カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの仕組みをきちんと理解しよう

ここ最近、新しい車の購入方法として人気急上昇している「カーリース」。気軽に車を所有することができるため、今まで金銭的に車を所有できなかった人も購入できる可能性が大きくなりました。しかし、その一方で契約をして失敗したという話も少なくありません。まずは、リース車がどのようなものなのかしっかりと知る必要があります。

リースの特徴

車が必要になった時、購入することを思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、最近では個人向けカーリースのサービスも多くで出ており、その手軽さからカーリースを選ぶ方も増えてきています。そんなカーリースの特徴・メリットについて詳しく解説していきます。

《カーリースの特徴》

・好きな車を選ぶことが出来る

車両の所有者はリース会社になるが、利用者は好みの新車を選ぶことができ、カーナビやETCなどのオプションの取り付けも指定できる。限定モデルや、特別仕様車、福祉車両も選ぶことができる。

・最短1か月からリース可能

カーリースは、リース会社と長期契約をし、車両を借りるサービスのこと(一般的には3年、5年のプランが多い。リース会社によっては最短1ヶ月〜の短期のものから、9年という長期のプランを用意しているところもある。)利用用途に応じて契約が出来るので損がない。

・車両ナンバーは一般車両と同様

ナンバープレートは、レンタカー向けの「わ」もしくは「れ」ではなく、一般の自家用車と同様になるため、見た目にリース車両ということはわからない。希望があれば、ナンバーを指定することも可能。

・月々の支払いが一定でリーズナブル

カーリースの場合、頭金や初期費用がかからず、あらかじめ契約年数で残存価額を計算し、契約分のみの支払いとなるため、月々の支払い額が安く、同じ予算内でワンランク上の車に乗ることも可能になる。しかし、大きな事故を起こしたり、買取りをしなくてはならなくなった場合は、普通に車両を購入する時よりも割高になる。

・支払いや手続きはリース会社が一任

自動車税の納付や、車検、オイル交換やメンテナンスなども月々の利用料に含まれているため、車の維持に必要なものをリース会社に任せることができ、車に手間をかけたくない人や、あまり詳しくない人にとっては、気軽に利用できて良い。しかし、車両を自分のこだわりで色々とカスタムしたい人にはあまり向いていない。

《カーリースのメリット》

・頭金を入れる必要がない。

・初期費用がかからない。

・月々の支払い額が一定のため、家計の管理がしやすい。

・自動車税、重量税、自賠責保険料、車検など車両の維持にかかるほとんどの費用は月々のリース料に含まれている。

・契約年数に合わせて残価を設定し、あらかじめ残価を引いた価格でリース料を算出するので、ワンランク上の車に乗ることができる。

・税金の納付や車検など、すべてリース会社が行なってくれるため、面倒な手続きなどをやらなくて良い。納付書や車検証などの書類の管理もしなくて良い。

・万が一の事故の際には、対応や処理など一括で任せられる。

・契約が終了時には、車両をリース会社に返却するだけで良い。下取りや、買い取り業者から相見積もりをとったりする面倒がなく、車を手放すことができる。

・個人事業主や法人で契約した場合、リース料を全て経費として経常できるため、節税対策になる。

 

カーリースの仕組みについて

では、実際にカーリースはどのような仕組みになっているのでしょうか。カーリースで大損・失敗したという事態に陥らず、楽しいカーライフを送るためにも、リース車の仕組みをしっかり理解しておきましょう。

カーリースは、利用者が乗りたい車を希望し、リース会社がカーディーラーから希望された車を購入し、契約期間、プランを決めて利用者に貸し出します。利用者はリース会社に契約期間中、毎月一定のリース料を支払います。車の所有者はリース会社になるため、納税や、車検の手続きはリース会社が行います。

リース契約の際には、契約期間における走行距離を予測し、それに合わせて残存価格を設定するのが一般的です。

残存価格とは、リース期間終了後の車両の査定価格のことをいいます。ただし、実際の契約満了時の査定価格を保証するものではありません。残存価格は、契約期間、走行距離、自然消耗、損傷などを考慮して設定されます。

