カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの契約期間はどれくらい?中途解約はできる?

月々の料金を支払うことで車を借りられるカーリースのサービスが人気を集めていますが、カーリースの契約期間はどれくらいの長さで、契約期間の途中での解約はできるのでしょうか?徹底解説します。

タイトルアイコン

生活スタイル変化にも柔軟対応!車に乗るならもろコミ

カーコンビニ倶楽部が提供するもろコミなら、一定期間を過ぎれば中途解約・乗り換えもOK!自由設計で自分に合ったプランで契約できる!安心のカーリースならカーコンカーリースもろコミがおすすめです。

購入せずに希望するリース車と使用権を借り受けて車両を利用するカーリース

車両購入をせず希望どおりのメーカーやモデル、オプション装備やボディカラーの新車を利用できるのがカーリースで、利用者メリットの多い車両調達手段として評価され近年多くの利用者が従来型の購入する車両調達からカーリースにシフトする現象がみられます。

カーリースは契約者の希望車種をカーリース会社が代理購入し、契約期間のあいだカーリース会社から車両本体と使用権を契約者が借り受けて利用するシステムで、既述のとおり購入せずに希望どおりの新車を手に入れられるのが魅力です。

車両購入と異なるのは契約期間が満了するとカーリース会社にリース車両を返却する必要がある点で、契約者は契約期間限定でリース車両を使用することができます。

契約期間限定でリース車両を利用できるカーリースのシステムでは「契約期間」が非常に大きな意味を持ちますので、カーリースの契約期間を深堀りしながら紹介します。

 

カーリースの契約期間はどれくらい?

カーリースの契約期間はどれくらいなのでしょうか?

結論から言うと、契約期間はカーリース業者や契約プランによって様々です。以前は5年や7年などの長期のカーリースが一般的でしたが、今では1か月や半年、1年などの短期のカーリースを行なう業者も多く存在しています。

自分がどれくらいの契約期間を希望するかによって、カーリース業者や契約プランを決定することができます。一般的に言って、短期のカーリースは中古車のリースであることが多いです。対して、数年に及ぶ長期のカーリースは新車を貸し出すサービスである場合がほとんどです。

カーリースではリーズナブルな月額料金実現のために長期契約を結ぶのが一般的

カーリースは頭金なしの月額料金でリース車両を利用できる自動車のサブスクサービスですが、月額料金の大部分はカーリース会社が代理購入した車両調達費の償却費用が占めていて、新車リースではリーズナブルな月額料金実現のために複数年契約が結ばれるのが一般的です。

新車リースを提供するカーリース会社では5~9年の契約期間を設定し、60~108回の月月額料金を支払うことで頭金なしで高額な新車をリーズナブルに利用できるようにしています。

5~9年間の契約期間が長いと感じる場合はカーリース契約時に交渉すれば契約期間を短縮することも可能ですが、短い契約期間でも車両調達費を償却する必要があるので月額料金が高額になります。

カーリース会社が設定する5~9年の契約期間はリーズナブルな月額料金の実現とリース車のモデルサイクルなど非常に多くの要素を踏まえた上で、最も利用者メリットが発生すると考えられる期間を算定したものだと捉えるべきでしょう。

 

カーリースは中途解約できる?

カーリースは契約期間の途中で解約することはできるのでしょうか?基本的に、カーリース契約の中途解約は認められていません。

もちろん、解約する正当な理由がある場合には、業者が中途解約を認めてくれるケースがあります。「重い病気になって車に乗れなくなってしまった」「海外に転勤になってしまった」「リース料金を支払い続けることが難しくなってしまった」など、契約期間中にカーリースの利用の継続が困難になる状況というのは様々に考えられます。

ちなみに、事故などでリース車を全損させてしまった場合、サービスの継続利用が不可能になるため、強制的に解約になるケースが多いようです。

ただし、中途解約をした場合、特にまだ契約期間がかなり残っている段階で中途解約をした場合、高額な費用が必要になります。残りの契約期間のリース料金全額を支払わないといけないケースが多いからです。

