カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの契約終了後はどうすれば良い?カーリース会社ごとのパターンをご紹介!

カーリースの契約終了後、使用していた車はどうしたらいいのでしょうか?今回は、カーリースの契約終了後に利用者にどんな選択肢があるのかを解説致します!

カーリースした車の所有者は誰になる?

まず、カーリースの基本的な仕組みについておさらいしましょう。

カーリースとは、毎月のリース料を支払うことで車をカーリース会社から貸し出しもらう仕組みのことです。利用者が希望する車をカーリース会社がディーラーから調達して、3年や5年、7年などの決められた期間貸し出します。

個人向けのカーリースでは、契約終了後における車の予想価格を設定し、その金額を車両価格からあらかじめ差し引くのが一般的です。これを「残価設定」と言います。つまり、利用者は車両価格全額を負担するわけではないため、月々のリース料を安く抑えることができます。

リースした車の所有者はカーリース会社です。これは契約期間中変わることはありません。車検証の所有者欄にもカーリース会社の名前が記載されます。利用者の名前は使用者欄に記載されることになります。

各種税金の支払いや車検の手続きは、車の所有者であるカーリース会社が行ってくれます。契約の種類によっては、整備点検や消耗部品の交換などのメンテナンスもカーリース会社にお任せすることが可能です。

ただし、これらの費用は月々のリース料に上乗せされることになります。なお、リース料には金利分も加算されています。

 

カーリース契約終了後、車はどうなる?

先ほど、リースした車の所有者はカーリース会社であることを確認しました。では、契約終了後、車はどうなるのでしょうか?

一般的に言って、カーリースの契約終了後には、利用者に下記の4つの選択肢が与えられます。

1 契約を延長する

同じ車のリースを契約終了後も続けたい場合には、新たにリース期間を設定し、契約を延長することができます。その場合、当初設定していた残価を車両代とし、新たな契約期間が終了した時点での残価を改めて設定し、その差額がリース料を算出する元になる金額となります。

2 車を乗り換える

リースしていた車を返却し、新たに別の車でリース契約を結ぶことで車を乗り換えることができます。返却した車については査定が行なわれ、査定額が残価を上回った場合にはキャッシュバックをしてもらえたり、新しいリース契約の料金の支払いに充てられたりしますが、査定額が残価を下回った場合には差額分を請求されることになります。

3 車を買い取る

契約終了後にリースしていた車を買い取ることができます。買い取るには車の残価分を支払うことが必要になります。残価の他に、所有権変更のための事務手数料やリサイク料金などの諸費用を請求されることもあります。

4 契約を終了する

車をカーリース会社に返却して契約を終了します。返却した車については、査定額と残価の差額精算が実施されることになります。査定額が残価を上回ればキャッシュバックを受けられ、下回れば不足分を請求されます。

以上の選択肢を見てわかる通り、カーリースの契約終了後は必ず車を返却しなければならない訳ではありません。リースを継続したり、車を買い取ったりすることもできるのです。

※契約の種類によっては、1と3の選択肢は不可となっている場合もあります。

 

カーリースの契約終了後に“車がもらえる”のはこんなケース!

前の項目で契約終了後に4つの選択肢があることについて見ました。残価で買い取ることで、リースした車を自分のものにできることが分かりましたね。

でも実は、契約終了後に車をそのままもらえるケースもあります。例えば、「カーコンカーリースもろコミ」と「オリックスカーリース」は契約終了後に車をもらえるサービスを提供しています。

カーコンカーリースもろコミ

「残価設定なし」のカーリースを提供しています。残価設定が0円ですので、契約満了後に車をそのままもらえますし、車の査定で精算金が発生する心配もありません。

契約プランとして、7年リースの「もろコミ7」と9年リースの「もろコミ9」の2つがあります。「もろコミ7」では契約から5年後から、「もろコミ9」では契約から7年後から、原則として解約金なしで車の返却や乗り換えができるようになります(返却車両の損耗状況により、請求が発生する場合があります)。

今ならガソリン1ℓあたり20円(毎月最大2,000円まで)のキャッシュバックを受けられるお得なキャンペーンを実施中です。

※キャンペーンは2018年4月1日から2018年9月30日(日)までに、カーコンカーリースもろコミのWEBサイトまたは販売店よりお申込みのうえ、販売店でご契約の方が対象となります。キャンペーンの詳しい内容はカーコンカーリースもろコミHPかもろコミ販売店でご確認ください。

オリックスカーリース

5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」という契約プランを用意しています。

「いまのりくん」の場合は契約終了後に車を返却しなければなりませんが、「いまのりセブン」と「いまのりナイン」では契約終了後に車を無償でもらうことができます。

「いまのりセブン」では契約から5年後から、「いまのりナイン」では契約から7年後から、自由に車の返却や乗り換えをすることが可能になります(返却時の車の損耗状況により、請求が発生する場合があります)。

 

カーリースの契約終了後に車をもらうのと、購入ではどっちがお得?

カーリースの契約終了後に車をもらうのと、車を購入するのでは、どちらがお得なのでしょうか?

契約終了後に車をもらえるカーリースは7年や9年などの長期に及びます。長期間に継続して支払っていくリース料の総額は、車をローンで購入して自分でその都度税金の支払いや車検の手続きをする場合にかかる総費用よりも高くなります。

なぜなら、契約期間が長いとそれだけ金利も長く支払うことになりますし、カーリースの金利はリース料の中の車両価格以外の部分にもかかってしまうからです。ですから、費用の大きさの観点からすると、車を購入する方がお得と言えるでしょう。

しかし、カーリースの場合は、毎月定額のリース料に各種税金や車検代、メンテナンス代なども含まれているため、その都度お金を別に用意する必要がありません。毎月の支払額フラットになりますので、家計のやり繰りがしやすいというメリットがあります。

また、税金の支払いや車検の手続き、オイル交換、消耗部品の交換などをカーリース会社にお任せすることが可能ですので、車の維持管理が非常に楽になるというメリットもあります。面倒な手間を省くことができ、労力の節約につながります。

このように、カーリースにはさまざまなメリットがありますから、一概にカーリースよりも車の購入の方が良いわけではありません。各自が、どんな車との付き合い方を望むかによって、カーリースを利用するか、車を購入するかを決める必要があるでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースってこんなに便利!知らなかった新しい車の乗り方をご提案

近年注目を集めるカーリースですが、レンタカーやカーシェアなどのサービスと比べて、一体どのあたりが便利なのかをご存知でしょうか。比較的新しい車の乗り方になるため、カーリースの魅力や便利さを知らない人も多いはずです。 今回は、カーリースについてまだ詳しく知らない人に向けて、カーリースがどれほど便利なサービスであるかを解説していきます。車の乗り方で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

リース車を傷つけてしまった!査定や減額、修理代金はどうなるの!?

自己所有、レンタカー、リース…車を所有する手段に限らず、車を運転している以上、傷やヘコミなどは常につきまとう問題です。リース契約している車を傷つけてしまったりヘコミが生じてしまった場合、査定に響いたりするのでしょうか?また修理にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか?

カーリース料金に含まれるものとは?点検費用や税金はどうすれば良い?

最近ではカーリースで車を手に入れる人が増えてきました。カーリースの料金には必要な諸費用が含まれるものなので、維持費の面倒な手続きもすべてお任せできます。 しかし、この「諸費用」とは一体何が含まれているのでしょうか。含まれるものをきちんと把握していないと思わぬ出費が発生したり、二重に負担してしまったりすることがあります。そうならないために、カーリースの料金に含まれるものと、契約の流れを見てみましょう。