カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの支払額は本当にお得?何が含まれているのか、気になる内訳とは?

カーリースを利用しようと考えている場合、料金だけではなく、その内訳も気になりますよね。そこで今回は、カーリースの支払額の内訳について徹底解説します!

そもそもカーリースってどんなもの?ローン購入との違いは何?

カーリースの支払額の内訳について見る前に、そもそも、「カーリースはどんなサービスなのか」、「ローン購入とは何が違うのか」を押さえておきましょう。

カーリースは、毎月定額のリース料を支払う代わりに、カーリース会社が車を貸してくれるサービスです。カーリースの契約期間は3年、5年、7年などの長期に及び、その期間毎月料金を支払っていきますので、数年の期間を設定して毎月一定の金額を返済していくローン購入と似ている部分があります。

カーリース会社は、ユーザーの希望する車をディーラーから調達して貸し出します。店舗の在庫の中から車を選ぶわけではありませんので、いろいろなメーカーや車種から自由に車を選ぶことができ、オプションも付けられます。この点もローン購入と似ていると言えるでしょう。

ただし、カーリースは車を「借りる」契約ですので、車の所有権はカーリース会社にあり、契約満了まで利用しても車は自分の所有物にはなりません。この点がローン購入とは大きく異なります。

※契約満了時に車をそのままもらえるカーリースサービスも中には存在します。

また、カーリースはローン購入とは違って基本的に頭金が不要ですから、まとまった初期費用なしで利用を開始できます。さらに、毎月定額のリース料の中に車に関係する諸経費が含まれていますので、支払いがフラットになり、家計のやり繰りがしやすいというメリットもあります。ローン購入で毎月の返済以外にもいろいろと諸経費が発生するのとは対照的です。

 

カーリースの支払金額に含まれているものは?気になる内訳をご紹介

前述の通り、カーリースの毎月の支払金額には、車両代だけではなく、車に関係する諸経費が含まれています。では、その具体的な内訳はどうなっているのでしょうか。また、どんな費用が含まれるのでしょうか?

リース料の内訳は、一般的に言って、車両代、登録諸費用、自動車取得税、自動車税、重量税、自賠責保険料、車検代、整備点検代などです。

また、カーリース会社や契約プランによっては、オイル類の交換費用やバッテリー、タイヤ、ブレーキパッドなどの消耗部品の交換費用が内訳に含まれている場合もあります。あるいは、追加料金を支払うことでオプションとしてメンテナンスサービスを付けられるカーリース会社も多いです。

 

カーリースを利用するならここに注意!内訳に含まれない費用について

前の項目で、カーリースの支払金額の内訳を見ました。車両代だけではなく、さまざまな費用がその内訳の中に含まれていることがわかりましたね。ただ、それでも車に関係するすべての費用が含まれているわけではありませんので注意が必要です。以下で、カーリースの料金の内訳に含まれない費用を取り上げたいと思います。

修理費

車の修理費は基本的にリース料の内訳には入っていません。自己負担となりますので、万が一のために車両保険に入っておくことをおすすめします。

任意保険料

自賠責保険料は内訳に含まれますが、任意保険料は内訳に入っていないことが多いですので、自分で加入する必要があります。ただし、カーリース会社がリース専用の自動車保険を用意していることがあり、それを利用する場合には、任意保険料を月々の支払額の内訳に含めることが可能です。

メンテナンス費用

前述の通り、メンテナンス費用はカーリース会社や契約プランによって内訳に入っていたりいなかったりしますので、契約の際によく確認するようにしましょう。

 

支払金額の内訳を公開しているおすすめのカーリース会社はこちら!

