カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの分割払いはお得?その利点とローンとの違いを解説!

カーリースの分割払いと車のローン購入の相違点とは何でしょうか。カーリースの分割払いは、本当にお得だと言えるのでしょうか?徹底解説します!

カーリースの分割払いとローンでの購入の違いは?

カーリースと車のローン購入は、どちらも毎月継続して支払いをしていくという点で共通していますが、両者は異なる種類の契約です。

カーリースは、月々のリース料を支払う代わりにカーリース会社から車を貸してもらう契約です。車はあくまでも「借り物」ですので、リース車の所有者はカーリース会社の名義となり、基本的に契約満了まで利用しても車は自分のものにはなりません(※契約満了時に車がそのまま自分のものになるカーリースプランも存在します)。

一方、ローンはディーラーや金融機関に車の購入代金を貸してもらう契約です。返済期間を定めて毎月決められた額を分割払いで返済していきます。

ディーラー系のローンの場合は、万が一の時の担保として、完済するまで車の所有者の名義がディーラーや提携先の信販会社になっていることが多いです。これを「所有権留保」と言います。銀行系のローンでは、一般的に所有権留保はなく、車の所有者の名義は最初から本人になります。

カーリースの月々の分割払いには、車両代や登録諸費用、自動車取得税のほかにも自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検料が含まれていることが多いです。また、オプションなどによって消耗部品やオイル類の交換などのメンテナンスをサービスに含められる場合もあります。

一方、ローン購入の場合は、毎月の支払いはあくまでも車の購入代金の返済のためのものです。車の維持費はローンの返済とは別に準備しなければなりません。

このように考えますと、月々の支払いに諸々の費用をコミコミにできるという点で、カーリースはローン購入よりも便利で利用しやすいと言えるでしょう。

また、カーリースの契約には多くの場合「残価設定」があり、契約満了時の車の予想残存価値(残価)の金額を車両代からあらかじめ差し引いてリース料を決めます。

車両代全額を負担する必要がありませんから、ローン購入よりも車両に対する支払いを安く抑えることができます。

 

カーリースの分割払いの魅力をローンとの比較からご紹介!

前述の通り、カーリースの月々の料金には諸々の車の維持費が含まれています。しかも、その料金は毎月定額ですので、車に関係する出費がフラットになり、家計の管理が非常に楽だと言えます。

しかし、ローン購入の場合は税金の支払いや車検、部品交換などのタイミングでその都度費用が発生し、月々の出費の増減がどうしても多くなってしまいます。計画的にお金をやり繰りしなければ、家計が困窮することにつながりかねません。

カーリースの分割払いとローンとではどのような出費の違いが生まれるのか、「トヨタ ヴォクシー ZS 7人乗り カーナビあり」を例に見てみましょう。支払い期間はカーリースとローン共に5年間とします。

カーリースの場合、ある会社の月々の料金は57,780円でした。この金額を5年間(60カ月間)分割払いしていくことになります。

ローン購入の場合、月々の返済額は58,735円となりました。しかし、この金額に加えて購入時に自動車取得税54,700円、リサイクル料12,470円、自動車重量税22,500円(3年分)、自賠責保険料36,780円(37カ月分)を支払う必要があります。

また、自動車税が毎年29,600円かかりますし、車のメンテナンスで毎年平均20,000円(参考費用)くらいかかるでしょう。さらに、新車登録から3年後には車検で点検整備費用50,000円(参考費用)と自動車重量税20,000円(2年分)、自賠責保険料が25,070円(24ヶ月分)かかります。

これらの費用を計算すると、月々の返済のほかに5年間で合計約45万円かかることになります。その出費のタイミングが不定期におとずれるわけですから、確かにお金のやり繰りは容易ではないと言えるでしょう。

※各種税金の金額は変更になる場合があります。
※メンテナンス費用や車検時の点検整備費用の金額はあくまでも目安です。車種や依頼先の業者によって金額は異なります。

 

カーリースの分割払いの場合、金利はどれくらい?

