カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの月額料金はどれくらい?

車を長期間借りられるカーリースのサービスが人気を呼んでいますが、カーリースの月額料金はいくら程度が相場なのでしょうか?大手カーリース会社の「コスモスマートビークル」の公式サイトで月額料金を軽自動車と普通自動車に分けて調べてみました。 メンテナンスプランは一番オーソドックスな「シルバーパック」に、走行距離制限は「1,000km/月」に設定しました。頭金やボーナス払いは「なし」です。

軽自動車の月額料金

・ホンダ N BOX

3年契約:月額料金35,424円から
5年契約:月額料金27,216円から
7年契約:月額料金24,084円から

・ホンダ N-WGN 

3年契約:月額料金32,292円から
5年契約:月額料金24,516円から
7年契約:月額料金21,492円から

・スズキハスラー

3年契約:月額料金31,644円から
5年契約:月額料金24,084円から
7年契約:月額料金21,060円から

・スズキ ワゴンR

3年契約:月額料金34,236円から
5年契約:月額料金25,488円から
7年契約:月額料金21,924円から

・ダイハツミライース

3年契約:月額料金28,836円から
5年契約:月額料金21,816円から
7年契約:月額料金18,900円から

・ダイハツムーヴキャンバス

3年契約:月額料金35,964円から
5年契約:月額料金27,000円から
7年契約:月額料金23,220円から

・ダイハツ タント

3年契約:月額料金35,424円から
5年契約:月額料金26,892円から
7年契約:月額料金23,220円から

1 月額料金には車両代金、登録諸費用、自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検整備費用、法定点検費用、定期点検費用、オイル交換費用などが含まれています。

2018214日現在の料金。料金は変更になる場合があります。

 

普通自動車の月額料金

・トヨタ プリウス

3年契約:月額料金62,748円から
5年契約:月額料金46,872円から
7年契約:月額料金40,716円から

・トヨタ ヴォクシー

3年契約:月額料金63,504円から
5年契約:月額料金48,492円から
7年契約:月額料金42,552円から

・トヨタ ヴィッツ

3年契約:月額料金38,664円から
5年契約:月額料金30,672円から
7年契約:月額料金26,568円から

・トヨタ アクア

3年契約:月額料金47,844円から
5年契約:月額料金37,044円から
7年契約:月額料金32,832円から

・ホンダ フィットハイブリッド

3年契約:月額料金48,924円から
5年契約:月額料金37,800円から
7年契約:月額料金33,048円から

・マツダ デミオ

3年契約:月額料金46,548円から
5年契約:月額料金34,668円から
7年契約:月額料金29,916円から

・ニッサン エクストレイル

3年契約:月額料金60,480円から
5年契約:月額料金45,792円から
7年契約:月額料金39,960円から

1 月額料金には車両代金、登録諸費用、自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検整備費用、法定点検費用、定期点検費用、オイル交換費用などが含まれています。

2018214日現在の料金。料金は変更になる場合があります。

 

カーリースの月額料金の仕組み

ここまで、カーリースの月額料金の例について見てきました。そもそもカーリースの月額料金はどのようにして設定されているのでしょうか?

以下に、料金設定に関係するいくつかのポイントを取り上げていきます。

・残価設定

個人向けのカーリースでは多くの場合、契約期間終了時点での車両の予想残存価格(残価)をあらかじめ設定し、残価を車両本体価格から差し引きます。これを残価設定と呼びます。

例えば、5年契約のカーリースで新車価格が200万円の車の5年後の残価を60万円に設定したとすると、200万円から60万円を差し引いた140万円がカーリースの月額料金を設定する上でのベースとなります。

つまり、カーリースではユーザーが新車価格を全額負担する必要がないため、お得な料金で車を利用できます。

ただし、残価設定をした場合、契約終了時点で返却車両の査定が行なわれ、査定額が設定残価を下回った場合には差額を請求されることになるので、カーリースのユーザーは車を大切に扱う必要があります。

中には、「カーコンビニ倶楽部」の「もろコミ」のように残価設定が0円で契約終了時の清算がない契約プランも存在します。最後の清算が心配な方はそうしたプランを利用することもできます。

・各種税金やメンテナンス費用

個人向けのカーリースの月額料金には多くの場合、車両価格や新車登録費用だけではなく、契約期間中に発生する各種税金、自賠責保険料、車検費用、法定点検費用、定期点検費用なども含まれています。

さらには、契約プランによってはオイル交換費用やその他の消耗部品交換費用などもサービスに含まれ、月額料金に上乗せされることになります。

メンテナンスパックが充実しているほど月額料金は高くなりますが、車の管理は非常に楽になります。

・金利やサービス料

カーリースの料金には自動車ローンと同じように金利がかけられています。また、メンテナンスパックにはサービス料も組み込まれています。

・契約期間

カーリースの月額料金は、車両価格から残価を差し引いた金額に各種税金やメンテナンス費用、金利などを加算したものを契約月数で割ることにより設定されます。そのため、契約期間が長ければ長いほど月額料金は低くなります。

走行距離制限

カーリースの契約では多くの場合、走行距離に制限が設定されています。制限距離も月額料金の設定に影響します。制限距離が長いと月額料金は高くなり、短いと安くなります。

制限距離を超過して走行した場合には、契約終了時に超過距離に応じて追加料金を請求されることになるので、自分に合った走行距離のプランを選ぶようにしましょう。

・頭金やボーナス払い

ローン購入の場合は審査をクリアするために頭金を用意しなければならないことがありますが、カーリースではその必要はありません。ただし、月額料金を安く抑えるために頭金を支払うことも可能です。また、ボーナス併用払いをすることも月額料金を抑える方法の1つです。

 

まとめ

今回はカーリースの月額料金の相場と、月額料金はどのようにして設定されているのかについて見てきました。

カーリース会社や契約プランを選ぶに当たって重要なのは、月額料金が安いか高いかだけではありません。月額料金にどんな費用やサービスが含められているのか、走行距離制限などの要素の確認も大切です。

料金以外の部分についてもよく注目し、自分に合ったカーリース会社や契約プランを選択するようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースには安心サポートがついてくる?リース会社ごとの特典やサポート内容を公開!

カーリースの利用者の中には、諸費用やメンテナンスのことを考えなくて済み、安心サポートがあるため、カーリースを利用している方も多いです。この安心サポートがあるのが、まさにカーリースのメリットであるといえるでしょう。今回は、カーリースの安心サポートについてご説明します。

車検はいつからいつまでに受ければいい?車検の期間や切れてしまった時の対処法

車を使用する上で切っても切り離せないのが車検です。車検は2年、もしくは3年に一度という頻度で毎年あるものではないので、ついうっかり次の車検がいつからか忘れてしまうこともあるのではないでしょうか。 車検切れを防ぐためには車検をいつからいつまでに受ければいいのか、しっかりと把握しておく必要があります。ここでは車検をいつからいつまでに受ければいいのか、さらに万が一、車検切れになってしまった際の対処法をご紹介します。