リース契約には、残存価格を清算する「オープンエンド契約」と清算を行わない「クローズエンド契約」があります。

・オープンエンド契約

オープンエンド契約とは、予め契約時に残存価格を設定し、利用者に提示します。契約満了時に、設定されていた残存価格と実際の査定価格の差額を清算します。査定価格が残存価格を上回った場合は、リース会社より、利用者に差額が支払われますが、査定価格が下回った場合は、利用者がリース会社に不足分を支払わなければいけません。

・クローズエンド方式

クローズエンド契約とは、利用者に残存価格を明示せず、契約満了時に差額清算を行わない方法です。法人契約では、ほとんどがクローズド契約で契約されます。

 

リース料金の計算方法

カーリースの契約をするにあったって重要なのは、リース料金。どのように算出されているか気になるところです。カーリースの料金は、リース契約終了時の、予定残存価格を差し引いて、リース料を算出しています(オープンエンド方式の場合)。つまり、3年契約だったら3年分、5年契約だったら5年分というようにリース契約年数分のみの支払いとなります。リース料の計算方法は以下の通りです。

車両価格+諸費用(税金・保険料・車検代・整備費)+金利−残存価格=リース料総額

リース料総額÷契約期間=月額リース料

 

契約終了後はどうなるの?

ローンで車両を購入した場合は、ローンが完済したら、そのまま乗り続けたり、下取りに出して新しい車に乗り換えたり、中古車業者に販売したり、といった選択肢がありますが、カーリースの場合、契約が終了したらどうなるのでしょう。カーリースの場合、契約満了時の際は、4つの方法があります。

1.契約延長

契約していた車両をそのまま継続して乗りたいという場合は、新たにリース期間を設定し、再度契約を結びます。その場合、当初予定されていた残存価格を車両代とし、再び新たな契約期間を元に残存価格を設定し直し、差額分がリース料金になります。したがって、月々の利用料金は、初回契約時と比べ安くなります。

2.乗り換え

車両を新しいものに変更し、契約していたリース契約と再契約を希望する場合は、一度清算を行い、これまで契約していた車両を返却します。予め設定していた残存価格と、実際の査定金額との差額を清算します。きれいに乗っていれば、当初よりも査定価格が高くなり、キャッシュバックされます。その後、新しい車両で、再度リース契約を結びます。

3.買い取り

オープンエンド契約で契約をした場合、残存価額を支払えば、車を買い取ることができます。買い取りをする際には、車両代金の他、所有権変更に関する事務手数料、自動車税相当額、リサイク料金などの諸費用が必要となります。クローズエンド契約の場合は、買い取りができません。

4.リース終了

そのまま契約を終了させる場合は、リース会社に車両を返却します。返却した車両の査定金額が、契約時の残存価格より上回っていた場合はキャッシュバックがあり、下回っていた場合は、差額分を支払います。
人気カーリースを見る

 

関連する記事

自家用車をリースで購入する場合のメリット・デメリット徹底調査

以前までのカーリースは、財務上でのメリットがあることから営業車や商用車として多くの企業に利用されてきました。しかし、最近では、「同じ予算内でワンランク上の車に乗れる」などの広告の影響もあり、個人向けカーリースの人気も高まっています。なぜ、人気が高まっているのか、カーリースのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

カーリースとローンのメリット・デメリット、費用総額を分かりやすく比較・解説!

車を持つ手段として、従来から主流のローンと、近年広く普及し利用者も増えているカーリースがあります。この記事では、それぞれの基本的な仕組みやメリット・デメリット、費用総額などを、ポイントを絞って分かりやすく比較・解説します。カーリースかローン、どちらにしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

リース車が故障した場合の修理と修理費用はどうする

リース車を利用していて急に故障してしまった場合、あるいはこれからリースを検討している方でも、乗っていて故障してしまった場合はどうすれば良いのか?走っている途中などではパニックになってしまい事故を誘発しかねません。いざという時のために故障の時はどうするか、修理費用はどうなるのか、といったことを知っておきましょう。

カーリースでダイハツの軽自動車“タント”へお得に乗り換え!人気のカーリース会社で費用を比較!

ダイハツのタントは1人乗りからファミリーまで幅広い層に人気の軽自動車です。このタントはどのような車なのか、人気の秘密に迫ってみましょう。また、軽自動車は人気が高いこともあり、タントを新車購入しようとすると意外と費用がかかります。 このタントに、できるだけお得に乗る方法が「カーリース」です。ここでは、どうしてカーリースがお得なのか、また、実際にかかる費用はどうなのかも紹介します。