カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの任意保険はどうしたらいいの?

車を運転する人のほとんどは任意保険に入ります。では、カーリースで車を利用する場合の任意保険はどうしたらいいのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

そもそも任意保険って?

他人をケガさせたり死亡させたりした場合の対人賠償を補償してくれる自賠責保険は強制保険ですので必ず加入しなければなりません。それに対して任意保険はその名前の通り、加入するかどうかは利用者次第となります。

 

自賠責保険が補償するのは対人賠償のみですし、損害の種類ごとに設定されている補償限度額はあまり高くはありません。自賠責保険のみですと万一の事故に備えるという点で不十分です。そこで任意保険が必要になります。自賠責保険では補償されない部分をカバーするために任意保険に加入するのです。

 

任意保険の補償内容は具体的にどうなっているのでしょうか?補償内容には大きく分けて「賠償責任保険」「傷害保険」「車両保険」の3つの分類があります。

1「賠償責任保険」

相手の人や物に対する保険です。交通事故で相手の人をケガさせたり死亡させたりしまった場合や、車を壊してしまった場合に保険金が支払われます。なお、「賠償責任保険」の中には「対人賠償保険」と「対物賠償保険」があります。

2「損害保険」

自分や同乗者に対する保険です。交通事故によって自分や同乗者がケガしたり死亡してしまったりした場合に保険金が支払われます。「損害保険」の中には「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車傷害保険」「自損事故保険」があります。

3「車両保険」

自分自身の車に対する保険です。交通事故で車を破損させてしまった場合に修理費用等が支払われます。

自動車保険会社は以上の保険を組み合わせたパッケージ商品を任意保険として発売しています。特約によって、補償内容を手厚くしたり補償範囲を狭めることによって保険料を安くしたりできます。

 

カーリースの任意保険はどうする?

カーリースの場合、業者や契約の種類にもよりますが、ほとんどの場合リース料金には自賠責保険料が含まれています。そのため利用者が自分で自賠責保険に加入する必要はありません。その一方、任意保険料はカーリースの料金に含まれていない場合もあります。その場合は利用者が加入しなければなりません。

特にカーリースの場合は車の所有者はあくまでもリース会社です。他人の車を利用するわけですから、傷つけたり故障させたりしてしまった場合は絶対に修理しなければなりません。ですからカーリースでは任意保険で「車両保険」を付けておくのがとても重要になります。

ただ、通常の任意保険ですと、カーリースでは実はカバーし切れない部分があります。

例えば、大きな事故で車両が全損になり、廃車にせざるを得なくなってしまったとします。リース車を継続して利用するのが不可能になるため、カーリースの契約は強制的に解約となります。その場合「残りの契約期間のリース料金」と「契約終了時の予想残存価格」と「解約手数料」を支払う必要があります。

「残りの契約期間のリース料金」と「契約終了時の予想残存価格」の部分は、通常の任意保険の「車両保険」で大抵はカバーできるのですが、カーリース特有の「解約手数料」は任意保険では補償されない場合があります。つまり、自分で負担しなければならないのです。

そこで、カーリース契約をする場合には、一般の任意保険ではなくカーリース専用の任意保険に入るのがお勧めです。カーリース専用の任意保険であれば「解約手数料」もカバーしてもらえるからです。

カーリース専用の保険には他にもメリットがあります。通常の任意保険は1年ごとに更新しますが、カーリース専用保険の場合は、長期の保険契約となっており、リース期間中の更新手続きが不要です。

また、事故が起きた場合に通常の任意保険ですと、等級ダウンに伴い保険料が次の年から上がります。しかし、カーリース専用の任意保険であれば、事故が起きてもリース期間中は等級がダウンすることなく保険料も変わりません。

このようにカーリースで車を利用する場合にたくさんのメリットがあるカーリース専用の任意保険は、いったいどうやって探したらいいでしょうか?

多くの場合、カーリース業者は自動車保険会社と提携していますので、カーリース業者に問い合わせてみれば見つけることができるでしょう。カーリース業者が提携している保険会社の任意保険を利用すれば、カーリース料金に任意保険料を組み込むことも可能です。

 

専用の任意保険を用意しているおすすめのカーリース業者をご紹介!

