カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの価格はどれくらい?カーリースで重要なのは価格だけ?

カーリースは月々のリース料を支払うことで車を長期間にわたって借りられるサービスですが、カーリースのサービスの価格はどれくらいなのでしょうか。また、カーリースの業者を選ぶ際には価格だけを比べて判断すればよいのでしょうか?

カーリースの価格はどれくらいなのか?

カーリースの価格は、業者や契約プランによって異なりますが、人気車種の価格を大手のカーリース業者「コスモスマートビークル」の公式サイトで調べてみました。「5年契約」の「頭金無し」「ボーナス払い無し」の条件で調査しました。

軽自動車のカーリース価格 

車種 価格
ホンダ N BOX 月額29,808円から
スズキ ハスラー 月額26,460円から
ダイハツ ミライース 月額24,516円から
ダイハツ ムーヴキャンバス 月額29,592円から
ダイハツ タント 月額29,484円から
ダイハツ ムーヴ 月額28,512円から
スズキ エブリイバン 月額24,732円から
ホンダ N-WGN 月額27,324円から
ダイハツ ウェイク 月額31,860円から
スズキ ワゴンR 月額28,188円から

普通自動車のカーリース価格

車種 価格
トヨタ プリウス 月額49,788円から
トヨタ ヴォクシー 月額51,624円から
トヨタ C-HR 月額50,976円から
トヨタ ヴィッツ 月額33,696円から
トヨタ ハリアー 月額54,972円から
トヨタ アクア 月額40,176円から
トヨタ ハイエースバン 月額40,500円から
ホンダ フィットハイブリッド 月額40,824円から
マツダ デミオ 月額37,800円から
ニッサン ノート 月額38,772円から

※2017年12月20日現在の価格。価格は変更になる場合があります。

いかがでしょうか?カーリースの価格は「車両本体価格」をベースにして設定されますから、軽自動車よりも普通車の方が高くなり、さらに、同じ普通車でもグレードの高い車の方が当然価格は高くなります。

また、5年払いのローンと比較すると、月々の支払い額はカーリースの方がやや高くなります。なぜなら、カーリースの価格には「車両本体価格」の他に、車に関わる「各種費用」がコミコミとなっているからです。

 

カーリースで重要なのは価格だけなのか?

人気車種のカーリース価格の相場を見てきました。では、相場より安い価格で車を貸しているカーリース業者があれば、迷わずにそこを選ぶべきでしょうか?

答えは「ノー」です。なぜなら、同じカーリースでも業者によってその契約内容や条件が異なるからです。契約内容が違う以上、価格を単純に比較することはできません。では、カーリースの価格に影響を与える契約条件にはどんなものがあるでしょう。

カーリースの価格にどんな費用が含まれているか

先程も述べた通り、カーリースの価格には「車両本体価格」以外にも「各種費用」が含まれています。「各種費用」の例としては「新車登録費用」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「任意保険料」「車検代」「定期点検代」「消耗品交換費用」などがあります。

これらのうち、どれがカーリース価格に含まれて、どれが含まれないかは、業者や契約プランによって異なります。当然、含まれる費用が少なければ少ないほどカーリース価格は低くなりますが、その分自分で負担しなければならない費用が増えます。月々の支払い料金以外に費用を出したくない人の場合は、多少カーリース価格が高くなるとしても、なるべく多くの費用が価格に含まれている業者や契約プランを選んだ方が良いでしょう。

残価設定があるか

「残価設定」の有無によってもカーリース価格は変わってきます。「残価設定」とは契約終了時点での車両の予想価格(残価)を設定し、その金額をあらかじめ「車両本体価格」から差し引くことです。

多くのカーリース業者では「残価設定」をしています。リース価格のベースとなる「車両本体価格」から「残価」がマイナスされますので、料金は安くなりますが、リース期間終了時に車の査定および清算をしなければならないというデメリットもあります。

車の「査定価格」があらかじめ設定した「残価」を下回った場合に、ユーザーがその差額を支払わなければならないのです。また、契約終了時に車を自己所有にしたくなった場合には「残価」を支払って買い取らなければなりません。

中には、「カーコンビニ倶楽部」の「もろコミ」など、お手頃な価格で「残価設定無し」のカーリースサービスを展開している業者もあります。リース期間終了時に面倒な清算をする必要がありませんし、車がそのまま自分の物となります。

