カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの利用者が年々増加!なぜカーリースは需要があるのか?その理由や魅力について解説

昨今のマーティング動向を観察すると、物は「買うもの」という考え方から、「借りるもの」という考え方へシフトしている様子が伺えます。そして今、車も「所有するもの」から「借りて使用するもの」として、カーリースへの需要が高まってきていることをご存知でしょうか。 カーリース業界は現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しています。今回は、そんなカーリースの人気の秘密を探り、その需要や魅力について解説します。

個人向けカーリースの認知が拡がるにつれて、契約台数も右肩上がり!

某マーケティング会社が発表したカーリースの需要動向調査によると、2016年度末現在のカーリースの車両保有台数が、前年度末比較で約3.5%増の347万2,273台となり、5年前の年度末から6年連続の需要増となったと報告しています。

報告の中では、カーリースの法人市場においては、社用車の台数は減少傾向にある反面、社用車のリース化が進んでいるので、今後も法人のカーリースへの需要増は益々向上するとの予測もされていました。

一方、マイカーリース市場は、需要の高まりはあるものの保有台数は、2016年度末現在で20万7,308台に止まり、まだまだ国内での普及率は低いとも報告しています。

しかし、新車の販売台数が伸び悩んでいる中で、カーリース業界全体の広告宣伝効果もあり、認知度も向上して、個人マイカーリースの契約台数は右肩上がりに伸び続けています。マイカーリースの市場は、今後も需要拡大によって一気に広がっていくというのが大方の予想です。

一昔前までは、免許をとったら中古でもいいから「とにかく車を所有したい」という考え方が若者文化の主流でしたが、現代の若者は「車離れが顕著」になってきているという報告も出ています。

しかしそれは、決して「車に乗りたくない」というわけではなく、車にお金をつぎ込みたくないという現代の若者の堅実な姿勢が反映しているとみられています。

現に、車の非保有者のうち、4割強の若者が車の使用価値に対して「関心がある」と答えており、その使用方法もレンタカーやカーシェアが多くを占めていました。

別の統計では、「自分で車を所有する煩わしさから解放されたいというニーズの増加により、カーリースの需要が高まっている」と報告されており、「煩わしさからの解放」こそが、カーリースの需要を掘り起こすキーワードといっても過言でないでしょう。

なぜなら今後のカーリース業界は、このような若者世代をターゲットにしたアプローチを展開してくることが容易に想像できるからです。

次項では、今後一層の需要が見込まれるマイカーリースのサービス内容、メリット、魅力について解説し、その真相に迫っていきたいと思います。

 

需要が高まるマイカーリースを選ぶメリットとは?

カーリースは、リース会社がユーザーの希望する車を代行購入し、リース契約期間中は利用者専用の車として管理提供してくれるというサービスです。リース契約期間は、リース会社によって若干の違いあるももの、3年から5年に設定するのが一般的となっています。

ユーザーはリース会社との事前の交渉で希望の車を選定し、リース期間や契約プランを決定するだけで、あとの面倒な手続きはリース会社が全部引き受けてくれます。ですから、自分で車を購入するよりは、煩わしさのハードルがぐっと低くなります。

さらに煩わしさのハードルを下げてくれる要因として、月々支払うリース料金に自賠責保険料、自動車税、車検やメンテナンスに関わる諸経費まで全て含まれている点が挙げられます。

車の管理やメンテナンス面でも非常に楽になり、自分で車を購入する時のように、頭金を用意する必要もありません。毎月の支払いも一定額に均一化できるため、気軽に申しこめて家計の管理にも優しいという大きなメリットが生まれます。

このように、その都度発生する車検料やメンテナンス料、諸経費をリース料金の中に含めると、通常であれば、月々の支払いの割合は高くなります。

しかし、それを抑えてくれる仕組みがカーリースにはあります。それは「残価設定」という仕組みです。

残価とは、リース期間満了時点でのユーザーが所有する車の価値のことを表します。リース料金は、この残価を設定し、その分を差し引いた残りの額で、金額が決定されています。

カーリース会社によっては、この残価の仕組みをうまく利用して月々の支払いをもっと安くなるように工夫して会社もあるようです。

カーリース需要を引き寄せる最大の魅力は、カーリース会社が面倒な手続きを一手に引き受けてくれる「徹底した煩わしさの排除」にあるといえます。

 

カーリースは便利な一方、制限や注意点も

前項で解説したように、カーリースは費用対効果面で大変便利なシステムで、至れり尽くせり感が強いサービスですが、当然デメリットもあります。

一つ目は料金面でのデメリットです。カーリースは初期費用もかからず、お得な料金設定になってはいますが、リース料金をリース期間の月数で掛けてコストを計算すると、銀行ローンと比べて割高になる傾向があるのです。

