カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの利用は引越しをしても継続可能?サービスの詳細について解説!

希望車種を「リーズナブルな価格で自由に乗りこなせる」として、個人向けカーリースの人気が高まっています。数年間のカーリース契約を結ぶことで利用者は車を購入することなくカーリース会社が利用者の希望する車種を手配してくれます。 しかし、数年間の契約期間中にライフステージが変わることも十分考えられますし、転勤や転職などで引越しをすることも予想されます。今回はカーリース契約期間中に、引越しを行う際に必要となる手続きを紹介します。

カーリースってどんなもの?新車購入やレンタカーとの違いとは?

簡単に説明すると「カーリース会社とカーリース契約を結び、リース会社の購入した車両を利用する」システムがカーリースです。

個人向けカーリースは契約時に利用者が希望した車種やグレードをカーリース会社が代理購入して、リース車両として利用者に貸し出すので、新車購入の場合、必要な頭金を用意することなく利用できます。

リース車両の所有者はカーリース会社で使用者が利用者の名義となりますが、リース期間中の車両維持に必要な手続きや費用負担の大部分をカーリース会社が行います。

車検費用、車両に対する各種税金や自賠責保険料まで、カーリース会社負担となる契約もあるのが、個人向けカーリースの人気が高まる理由の1つだと考えられます。

新車購入は一般的に自動車ローンを利用して行われますが、ローン完済まで車の所有者はローン会社となり、ローン中の車は正確には自分の車ではないと考えられます。使用者が利用者の名義になるのはカーリースと同じですが、車両維持費は全て利用者負担となります。

引越しをする際には購入した車両もリース車両も住所変更手続きが必要となります。ローン中の場合はローン会社、リースの場合はカーリース会社に引越し先の住所などを連絡し契約内容の変更を行わなければなりません。

カーリースの場合は、引越し先の車庫証明を取得すれば、住所変更手続きはカーリース会社が行うケースが大半ですので、車は購入するよりもリースしたほうが引越しなどの手続きを簡単に済ませられると言えるでしょう。

カーリースとレンタカーはよく似たシステムですが、レンタカーが1台の車を不特定多数の人が利用するのに対し、カーリースは契約者の専用車両として使用できます。

レンタカーのナンバープレートは一目でレンタカーであることが判りますが、カーリースは通常のナンバープレートを使用するので、車検証を確認しない限り、リース車両であることは判りません。

 

カーリースの契約期間とは?契約期間中に引越ししたらどうなる?

一般的な個人向けカーリースのリース期間は3年、5年、7年、9年の奇数年が設定されているケースが多く見られます。これは個人向けカーリースが新車を購入して提供されるサービスであることが理由だと考えられます。

普通自動車の自家用車は、新車登録時の登録車検で3年の有効期間が与えられ、その後の継続車検の有効期間は2年となりますので、上記の奇数年が一般的な個人向けカーリースの契約期間となります。

契約期間が長いため、リース期間中に引越しを行う可能性も十分に考えられますので、引越しの際には各種手続きを行う必要があります。

中古車のリース車両を利用したカーリースも存在し、中古車リースの場合は、最短契約期間が1ヶ月で、契約期間は1カ月単位で設定可能なケースが多いと言えるでしょう。

新車をリース車両にする個人向けカーリースと違い、中古車リースは車検の有効期間に縛られることなく、フレキシブルな対応が期待できると言えます。

新車のカーリースよりも契約期間が短いので、引越しの可能性は低くなりますが、リース期間中に引越しをする場合は手続きが必要となります。

新車のカーリースは自動車ローンに近く、中古車カーリースはレンタカーのシステムに近いと言えるでしょう。

新車の場合も、中古車の場合も、リース期間中に引越しするにあたっては、カーリース会社に連絡してリース契約の記載内容を引越し先に変更し、車検証の住所も引越し先に変更するなど、引越しによって発生する各種変更手続きを行う必要があります。

次項では、車検証の住所を引越し先へ変更する際に、必要となる引越し先での車庫証明の取得方法を紹介します。

 

カーリースの契約期間中に引越しなどで保管場所を変更する際の手続き方法

引越しをすると車検証に記載される住所変更の手続きが必要となり、この手続きには車庫証明が必要となります。車庫証明は引越し先の駐車場の所在地を管轄する警察署で、次の流れで手続きを行い、発行を受けます。

1. 警察署の窓口で「車庫証明申請書類」をもらい、必要事項を記入後、印紙を張って申請します。
2. 後日、警察官や調査員による駐車場の現地調査が行われます。
3. 調査結果に問題が無ければ、後日車庫証明が交付されます。