契約期間がどれくらいか

契約期間の長さも価格を左右します。契約期間が長ければ長いほど、月々の料金を支払う回数がトータルで多くなりますので、カーリースの価格は安くなります。例えば、冒頭で価格をご紹介した「ホンダ N BOX」と「トヨタ プリウス」の価格を契約期間ごとに調べてみると以下のようになります。

ホンダ N-BOX

3年契約 月額38,232円
5年契約 月額29,808円
7年契約 月額26,460円

トヨタ プリウス

3年契約 月額65,124円
5年契約 月額49,788円
7年契約 月額43,740円

※2017年12月20日現在の価格。価格は変更になる場合があります。

契約期間が長い方が、カーリースの価格が低価格になっているのは明らかですね。

走行距離制限がどれくらいか

カーリースの契約では「走行距離」に制限が設けられている場合が多いです(制限を超過して走行した場合には契約終了時に追加料金が発生します)。この制限の距離によっても価格が変わります。再び「ホンダ N BOX」と「トヨタ プリウス」を例にとって価格を見てみましょう。

ホンダ N-BOX (5年契約)

月間走行距離500km 月額29,502円
月間走行距離1,000km 月額29,808円
月間走行距離1,500km 月額31,104円

トヨタ プリウス(5年契約)

月間走行距離500km 月額48,600円
月間走行距離1,000km 月額49,788円
月間走行距離1,500km 月額51,516円

※2017年12月20日現在の価格。価格は変更になる場合があります。

「走行距離」の設定が長ければ長いほど、カーリースの価格が高くなるのがわかりますね。

頭金やボーナス払いがあるか

「頭金」の有無や「ボーナス払い」の有無によっても月々の価格が変わります。当然「頭金」を用意したり「ボーナス払い」を行なったりした方が、毎月支払う額は少なくなります。

このように、契約内容や条件によってカーリースの価格設定は異なってきます。ですから、カーリースの業者や契約プランを選ぶ際には単に価格だけに注目するのではなく、契約の具体的な内容をよく確認して総合的に判断するようにしましょう。

 

まとめ

今回はカーリースの価格について考えてまいりました。カーリースの大体の相場を知っておくのは大切ですが、それだけではなく、各業者でサービスや契約の内容に違いがあることも理解しておくべきです。カーリースを選ぶときは、価格だけではなく、契約内容のさまざまな面をしっかり吟味してから契約するようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検って時間や日数はどのくらいかかるの?手続きの流れを徹底解説!

自動車検査登録制度を採用する日本では、国内で登録される自動車には車検を受ける義務があり、車検では自動車が国土交通省の定める基準を満たしているかを検査します。車検費用もさることながら、車検に要する時間に対して疑問を感じる方も少なくないのではないでしょうか? 短時間な即日車検や1週間近い時間を要する場合もあり、車検に要する時間は業者によってさまざまです。忙しい毎日を送る方にとって愛車が使用できない車検に要する時間は切実な問題ですから、ここでは車検の流れや必要な時間を解説します。

軽自動車を白ナンバーに変更できる!その方法を徹底解説!

あなたは軽自動車の黄色いナンバーを白ナンバーに変更できるのをご存知でしょうか?「そんなことできるはずがない」と言う方もいるかもしれませんが、実は今、期間限定で変更が可能になっているのです。実際に2017年4月から既に、特別仕様に変更できる軽自動車の白ナンバー交付が始まっています。

カーリースでベンツにも乗れちゃう!輸入車のリース方法をご紹介

ベンツ(正式名称:メルセデス・ベンツ)は、ドイツの自動車会社ダイムラーが所有する車のブランドです。日本においては、ベンツは特に高級車として有名ですので、ベンツに憧れている人は少なくありません。今回は、そんなベンツをはじめとする輸入車をリースする方法をご紹介したいと思います。

普通乗用車も軽自動車も福祉車両も!カーリースをかしこく利用して手軽に乗り始めよう

カーリースではどんな車種が利用できるのか、あまり考えたことがない方もおられるかもしれません。カーリースでは、軽自動車から乗用車、福祉車両まで豊富なラインナップがあり、中には業務用トラックなど、作業車のカーリースもあります。今回は、乗用車などをカーリースする際に知っておきたいポイントをお教えします。