カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの保険ってどうなる?保険料込みなの?

車を購入したら保険に入りますが、カーリースを利用する場合、保険はどうしたらいいのでしょうか。また、カーリース料金は保険料込みなのでしょうか?

車の保険とは?

本題に入る前に車の保険についてご説明します。車の保険には「自賠責保険」と「任意保険」があります。

「自賠責保険」は法律によって加入することが義務付けられている「強制保険」です。車検の際に車検料と一緒に保険料を支払います。「自賠責保険」が補償するのは、他人をケガさせたり死亡させたりした場合などの対人賠償で、被害者が受けた損害の種類ごとに支払いの限度額が決められています。

「任意保険」はその名前の通り加入するかどうかが利用者の判断に任されている保険です。ただ、実際には車を利用する人のほとんどが加入しています。

車の利用者が「任意保険」に加入するのは、「自賠責保険」で補償されない部分をカバーするためです。「自賠責保険」では死亡による損害でも最高3,000万円しか補償されませんし、事故の相手方の身体に関する損害しかカバーされません。相手方の物、自分の身体や物が受けた損害は補償されないのです。それに対して「任意保険」は補償額が多い上に、その範囲も広いので「任意保険」に入っておけば安心なのです。

任意保険の補償内容は大きく分けて「賠償責任保険」「傷害保険」「車両保険」の3つです。自動車保険会社は基本的に以下の補償内容を組み合わせた様々なプランを用意しています。補償内容を部分的に強化するために特約を付けたり、補償範囲を狭めることによって保険料を節約したりできます。

「賠償責任保険」

相手の人や物に対する保険です。相手の人をケガさせたり死亡させたりしてしまったり、相手の車に損害を与えてしまったりした場合に保険金が支払われます。

「損害保険」

自分や同乗者に対する保険です。自分や同乗者がケガしたり死亡したりしてしまった場合に補償してもらえます。

「車両保険」

自分自身の車に対する保険です。自分の車を破損させてしまった場合に修理費用等が補償されます。

 

カーリースの保険はどうなる?保険料は込み?

カーリース会社や契約プランによって異なりますが、リース料金には「車両価格」に加えて「各種税金」「自賠責保険料」「車検費用」「定期点検費用」「消耗品交換費用」などが含まれていることが多いです。

ですから「自賠責保険」に関しては、カーリースでは保険料込みとなります。また、加入手続きもカーリース会社がおこなってくれます。

では「任意保険」に関しては保険料込みではないのでしょうか?多くの場合、カーリースでは任意保険料込みではありません。それでも、カーリース会社によっては専用の保険を用意していたり、保険会社と提携していたりしており、任意保険料をリース料金に組み込むことが可能です。

カーリースでは長期にわたって車を利用しますから、事故のリスクがあります。カーリースを利用するに当たっても「任意保険」に入ることが強く勧められています。

 

カーリースの任意保険の注意点は?

車を運転する時には、先に見た「賠償責任保険」「損害保険」「車両保険」のどれもが重要ですが、カーリースを利用する時にとりわけ大切になるのが「車両保険」です。

カーリースでは車の「使用者」は契約者ですが、車の「所有者」はカーリース業者となります。契約者は他人の車を運転している状態です。そのため、車を傷つけたり故障させたりしてしまった場合には、カーリース会社に報告すると共に車を修理する責任があります。仮に修理しないままリース期間が終了すると、契約終了時の清算で高額な費用を請求される可能性があります。

このような理由で、車を損傷させてしまった場合にその修理費用を補償してくれる「車両保険」が重要になってくるのです。自分で任意保険に加入する時には必ず「車両保険」を付帯させるようにしましょう。

また、カーリースならではの事情に合わせた特約を付ける必要もあるかもしれません。カーリースの契約では、車の全損事故を起こしてしまった場合に強制的に契約が解約となってしまいます。この場合、契約者は「残っている全期間のリース料金」「車両残価」「違約金」という高額な出費を負うことになります。

