カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの契約者と使用者は違ってもOK?カーリースの契約者事情を紹介!

カーリースの契約者と使用者は違ってもいいのでしょうか。つまり、実際に車を運転するのが契約者以外の人であってもいいのでしょうか?今回は、そんな素朴な疑問にお答えします!

カーリースの名義は契約者?それとも使用者?

まず、カーリースの仕組みやカーリースの名義について見てみましょう。

カーリースの仕組み

カーリースは、契約者が希望する車をカーリース会社がディーラーから購入し、定められた期間貸し出すサービスです。契約期間は5年や7年などの長期に及ぶのが一般的です。

レンタカーとは違って、在庫の中から車を貸し出すわけではありませんので、契約者はさまざまなメーカーや車種から自由に車を選ぶことができます。メーカーオプションやディーラーオプションなども利用可能です。

カーリースの車のナンバーは、レンタカーのように「わ」ナンバーとはなりません。購入した車と同じですので、周りの人がナンバープレートを見て、カーリースの車かどうかを見分けることはできません。

契約者は、車を貸し出してもらう代わりに、月々定額のリース料をカーリース会社に支払っていきます。リース料には、車両価格や登録諸費用だけではなく、各種税金や自賠責保険料、車検料なども含まれています。

さらに、オイル類や消耗部品の交換などのメンテナンスを契約に含めることも可能です。このように、リース料は車の諸々の維持費込みで定額ですから、車に関係する毎月の出費がフラットになり、家計のやり繰りがしやすいです。

また、車の管理やメンテナンスをカーリース会社にお任せできますので、労力の節約という点でも大きなメリットがあります。

個人向けのカーリースでは「残価設定」があるのが一般的です。残価とは、契約満了時点での車の予想残存価値のことで、残価設定とは、月々のリース料を算定する際に残価を車両価格からあらかじめ差し引くことです。

これは、契約者が車両価格全額を負担する必要がないことを意味しますから、車を購入する場合よりも車両に対する支払額を安く抑えることができます。

カーリースの契約満了時には、新しい車に乗り換える、同じ車のリースを継続する(リース延長)、残価で車を買い取る、車を返却して契約を終了する、という4つの選択肢があります。

※契約プランによってはリース延長や車の買い取りはできません。また、残価設定が0円で契約満了時に車をそのままもらえるプランも存在します。

カーリースの名義

カーリースの契約者が、カーリースの名義人となります。車を実際に使用する人がカーリースの名義人となるわけではありません(※カーリースの契約者と使用者を別々にできるかは後述します)。

では、カーリースの車の名義は、どのような扱いになるのでしょうか?前述の通り、カーリースは車を貸し出すサービスで、ディーラーから貸し出し用の車を購入するのはカーリース会社です。ですから、カーリースの車の「所有者」の名義はカーリース会社です。

一方で、カーリースの契約者は車の「使用者」という扱いになります。車検証にもそのように記載されます。

カーリースの契約期間は長期に及びますし、レンタカーのように「わ」ナンバーとはならないため、まるでマイカーのような感覚で車を利用できますが、車の所有者の名義はあくまでもカーリース会社なのです。

 

カーリースの契約者と使用者は違ってもいいの?

前の項目でご説明した通り、カーリースの車の「所有者」はカーリース会社、カーリースの車の「使用者」はカーリースの契約者で、原則として車検証にもそのように記載されます。では、カーリースの契約者とカーリースの車の使用者を違う人にしたい場合、それは可能なのでしょうか?

この点に関しては、カーリース会社によって対応が異なります。2つのカーリース会社のQ&Aを例として取り上げます。

Car smart(住友三井オートサービス株式会社)

Q:「リース契約者は主人、車両の使用者は私(妻)でもよいですか?」

A:「ご契約者さまと車両の使用者さまは同一でお願いします」

このケースでは、「契約者と使用者は同一でなければならない」という回答ですね。配偶者でもNGなわけですから、親や子供、親戚、友人なども当然使用者とはなれないと考えられます。

コスモスマートビークル(コスモ石油マーケティング株式会社)

Q:「契約者と使用者が異なってもいいのでしょうか?」

A:「ご契約者=使用者である必要があります。ご契約者と使用者が異なる場合はご相談ください」

このケースでも、原則として契約者と使用者は同一でなければなりません。ただ、「ご契約者と使用者が異なる場合はご相談ください」とありますから、契約者とは違う人が使用者となれるケースもあることがわかります。必要な人はカーリース会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

契約者以外がカーリースした車を使用する際の注意点!]

カーリースの契約者以外の人がカーリースの車の使用者となった場合、どんな点に注意が必要でしょうか?注意が必要なのは、自動車保険についてです。

自動車保険に加入する際には「契約者」、「車の所有者」、「記名被保険者」を申告することになります。「契約者」とは、保険の契約をして保険料を支払う人です。カーリースの場合、「車の所有者」はカーリース会社ですが、カーリースの契約者が実質上の所有者とみなされ、加入の申込みができます。

「記名被保険者」とは、保険契約した車を主に運転する人です。保険料の算出に大きな影響を与える部分で、実態とは異なる申告をすると補償を受けられないこともあります。カーリースの契約者と実際の車の使用者が異なる場合、カーリースの契約者ではなく、車を実際に使用する人を「記名被保険者」として申告しなければならない点に注意が必要です。

ちなみに、「契約者」、「車の所有者」、「記名被保険者」はすべて同じにしなければならないと誤解している人もいますが、これらは全く異なる定義を持つものですので、すべて異なる人物になることもあります。

また、何らかの事情により「記名被保険者」と車検証上の「使用者」が異なっても、通常は問題ありません(※通販型の保険会社は除く)。大切なのは、保険会社に事実を申告するということです。

今回の記事では、カーリースの契約者事情について見てきました。カーリースでは、契約者が車の使用者となるのがほとんどのケースです。

実際、未成年や専業主婦、パート・アルバイトの人でも、連帯保証人をつけることで審査を通過できるカーリース会社も多いですから、カーリースの契約者と使用者を別々にする必要は基本的にありません。それは例外的なケースと言えるでしょう。

もし、カーリースの契約者と使用者を別々にしたい場合には、カーリース会社によっては許可してくれることもありますから、問い合わせてみるようにしましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースではどんな審査を受ける?保証人不要のプランもご紹介!

カーリースを利用するためには、基本的に保証人を立てることが必要となります。総支払額が100万円を超えるような契約になるので、当たり前といえば当たり前ですが、中には、保証人が必要ではないカーリース会社も存在します。 カーリースで保証人が必要な条件はどんなものなのか、保証人が不要なカーリース会社はどこなのかなど、今回はカーリースにおける保証人関係の事柄をまとめていきます。

「3ヶ月だけ車が必要」そんな時はカーリースを利用しよう

例えば3ヶ月だけ車が必要になったらどうしますか?レンタカーは数時間や数日間だけの利用が前提となっているサービスですので、3ヶ月も利用したら費用がかなり高額になってしまいます。また、3ヶ月だけ利用する車を、わざわざ購入しようとも思わないでしょう。 そこで登場するのがカーリースのサービスです。以前はカーリースと言えば数年に及ぶ契約になるのが一般的でしたが、今は1ヶ月単位で利用できる短期のカーリースもあります。今回はそんな短期のカーリースについて徹底解説します。