さらに、車を全損させて解約する場合には、残りのリース料金に加えて契約時に設定した車両の残存価格(残価)も支払わなければなりません。

しかも、解約に伴う費用は基本的に一括で請求されます。もちろん、業者によっては数回に分けて支払うことも可としてくれるかもしれませんが、ローン払いのように数年にわたって毎月少しずつ支払っていく方法をとるのは難しいでしょう。

契約期間中に車両乗り換えが難しいのがカーリースのデメリットと言われている

カーリースで実現するカーライフをより充実したものにするためには「ライフステージに合わせた理想的な乗り換え」を行いたいものですが、カーリースの契約期間中は基本的に中途解約できないため自由な乗り換えが行えないのも事実です。

従来のカーリースでは契約期間中に乗り換えを行うために新たなカーリース契約を結ぶ必要があったため、いくらカーリースがお得な車両調達手段でも複数台のカーリース契約を維持すると経済的負担は決して小さくなく、契約期間中の乗り換えは非現実的でした。

カーリースを利用したカーライフは自由度が低いと言う理由でカーリースの利用に難色が示されるケースも存在しますが、利用者ニーズの高まりに応えるように自由度の高いカーリースサービスも登場しているのでサービスを選べばカーリースでも自由度の高いカーライフを実現することは可能です。

このように、カーリースを契約期間中に解約すると、大きな金銭的な負担がかかります。カーリースを契約する時、特に長期のカーリースを申し込む際には、解約しなければならない状況が発生するリスクについてよく考えるようにしてください。

ただし、長期のカーリースの契約プランの中には、契約期間がスタートしてから一定の年数経過後に違約金なしで中途解約ができるものも存在します。解約について不安を感じる方は、そうした契約プランを提供している業者を選ぶと良いでしょう。

たとえば、カーコンビニ倶楽部が提供している「カーコンカーリースもろコミ」は一定の年数が経過すれば中途解約できるカーリース会社です。

カーコンカーリースもろコミは7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の二種類のリースプランで頭金0円で利用できるお得なメンテナンスリースの新車リースを月額料金で提供しています。

もろコミは契約期間満了時に利用中のリース車両が契約者にプレゼントされるお得なカーリースサービスとして知られていますが、「もろコミ7」も「もろコミ9」も契約期間が一定年数経過すると車両返却や乗り換えが行えるリースプランである側面も持っています。

具体的には「もろコミ7」は契約開始から5年、「もろコミ9」は契約期間から7年が経過すれば車両返却や乗り換えが可能となり、車両返却や乗り換えを行わず契約期間が満了すれば満了時にリース車両が契約者にプレゼントされます。

 

契約期間別にカーリース業者をご紹介!

ここで、契約期間別におすすめのカーリース業者をご紹介していきます。

短期のカーリース業者

ワンコインリース

中古車販売時に下取りした車両をリースに利用することによって、低価格のサービスを実現しています。事前に車両の点検・整備を実施しているので、中古車とはいえ、安心して利用することができるでしょう。

料金は車種やグレードによって月々16,200円からとなっており、リース料金には「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検工賃」が含まれています。契約時に「名義変更費用」として41,040円が必要になります。

契約期間は最短で1か月からです。全国的に貸出店舗があり、リース契約は貸出店舗と個別に行ないます。

リボーン・カーリース

中古の軽自動車が中心ですが、普通車やワンボックス、ミニバンなどのリースも行なっています。車種などによって、月々16,200円から、月々22,680円から、月々29,160円からの3つ価格帯を用意しています。

リース料金には「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「納車前の整備点検費用」などがコミコミとなっており、最短契約期間は1か月です。北海道、東北、東海、近畿、四国と広い地域にわたって店舗を構えています。

長期のカーリース業者

定額ニコノリパック

新車を月額10,800円からの料金でリースすることができます。月額21,600円や月額32,400円の車種も用意しています。

リース料金には「車両価格」のほかに「各種登録費用」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「車検代」「新車1か月点検の費用」「新車6か月点検の費用」「エンジンオイル交換費用(計9回)」「ウォッシャー液補充費用」「バッテリー液補充費用」「クーラント液補充費用」などが含まれています。

