紹介してきました。

カーリースは車を購入できない人にとっては便利なものですが、すべての人に向いているものではありません。今回のまとめを参考に、自分にはカーリースが向いているかどうかをしっかりと考えて契約を結ぶようにしてみてください。
人気カーリースを見る

関連する記事

ガソリン代を節約したい人必見!ハイブリッド車をカーリースしてお得にドライブを楽しもう

昔は車と言えばガソリン車ばかりでしたが、技術の進歩に伴い、「ハイブリッド車」が登場しました。街中でもよく見かけるようになり、ハイブリッド車はもはや珍しい存在ではなくなってきています。では、カーリースでハイブリッド車は利用することができるのでしょうか?

法人は車を購入するよりもカーリースの利用がお得?カーリースのメリットをご紹介

法人で社用車の導入を検討する際、購入とカーリースどちらがよりメリットの多い手段なのか、迷うことがあるのではないでしょうか。この記事では、法人がカーリースを利用した場合のメリットや注意点、利用の流れや審査についてなどを解説するとともに、法人におすすめのカーリースをご紹介します。

カーリースを利用して“日本で一番売れている軽!N-BOX”に乗り換えよう!

軽自動車の中でも一際存在感を放っているホンダ・N-BOX。登場以来様々な賞を受賞、爆発的な人気となり、あっという間にホンダの看板車種になりました。年齢や性別を問わず多くの方に支持されているようです。2017年には新型も登場してパワーアップしたので、乗り換えを考えている方も多くいることでしょう。 ここではN-BOXの魅力やデメリットとともに近年新車の導入方法として定着しつつあるカーリースの仕組みやおすすめのカーリース会社をご紹介します。カーリースを利用すれば、お手軽に大人気のN-BOXへの乗り換えもできますよ。