これは銀行のマイカーローンの金利次第では、カーリースの方がお得になるケースの場合もあるので一概に言えませんが、購入かカーリースかで迷うようであれば、予め試算して検証してみるものいいでしょう。

またカーリース契約には、予め走行距離の制限があります。一般的には、ひと月の走行距離は1,000kmから2,000kmで設定されていることが多いよう。オーバーした場合には、1kmから所定の違約金が請求されます。

これはリース期間満了後の清算時の事項なので、事前に普段の活動を想定して走行距離をシュミレーションしたり、一定の期間が経過した所で検証してみたりするのもいいかもしれません。

また、リースの場合は、一旦契約すると中途解約ができないというデメリットがあります。もしも解約という事態になったら、残りの期間のカーリース料金を一括で返済する必要があるので、注意が必要です。

さらに、これは車マニアの方に特化した注意事項になるかもしれませんが、リース期間中に勝手な改造などはできないという規定があります。

ただし、リース期間満了後は買いとって自分の車にするような場合は、リース期間が終わった後であればカスタマイズは自由です。これも現代の若者の志向として、車に対しての安全性や耐久性を重視する声が多いことを考えると、さほどネックにはならないかもしれません。

 

カーリースの需要はさらに高まる?今後の展開にも期待!

ここまで、需要のすそ野を広げつつあるカーリースのサービスや魅力について解説してきました。冒頭でご紹介したように、車への価値観は「所有するもの」から「使用するもの」へと変遷を遂げています。

カーリース業界も、今後益々サービスの形や仕組みを変え、競いあって切磋琢磨しながら展開していくことが予想されます。

車社会におけるサービスの形として、すでにレンタカーやカーシェアの普及が著しく伸びています。もうすでに、カード決済だけで短期間に車を何回でも乗り換えられる新しいタイプのカーリースのサービスが始まっているようです。

カーリースのさらなる需要を見込みながら、アイデア勝負で進化し続けるカーリース業界の今後の展開が楽しみです!

人気カーリースを見る

関連する記事

エコカー減税って何?カーリースでエコカーに乗ってお得にドライブを楽しもう

自分で車を買うときには車の性能、燃費などを良く吟味するはずです。しかし、カーリースの場合はどうでしょうか?カーリースでつい見逃してしまいがちなのが、エコカー減税の対象車かどうかというポイントです。実は、エコカーなら、最大3種類もの税金が免税になります。この記事では、エコカー減税の仕組みなどを詳しく説明します。

カーリースで最高級セダン“クラウン”に乗り換えよう!おすすめのカーリース会社もご紹介!

クラウンといえばトヨタの最上級セダンで日本を代表する車でもあります。2018年に新型モデルが発表され、従来の重厚さと高級感はそのままに若々しい魅力もプラスされました。 先進のコネクティッド機能も搭載され、車好きの注目を一身に集めているといっても過言ではないでしょう。実は、こういった高級車こそ、まとまった初期費用なしで新車が利用できるカーリースがおすすめなのです。ここでは、その理由をじっくりとご説明しましょう。

カーリースとは?初心者の疑問を解決!

リード文:自分の車が欲しいなと思うことはありますか?しかし、家のローンや保険料などで金銭的な余裕がないという方は、車の購入を躊躇してしまうのではないでしょうか。 車は買うだけでなく、買った後も維持費などで多額のお金がかかるものです。最近では、経済的な面から、車の購入ではなくカーリースを選ぶ方も増えています。 この記事ではカーリース初心者さんのために役立つ、カーリース初心者さん向けの内容をご紹介していきます。 「カーリースって何?」「どこの会社がおすすめ?」など、カーリースの初心者の方が気になっているであろう、初心者向けのいろはを詰め込みましたので、これを読んで素敵なカーリースライフへのきっかけにぜひ役立ててください。

無免許の人でもカーリース利用は可能?さまざまなケースをご紹介!

一般的に周知されつつあるカーリースですが、まだまだ、その詳しい仕組みはよく知らないという方も少なくありません。車を購入するのと、どんな違いがあるのでしょうか?購入より手続きや条件が複雑なイメージがありますが、実際どうなのでしょうか。 また、ここではカーリースをする際に「もしも免許をもっていなかったら?」というケースも紹介します。無免許なのに車を手に入れるというのは、どういうことなのでしょうか。実はこの状況は誰にでもあり得ることなのです。今はその状況になくても、万が一の時に役立つ情報として知っておきましょう。