最後に、料金の具体的な内訳を公開しているおすすめのカーリース会社をご紹介します。

オリックスカーリース(オリックス自動車)

 オリックスカーリースでは以下の3つからプランを選ぶことができます。

いまのりくん:5年契約。契約から2年経過後に自由に車の返却や乗り換えが可能になる。契約満了時には車を返却する。

いまのりセブン:7年契約。契約から5年経過後に自由に車の返却や乗り換えが可能になる。契約満了時には、車を返却してキャッシュバックを受けるか、車をもらうかを選択できる。

いまのりナイン:9年契約。契約から7年経過後に自由に車の返却や乗り換えが可能になる。契約満了時には車をそのままもらえる。

毎月のリース料の内訳は、車両代、新車登録時手数料、自動車取得税、自動車税、重量税、自賠責保険料です。また、車検無料クーポンやオイル交換無料クーポンも付きます。

以下は「いまのりくん」(5年契約)の料金例です。

・ホンダ N-BOX G

月々27,648円

・トヨタ アクア L

月々33,696円

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

 以下の2つの契約期間からプランを選べます。

もろコミ7:7年契約。契約から5年経過後に原則解約金なしで車の返却や乗り換えができるようになる。契約満了まで利用すると車をそのままもらえる。

もろコミ9:9年契約。契約から7年経過後に原則解約金なしで車の返却や乗り換えができるようになる。契約満了まで利用すると車をそのままもらえる。

月々のリース料の内訳は、車両代、新車登録時手数料、自動車取得税、自動車税、重量税、自賠責保険料、車検基本料です。

さらに、通常のプランのほかにもお得な「もろ特選車」のプランも用意しています。特選車の場合、上記の内訳の内容に加えて、「メンテナンスパック」(オイル交換やワイパーゴム交換など)や「カーアクセサリーセット」(カーナビ、ETC、バックアイカメラなど)が標準で付きます。さらに、「特選車限定プレゼント」として、希望ナンバー取得やドライブレコーダー装備のサービスも受けられます。

※特選車のプランはすべて7年契約(もろコミ7)となります。契約から5年経過後の車の返却や乗り換えは選べません。
※特選車限定プレゼントは「カーコンビニ倶楽部カード」の加入が条件となります。

以下は「もろコミ特選車」(7年契約)の料金例です。

・ワゴンR HYBRID FX

月々 14,040円(税込)、年2回のボーナス月加算額83,916円(税込)

・タント L SAⅢ

月々 15,120円(税込)、年2回のボーナス月加算額88,560円(税込)

コスモスマートビークル(コスモ石油マーケティング株式会社)

契約期間、月間走行距離、メンテナンスパックなどを自由な組み合わせで設定できるのが特徴です。

契約期間:3年、5年、7年の中から選ぶ。
月間走行距離:500km、1,000km、1,500kmの中から選ぶ。
メンテナンスパック:ゴールドパック、シルバーパック、ホワイトパックの中から選ぶ。

メンテナンスパックの中で一番内容が充実しているのはゴールドパックです。ゴールドパックを選択した場合の毎月の支払額の内訳は、車両代、登録諸費用、各種税金、自賠責保険料、車検費用、定期点検費用、オイル交換費用、タイヤ交換費用、バッテリー交換費用、その他の消耗品の交換費用などです。ガソリン1ℓあたり5円引きなどの特典も付きます。

以下は、5年契約、月間走行距離1,000km、ゴールドパックを選択した場合の料金例です。

・ダイハツ ミライース B

月々24,840円(税込)

・スズキ ハスラー A

月々27,000円(税込)

あなたも、諸々の費用が支払額の内訳にコミコミになっているカーリースで、手軽に新車を楽しんでみてはいかがでしょうか?

※この記事で取り上げた料金例はすべて2018年11月5日現在のものです。料金は変更になる場合があります。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリース期間中にナンバーは変更できる?

カーリースの利用を検討されている人にとって、カーリースというサービスの中でどのようなことができるのか、細かく知りたいと思っている方は多いのではないでしょうか。契約プランや料金だけではなく、オプションやその他のサービスも含めて、あらゆる要素を知ることで、充実した利用が可能となります。今回は、カーリースにおけるナンバーの変更について注目してご紹介いきましょう。