一般的な「車両保険」でも「残っている全期間のリース料金」と「車両残価」は補償されるかもしれませんが、「違約金」はカバーされない可能性があります。そのため、解約になった場合の費用を全額支払ってもらえるような特約を付けておくと安心なのです。

任意保険料込みのカーリースであれば、その保険内容はカーリース専用となっていますから、この種の特約が付いているはずです。

 

任意保険料込みのおすすめのカーリース会社をご紹介

ここで任意保険料込みのプランを用意しているおすすめのカーリース業者をご紹介します。

リースDeマイカー(日本カーソリューションズ株式会社)

カーリースと自動車保険をセットにした「任意保険込プラン」を用意しています。任意保険料込みのリース契約です。契約期間中は交通事故などで保険を使用しても等級は下がらず、リース料は一定に保たれます。毎年の更新手続も不要です。

Jリース(株式会社ジェーユーシー)

「任意保険料込みでどこよりも安い新車カーリース」をおこなっている会社です。契約者にとって最適なプランを案内してもらえます。

フラット7(オートコミュニケーション株式会社)

「フラット7自動車保険」というカーリース専用の自動車保険を用意しており、任意保険料込みのプランにできます。

「フラット7自動車保険」には、事故で車両が全損になった場合に解約費用が支払われる特約が付いています。事故があってもリース期間中の保険料アップがなく、毎年の継続手続きも不要です。また、今加入している任意保険の割増引を継承できます。

定額ニコノリパック(株式会社MIC)

「ニコノリ専用自動車保険」を用意しており、利用する場合は任意保険料込みのカーリース料金にできます。

「ニコノリ専用自動車保険」は長期一括払いなので1年ごとの契約よりも保険料水準が低く設定されています。また、車両全損事故時の支払保険金をリース契約の中途解約金と同額とする特約を付けることができます。事故があった場合でもリース期間中の保険料は変わりませんし、毎年の継続手続きも不要です。さらに、現在加入中の任意保険の割増引を継承することが可能です。

 

まとめ

今回は、カーリースの保険について見てきました。「自賠責保険」については保険料込みのカーリースが多い一方で、「任意保険」はそうではないことがわかりました。自分で任意保険に加入しないといけない場合には、今回ご説明した注意事項を念頭に置くようにしましょう。

また、最後にご紹介した通り、任意保険料込みのサービスを展開しているカーリース会社もありますし、任意保険料込みではなくてもカーリース会社に相談すれば適切な保険を紹介してくれるはずです。いずれにしても、適切なプランの任意保険に加入してカーリースを利用するようになさってください。

人気カーリースを見る

関連する記事

ワゴン車に月々リーズナブルな価格で乗るならカーリースを利用しよう!オススメのカーリース会社も併せてご紹介!

レンタカーだと選べる車種には限りがあるものの、カーリースは違います。セダンからワゴンまで、ありとあらゆる車種の中から自分の好きな車を選べます。今回は、ワゴンをカーリースするための方法や、オススメのカーリース会社の紹介をしていきます。

五年契約のカーリースプランにはどんなものがある?おすすめの3つをご紹介!

カーリースを契約する際にはリース期間を設定しなければいけません。個人のカーリースでは一般的に五年、七年、九年であることが多いです。契約期間中は同じ車を乗り続け、リース料金を払い続けなければいけないので、自分に合ったリース期間で契約することは大切だと言えるでしょう。 契約期間はカーリース会社によって固定で決められていることもあれば、契約期間を選べることもあります。ここでは五年の契約期間でのカーリースを検討している人に向けて、五年のカーリースプランがあるカーリース会社を紹介します。

車のリースは月々いくらくらい!?支払い方法や料金以外にもチェックしたいポイントなども併せて解説します!

車をリースする場合、月々いくらくらいで乗り始めることができるのでしょうか?リース業者によって設定は様々ですが、現時点で確認できる最安プランをご紹介します。また、月々のリース料金と併せてチェックしておきたいポイントも併せて解説をしていますので、車のリースを検討されている方はぜひチェックしてみてください。