カーリース専用の任意保険を用意している、おすすめのカーリース業者をご紹介します。

定額ニコノリパック

「定額のニコノリパック」は「株式会社MIC」が運営しているカーリースサービスです。「定額ニコノリパック」では、リース期間終了後に車両を中古車として販売したり「ニコニコレンタカー」で活用したりしているのでリース料金を低めに設定できます。

人気車種の新車に、税別価格の月額1万円で乗ることができます。他に、車種やグレードによって月額2万円、月額3万円のカーリースプランがあります。契約期間は5年間で、中途解約は基本的にできません。

リース料金には「車検代」「各種税金」「自賠責保険料」「メンテナンス費用」「消耗部品やパーツの交換費用」などが含まれています。エンジンオイルは6か月に1度、無料で交換することができます。また契約期間中にガソリン代が1リットルあたり5円引きになる特典も付いています。

「定額ニコノリパック」では「ニコノリ専用自動車保険」というカーリース専用の任意保険を用意しています。この保険を利用する場合、保険料がリース料金に含まれます。また、車両全損事故時の支払保険金をリース契約の中途解約金と同額とする特約が付いています。

事故があった場合でも、カーリース期間中の保険料は変わりません。他の保険会社からの切り替えでも、現在加入中の任意保険の割増引を継承して、そのままカーリース期間中に適用できるので安心です。

フラット7

「フラット7」は「オートコミュニケーションズ株式会社」が展開する個人向けカーリースサービスで、軽自動車を専門に扱っています。軽自動車を大量に仕入れることによって、1台あたりのコストを抑えています。

「フラット7」では新車に税別価格で月々定額の1万円から乗ることができます。契約期間は7年間です。リース料金には「車検代」「各種税金」「自賠責保険料」「オイル交換」「フロアマット代」「ドアバイザー代」が含まれています。また、オプションでフルメンテナンスサービスを付けることができます。

「フラット7」では、「フラット7自動車保険」というカーリース専用の自動車保険を用意しており、フラット7の利用者のほとんどがこの保険に加入しています。

この保険を利用する場合、保険料がリース料金に含まれます。万一の車両全損時、常にリース契約の中途解約費用が支払われる特約が付帯しています。事故があってもカーリース期間中の保険料アップはありません。また、現在加入中の自動車保険の割増引を継承して、そのままリース期間中に適用できます。

 

今回の記事では、カーリースの任意保険について見てきましたがいかがだったでしょうか?カーリースでは通常の任意保険でカバーされない部分も生じ得ますから、よく調べて適切な保険を選ぶようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースをもっとリーズナブルに利用するにはどうすればいい?

カーリースのメリットといえば、月々の利用料金を安定させることができるという点が挙げられます。また、支払額もリーズナブルなので、状況によっては、車をローンで購入するよりもお得といえるでしょう。カーリースを利用する上で、料金を重要視する人は多いはずです。今回はカーリースをよりリーズナブルに利用する方法を紹介します。

ガソリンスタンドで有名な “出光”のカーリース、どんなメリットがある?サービス内容や申込みの流れなどをご紹介!

出光といえばガソリンスタンドのイメージが強いですが、カーリース事業を展開していることを知っていましたか。出光のカーリースでは、ガソリンスタンド事業の強みを活かしたメリットがあり、その他にも、様々なメリットが盛りだくさんになっています。今回は出光のカーリースのサービス内容や、納車までの流れなどを紹介していきます。

カーリースは頭金ありのローンと何が違う?契約前のチェックポイントを徹底解説!

個人向けのカーリースが増えつつあり、ライフスタイルに合わせたカーリースでの車の所有といった、新しい車の乗り方が提案されています。カーリースを利用する上で、メリットとなるのがコスト面ですが、カーリースと頭金ありのローンはどう違うのでしょうか。今回はカーリースと頭金ありのローンの違いや、契約前のチェックポイントを解説します。