カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの平均価格は?人気の車種でリース料金を比較!

カーリースの利用を検討した際、初めに注目するのが月々の支払料金ではないでしょうか。 まとまった資金の用意なしにお手軽な料金で新車をマイカーのように使用できる点がカーリースの特徴ですが、支払料金だけに注目してカーリース会社やプランを決定してしまうと、もしかしたら後悔してしまうことになるかもしれません。 カーリース料金の価格の差には、各社のプランの違いが反映されているからです。メンテナンスが含まれているか、含められているとしてもどの程度までか、契約期間満了後に車はもらえるのかなど、様々な条件によってカーリース料金は違ってきます。 ここでは人気車種のカーリース料金の平均価格を比較して、その差を確認してみましょう。

カーリースの価格はどのようにして決められるのか?

カーリースの平均的な価格をご紹介する前に、まずはカーリース料金の仕組みについて説明します。

一般的な個人向けカーリースの料金は、車両価格から残存価格を引き、各種費用を込めた値段を契約月数で割って決められています。

残存価格とは、契約機期間満了後の車両の中古市場での予想価格です。頭金の設定なしに月々のお手軽な費用でカーリースが利用できるのは、この残存価格の設定によるものです。

この残存価格を引いた車両価格の他に、何がプラスされるのかによってカーリースの方式は2種類に分けられます。

ファイナンスリース

残価を引いた車両価格に新車登録にかかる諸費用、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、リース手数料のみが含まれるものがファイナンスリースです。車検費用などは含まれず、メンテナンスは契約者が別に行う必要があります。

メンテナンスリース

ファイナンスリースに含まれる内容に、各種整備・点検や修理費用、車検費用、エンジンオイルなどの交換費用などのメンテナンス費用も含まれるのがメンテナンスリースです。

カーリース会社やプランによって多少含まれる内容に変化はありますが、車の維持費のほとんどをカバーしているので家計管理も楽になり、人気があります。

 

ホンダN-BOXのカーリース平均価格は?

軽自動車の中でも高い人気を誇るのがホンダのN-BOXです。軽自動車ながらホンダの看板車種ともいえるほどの存在感を放っています。

新設計のプラットフォームを採用し低いフロアを実現、広い室内空間が特徴です。2017年にフルモデルチェンジが行われ、ホンダの誇る先進安全・運転支援技術「Honda SENSING」が全グレードに標準装備されたことでも話題を呼びました。

大人気のホンダN-BOX G L Honda SENSINGのカーリースの平均価格、さっそく見ていきましょう。

今回は残価設定がなく、契約期間満了後は車がもらえるカーコンカーリースもろコミ、契約終了を待たずに乗り換えや返却もできるオリックスカーリース、ガソリン割引のついた3つのメンテナンスプランを用意しているコスモスマートビークルの平均価格をご紹介します。

ここでは3つのカーリース会社すべてに設定がある7年契約の平均価格を比較しました。

コスモスマートビークルは走行距離、メンテナンスパックで、ほかの2社に近い走行距離1,500㎞、標準的なメンテナンスのついたシルバーパックの平均価格で、それぞれご紹介していきます。

カーコンカーリースもろコミ

月々32,940円(税込)頭金・ボーナス払いなし

28,188円(税込)96,984円(税込)年2回ありの場合、月々16,848円(税込)

オリックスカーリース

月々26,352円(税込)頭金・ボーナス加算なし

コスモスマートビークル

月々26,136円(税込)頭金・ボーナス加算なし

ボーナス加算50,000円(税込)年2回ありの場合、月々17,928円(税込)

ここではカーコンカーリースもろコミの価格が少し高くなっていますが、カーコンカーリースもろコミにおいて、このホンダN-BOX G L Honda SENSINGは、もろコミ特選車という限られた車に設定された、お得なプランが付属している車となっています。

通常有料になるメンテナンスパック、ナビ、バックアイカメラなどが付いたカーアクセサリーセットが用意され、さらにドライブレコーダーと希望ナンバーが無料でついてきます。

 

トヨタ・ヴィッツのカーリース平均価格は?