引越し先での車庫証明の交付は上記の3つの流れで行われるので簡単ですが、車庫証明交付は次に挙げる条件を満たす必要があります。

・引越し先の駐車場が既に他の車両の保管場所として登録されていないこと
・引越し先が賃貸駐車場の場合、駐車場所有者か管理者が賃貸契約を証明すること
・引越し先から半径2km圏内にある駐車場であること

引越し先の駐車場が上記の条件を満たせば、引越し先の警察署で車庫証明が交付されるのでカーリース会社に郵送や持ち込みで車庫証明を提出すれば、車検証の住所変更手続きはカーリース会社が行ってくれます。

カーリース会社によっては車庫証明の取得の代行まで行うケースもありますので、引越しの前にカーリース会社に引越し先の住所などを伝えて確認してみると良いでしょう。

 

引越し後も乗り続けられる!おすすめのカーリース会社をご紹介

引越しをカーリース会社に連絡するだけで、車両の住所変更手続きもカーリース会社が行ってくれる便利な個人向けカーリースのサービスを提供するカーリース会社を3社選んで紹介します。

オリックス自動車

一般的な個人向けカーリースは契約期間終了まで乗換えや返却はできませんが、オリックス自動車の5年契約プラン「いまのりくん」は2年を経過すれば、乗換えや返却が可能なプランです。

月々のリース料金を抑えられる7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」も人気が高く、契約期間中は定期的に車検無料クーポンやエンジンオイル、オイルエレメント交換券がプレゼントされます。

コスモスマートビーグル

全国のコスモ石油のくるまの相談室で提供されるカーリースプラン「Myカーリース」は予算に合わせて次の3つのパックを選べます。

・「ホワイトパック」車両購入費用など最小限のサービスで低価格なパックです。

・「シルバーパック」車検や整備、自動車に関わる税金や自賠責保険などの標準的な維持費用が含まれるスタンダードなパックです

・「ゴールドパック」諸々の維持費用にロードサービスなども付帯するパックです。

契約期間中のリース車両へのコスモ石油での給油は加入プラン毎に1Lあたり以下の割引料金が月間100Lまで適用されます。

・ゴールドパック「5円割引」
・シルバーパック「3円割引」
・ホワイトパック「1円割引」

カーコンカーリースもろコミ

カーコンビニ倶楽部の提供するカーリースプラン「もろコミ」は名前どおり車両購入費用や車検、自動車に関わる税金や自賠責保険などの費用が含まれます。7年契約の「もろコミ7」、9年契約の「もろコミ9」は月々のリース料金が抑えられる人気のプランです。

なお、残価設定を行わないもろコミでは、リース期間終了時に、リース車両を利用者にプレゼントする驚きのサービスも提供しています。

2019年1/1(火)~3/31(日)の期間中に、全国のもろコミ販売店で「もろコミ7」または「もろコミ9」を成約すると「もろコミ7、9(※特選車を除く)ご成約特典」としてガラスコーティング剤「スパシャン」、車載用防災セット「Refill Box 24」、ドライブレコーダー、キズへこみ保証クーポンがプレゼントされます。

また2019年1/1(火)~3/31(日)の期間中にWEB申し込みで、もろコミ7の「特選車」を成約すると「もろコミ7の「特選車」ご成約特典」として折りたたみ電動アシスト自転車、キズへこみ保証クーポンがプレゼントされます。

※上記特典の内容は予告なく変更、終了する可能性があります。
人気カーリースを見る

関連する記事

月々一万円からの料金で利用できる!おすすめのカーリースの業者をご紹介

新車を借りてマイカーのような感覚で長期間利用できる個人向けカーリースサービスが人気です。いろいろなカーリース会社がお得な料金でサービスを提供しています。カーリース会社の中には、月々一万円からの料金プランを用意している会社もたくさんあります。今回は、月額一万円からの料金で利用できるおすすめのカーリース業者をご紹介したいと思います。

いまさら人に聞けない!?カーリースの基礎知識と用語集!

最近注目の車の利用法でもある「カーリース」。これまでは、車を購入したり、カーシェアをしたりといった利用法が一般的ではありましたが、料金面などのメリットから、カーリースを選ぶ人が増えています。 そんなカーリースですが、知らない人にとっては、気にはなるけど、内容がよくわからないサービスかもしれません。今回は「カーリース」に関する基礎知識や用語について解説します。