カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの契約終了後の再リースは可能?

カーリースでは3年、5年、7年などの契約期間が明確に決まっており、契約期間が終了すると、基本的には車を返却することになります。しかし、リースした車を気に入って、契約終了後も乗り続けたいと思うことがあるかもしれません。契約期間が終わった後に、同じ車を再リースすることはできるのでしょうか?

カーリースの契約終了後の再リースは可能か?

結論から申しますと、リース期間終了後の再リースが可能かどうかは、カーリース会社や契約プランによって異なります。ただ、再リースができるようにしている契約プランは数多くあります。

カーリースの契約期間は数年に及びますから、長く車に乗っているうちに、車に愛着が生まれ、契約期間が終わった後も、もう少し乗っていたいという人は少なくないようです。ですから、契約上再リースが可能になっていたら、それは嬉しいポイントになるでしょう。

 

再リース後のカーリースの料金はどのように決まるのか?

再リース後のカーリースの料金はどのように設定されるのでしょうか?

まず、そもそも契約開始時のカーリースの料金がどのように算出されるかを見てみましょう。

一般的な個人向けのカーリースでは、契約期間終了時点でのリース車両の下取り価格(残価)がどのくらいになっているかを見積もります。これを「残価設定」と呼びます。そして、この「残価」を「車両価格」からあらかじめ差し引きます。

この金額には「登録諸費用」「自動車取得税」の他に契約期間分の「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検代」が上乗せされます。

さらに、契約プランによっては「整備点検費用」「オイル交換費用」「消耗部品交換費用」などのメンテナンスもサービスに含まれますので、そうした費用もプラスされます。また、カーリースの料金には「金利」も掛けられます。

このように「車両価格」に諸々の費用を上乗せした合計金額を、契約月数で割った金額が、最終的に月々のカーリースの料金として設定されます。

では、契約終了後に車を再リースした場合、その後の料金はどのようにして決まるのでしょうか?

再リースの月々の料金を設定する上で、「再リース残価」が設定されます。再リース期間終了後の車の価値がどれくらいになっているのかを予想して設定するのです。

そして、最初の契約時に設定した「残価」から「再リース残価」を差し引きます。その金額に、再リース期間中に生じる「各種税金」「メンテナンス費用」「金利」などを計算して上乗せし、再リース期間の月数で割ることで、再リースの月々の料金が決まることになります。

「再リース残価」は非常に少ない額になる場合があります。また、再リース期間のメンテナンス費用は高く見積もられる可能性も考えられます。こうした事情ゆえに、再リースの月々の料金は意外と高くなる場合がありますので、注意が必要です。

 

再リースが可能かどうかをカーリース会社別に徹底調査!

リース期間終了時に、契約者に再リースを含めてどんな選択肢が用意されているかを、カーリース会社別に調べてみました。

オリックスカーリース

・いまのりくん(5年契約):車を返却しなければならない
・いまのりセブン(7年契約):車をもらえる
・いまのりナイン(9年契約):車をもらえる

コスモスマートビークル

・返却プラン(クローズドエンド契約):「再リース」「返却」の中から選択可能
・買い取りプラン(オープンエンド契約):「買い取り」「再リース」「返却」の中から選択可能

定額ニコノリパック

・「買い取り」「再リース」「別の車でリース」「返却」から選択できる

カーコンカーリースもろコミ

・もろコミ7(7年契約):「車をもらう」「別の車でリース」「返却」から選ぶことができる
・もろコミ9(9年契約):「車をもらう」「別の車でリース」「返却」から選ぶことができる

リボーン・カーリース(中古車リース)

・「買い取り」「再リース」「別の車でリース」「返却」から選択可能

ニコリース(中古車リース)

・「再リース」「返却」から選択できる

※再リースの場合、更新手数料として10,000円が必要

このように見ていきますと、契約期間終了後に再リースできるようにしているカーリース会社はいくつもあります。また、車をそのままもらえるようにしているカーリース会社もありますね。

 

おすすめのカーリース会社!

最後に、契約終了後も同じ車に乗り続けられる、おすすめのカーリース会社の特徴についてご紹介します。

定額ニコノリパック

先程ご説明した通り、「定額ニコノリパック」では、リース期間終了後も同じ車に乗り続けたい場合は、車を買い取ったり、車を再リースしたりすることが可能になっています。

「定額ニコノリパック」の契約期間は基本的に5年間となります。

カーリースの料金には「車両価格」「各種登録費用」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「車検代」「点検費用」「エンジンオイル交換費用」「ウォッシャー液補充費用」「バッテリー液補充費用」「クーラント液補充費用」が含まれています。

契約期間中にガソリン代が1Lあたり5円引きになる特典も付いています。

メンテナンスサービスを充実させたい方は、「ライトプラン」(月額2,160円)、「バリュープラン」(月額3,240円)というメンテナンスパックを付けることも可能です。

カーコンカーリースもろコミ

「カーコンカーリースもろコミ」のプランでは、再リースはできませんが、契約終了後に車をそのままもらうことができますので、気に入った車に乗り続けることができます(もちろん、車が不要という方は返却することも可能です)。

車をもらう際の追加料金はありませんので、非常にお得なサービスです。しかも、月々の料金は「月々税込8,000円~」と非常にリーズナブルで、頭金も不要です。

「カーコンカーリースもろコミ」には7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の2つのプランがあります。どちらのプランでも契約期間終了の2年前から自由に車の乗り換えや返却(中途解約)ができるようになります。

一般的なカーリースでは基本的に中途解約はできませんので、「カーコンカーリースもろコミ」ならではのうれしいサービスと言えますね。

月々のカーリースの料金には「車両代」「自動車取得税」「各種登録費用」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検基本料」が含まれています。

メンテナンスサービスを充実させたい場合には、「メンテナンスパック」(月額2,700円)を付けることもできます。

「エンジンオイル交換」「タイヤ交換」「バッテリー交換」「ブレーキパッド交換」「Vベルト交換」などの充実したメンテナンスサービスを受けることができます(軽自動車のみ適用可)。

また、現在(4月16日現在)カーコンカーリースもろコミでは、ガソリン1Lにつき20円キャッシュバック(毎月最大2,000円)のキャンペーンが行われています。気になる方はぜひ、公式サイトをチェックしてみてください。

ここで、おすすめのカーリース会社を2社取り上げました。こうしたカーリース会社では、リースした車を気に入ったり、愛着が湧いたりした場合に、契約終了後もその同じ車に乗り続けることができます。

カーリース会社を選ぶ際には、再リースが可能か、再リースできなくても同じ車に乗り続ける方法を用意しているかという点も考慮に入れるとよいでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事