 コンパクトカーブームの担い手ともいえる存在のトヨタ・ヴィッツ。デザイン性の高さや環境性能の高さが評価され、日本の車の歴史に残る名車の一つともいえる存在です。

コンパクトながらもアグレッシブさを感じさせる迫力のあるデザイン、日本の道路事情に適した取り回しの良いサイズ感が人気を集めています。

初代の登場は1999年、現行のモデルは3代目にあたります。3代目が登場したのは2010年のことでした。

それからも、一部改良やマイナーチェンジも繰り返されていましたが、前回のフルモデルチェンジから8年が経過しているので、新型の登場もそろそろではないかと噂されています。

では、トヨタ・ヴィッツ 1.3Fのカーリースでの平均価格を確認してみましょう。ホンダN-BOXと同じく3社での平均価格を比較します。コスモスマートビークルにおける条件も同様です。

カーコンカーリースもろコミ

月々28,188円(税込)頭金・ボーナス加算なし

ボーナス加算88,128円(税込)年2回ありの場合、月々13,500円(税込)

オリックスカーリース

月々34,020円(税込)頭金・ボーナス加算なし

コスモスマートビークル

月々30,888円(税込)頭金・ボーナス加算なし

ボーナス加算50,000円(税込)年2回ありの場合、月々22,680円(税込)

ここでも少し価格の差が出ましたね。カーコンカーリースもろコミとオリックスカーリースの間には約6,000円の開きが生じています。この平均価格の差をどうとらえるかは、プラン内容がどれだけ自分に合っているかでそれぞれ変わってくるでしょう。

 

日産エクストレイルのカーリース平均価格は?

日産・エクストレイルはアクティブにアウトドアを楽しみたい層に絶大な人気を誇ります。4WDのSUVならではの走破性は圧倒的で、まさにタフギアの名に恥じないその走りは、他の追随を許しません。防水シートなど、実用的で使い勝手がいい仕様も魅力です。

高速道路においての半自動運転を実現した高速道路同一車線自動運転技術プロパイロットを搭載。これはアクセルやブレーキ、ステアリングを自動制御してドライバーの負担軽減に貢献する新技術です。

最新技術を搭載し、その走りにおいても運転する人を魅了させるものがあり、タフギアを愛する方にとってはたまらないモデルといえるでしょう。

この日産・エクストレイル 20S HYBRIDの平均価格はどのくらいでしょうか。ここでも先に比較した3社の平均価格を紹介しましょう。もちろんコスモスマートビークルの条件も変わりません。

カーコンカーリースもろコミ

月々45,684円(税込)頭金・ボーナス加算なし

ボーナス加算153,576円(税込)年2回ありの場合、月々20,088円(税込)

オリックスカーリース

月々50,328円(税込)頭金・ボーナス加算なし

 コスモスマートビークル

月々48,492円(税込)

ボーナス加算50,000円(税込)年2回ありの場合、40,176円(税込)

日産・エクストレイルは価格の幅が5,000円以内に収まりました。バランスの取れた平均価格です。どの車種でも3社とも近い平均金額にはなっていますが、全く同じ金額になることはありません。サービス内容が違うため、当然の差であると言えます。

支払料金の安さについ注目してしまいがちですが、できるだけ各社のプランのサービス内容を確認しましょう。メンテナンスや乗り換え条件など、考慮すべきポイントはたくさんあります。

価格面以外にも様々な面から検討し、それぞれのカーライフに最適なカーリース会社やプランを選ぶようにしたいですね。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの料金は月々いくら?契約期間や車種でも変動する料金をできるだけ抑えるにはどうする?

カーリースの料金は、月々いくらかかるのでしょうか。カーリースは割高になると思っている方もいるかもしれませんが、カーリースにもいろいろな料金設定があります。プランの選び方や車種、契約期間によって、カーリースの利用料金は大きく異なるのです。今回はカーリースの利用料金をなるべく抑えるための賢い方法をご紹介します。