ローンの毎月の返済には金利分が含まれています。カーリースの料金にも金利分が上乗せされています。では、それぞれの金利はどれくらいなのでしょうか?

審査に比較的通りやすいと言われるディーラー系のローンの場合、金利は3%~7%程度となっています。銀行系のローンの金利は2%~7%程度です。中には2%を切るところもあり、ディーラー系のローンの金利より低めです。

カーリースの分割払いにはどれくらいの金利が上乗せされているのでしょうか?ほとんどのカーリース会社はリース料に上乗せしている金利の額は公開していませんので、その利率を特定することはできません。

ただ、一般的にはカーリースの分割払いは銀行系のローンの金利よりもやや高めだと言われています。さらに、カーリースの場合は車両代だけに金利がかかっているわけではなく、諸々の車の維持費を含むリース料にも金利がかかっています。

このようなわけで、カーリースの分割払いでは、金利の面でローンよりも損をしていることになるとも言えるのです。

ただ、それでも、前述の通り、毎月の出費がフラットになったり、車のメンテナンスや維持管理を任せられたりするなどの魅力的なメリットがカーリースにありますので、その人気は年々高まっています。

 

月々1万円以下の分割払いで乗れるカーリースプランはコレ!

最後に、月々1万円以下の分割払いで新車を楽しめるおすすめのカーリースプランをご紹介します。そのプランとは、「カーコンカーリースもろコミ」(カーコンビニ倶楽部株式会社)です。

支払いプランは、7年リースの「もろコミ7」、9年リースの「もろコミ9」の2つから選ぶことができます。どちらのプランも月々1万円以下のリーズナブルな分割払いで利用できます。し

かも、残価設定0円のプランですので、契約満了時には、何と車をそのままもらうことができます!

カーリースの契約は中途解約できないことが多いですが、「もろコミ7」と「もろコミ9」では、契約満了の2年前から原則、解約金なしで自由に車の返却や乗り換えができるようになります(車の損耗状況によっては請求が発生します)。

オプションも豊富で、月額2,160円(税込)でカーナビやバックアイカメラ、ETC、フロアマット、バイザーがセットになった「カーアクセサリーセット」を付けられます。

また、月々2,700円(税込)でタイヤ交換やバッテリー交換、ブレーキパッド交換、Vベルト交換、オイル類の交換などのサービスを受けられる「メンテナンスパック」を付けることも可能です。

このように、「カーコンカーリースもろコミ」のプランにはたくさんの魅力がありますので、カーリースの分割払いの利用を検討している方にはおすすめです。

人気カーリースを見る

関連する記事

リース車を傷つけてしまった!査定や減額、修理代金はどうなるの!?

自己所有、レンタカー、リース…車を所有する手段に限らず、車を運転している以上、傷やヘコミなどは常につきまとう問題です。リース契約している車を傷つけてしまったりヘコミが生じてしまった場合、査定に響いたりするのでしょうか?また修理にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか?

カーリースに手数料はかからない?カーローンとの違いを学んでお得に

車の購入時には初期費用がかかります。その中でも手数料についてよく理解できてないという人も多いのではないでしょうか?ここではカーローンを組んだ時にかかる手数料とはどんな費用か、また現在新しい車の乗り方として人気が高まる「カーリース」の手数料事情を交えてご紹介します。

カーリース利用中、残債があるのに乗り換えたくなったらどうする?カーリース利用中の疑問はここで解決!

カーリースをして乗り始めたはいいけど、カーリースした車がやはり自分には合わない事に気づいて乗り換えたくなった場合、どうすれば良いのでしょうか?今回は、そんな「残債が残っているけど乗り換えたい!」という時の事について考えます。

ガソリンスタンドで契約可能?人気のカーリースをご紹介!

今人気のカーリースサービスの中には、ガソリンスタンドで気軽に契約できるものもあります。また、ガソリンスタンドでメンテナンスサービスを実施していたり、ガソリン代を割引したりしているカーリース会社もあります。今回は、そんなガソリンスタンドでのサービスを充実させている、おすすめのカーリース会社をご紹介します!