リース期間中、ガソリン代が1リットルあたり5円引きになるサービスも付きます。

契約期間は5年間で中途解約は基本的にできません。やむを得ない事情で解約する場合には、違約金が必要になります。

契約期間終了時には、契約を延長して同じ車を継続して利用することもでき、リース車を買い取って自分の物にすることも可能です。もちろん、車を返却して新しく別の車をリースすることもできます。

カーコンカーリースもろコミ

「残価設定なし」でリース期間終了時の清算がない「クローズドエンドリース方式」の新車のリースサービスを提供しています。

カーリースでは契約期間終了時に返却車両の査定が実施され、車両のコンディションが悪いと清算金として追加料金が発生するのが一般的ですが、「もろコミ」の場合はそのような心配がありません。契約終了時に車をもらえますので、車を返却する必要さえないのです。

リース料金はボーナス併用払いで月々8,000円からと非常にリーズナブルです。料金には「車両価格」のほかに「車両登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」が含まれています。リース期間中の「車検基本料金」と「印紙代」が無料になるクーポンも特典として付きます。

契約期間が7年間の「もろコミ7」と、契約期間が9年間の「もろコミ9」の2つのプランを用意しています。

どちらのプランも契約期間終了時の2年前から違約金なしで乗り換えや返却ができるシステムになっています。つまり自由に解約ができるようになるのです。中途解約のリスクについて心配する方にとってはとてもありがたいサービスと言えます。

また、2018326日より残価設定ありの「もろコミプラス」も提供されますので、さらに選択の幅が広がるといえるでしょう。

 

ライフスタイルに合わせたカーリース契約をするなら断然カーコンカーリースもろコミがおすすめ

希望どおりのメーカーやモデル、オプション装備やボディカラーの新車を月額料金で利用できるカーリースは非常に魅力的な車両調達手段だと言えますが、なかでも残価設定0円のクローズエンド方式で月額料金を算定し契約期間満了時にリース車両がもらえるカーコンカーリースもろコミは非常に魅力的なカーリースサービスといえるでしょう。

またメンテンスパックを追加すれば契約期間中に必要な消耗部品の交換費用も直接負担する必要がありませんので、契約期間中に理想的なカーライフを実現できること請け合いです。

頭金0円で月々定額の料金を支払えば希望車種を新車で手に入れられるうえに、契約期間中の維持費用の直接負担が不要、そして一定期間が過ぎれば途中解約も可能などカーコンカーリースもろコミの「もろコミ7」と「もろコミ9」は数あるカーリース会社の中でもおすすめのカーリース会社と言えます。

事実、カーコンカーリースもろコミを提供するカーコンビニ倶楽部が独自で契約者に調査したところ、「すべて満足」「ほとんどの点に満足」「ある程度の点に満足」と答えた方は97%に上ると発表しています。それほど魅力のあるカーリースサービスであるということが分かります。

今回はカーリースの契約期間がどれくらいなのかを見てきました。契約期間の長さは、業者や契約プランによって様々でした。

つまり、これはユーザー側が自分のライフスタイルに合わせて柔軟にカーリースサービスを選択できることを意味しています。

以前より業者やプランの選択肢が増えて、カーリースはますます利用しやすいサービスとなっています。是非、自分に合ったカーリースサービスを選択するようにしてみてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースで中古車も選べる!中古車をリースする際の注意点と絶対知っておくべきこと3選

カーリースでは新車以外に中古車もリースすることができます。当然、新車をリースするよりもリース料金が安くて済みますが、あくまで中古のため新車とは多少異なる点がいくつかあります。メリット・デメリットや新車との比較、中古車をリースする際に押さえておきたいポイントについて解説をします。

カーリースで一番安いところを調べるためにはどんな方法がある?

個人向けのカーリースは、数多くの会社が事業を展開している状況にあり、利用者としてはどれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。人によっては、料金で選ぶ人もいますし、サービスやオプションなどで選ぶ人もいます。今回は、特に料金にフォーカスして、安くカーリースを利用できるところはどこなのかについて解説していきます。