カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの残価設定って何?

個人向けのカーリースの契約では多くの場合に「残価設定」があります。残価設定とはどのようなもので、どんなメリットや注意点があるのでしょうか?

カーリースの仕組み

カーリースは、毎月定額の料金を支払うことでリース会社から車を借りられるサービスです。車の所有権はカーリース会社にあります。

カーリースの契約期間は、数時間や数日間の利用を前提とするレンタカーとは違い、3年・5年・7年などの長期に及びます。

カーリースで利用する車は、レンタカーのように在庫の中から選ぶわけではありません。契約を結んでからリース会社がディーラーに車を発注するシステムとなっていますので、全車種から車を選ぶことができ、メーカーオプションやディーラーオプションも付けることが可能です。

個人向けのカーリースの場合、契約期間中の各種税金や自賠責保険料の支払い、車検手続き、点検・整備などがサービスに含まれていることが多いです。車の管理をリース会社にお任せできるので手間がかからず、費用やサービス料は月々のリース料金に組み込まれています。

契約プランにもよりますが、リース期間終了後には下記の4つの選択肢がユーザーに与えられます。

・車を返却してリース契約を終了する

・車を返却してリース契約を終了し、別の車を新たにリースする

・車を買い取ってリース契約を終了する

・リース契約を延長して同じ車をリースし続ける

 

カーリースの残価設定とは?

カーリースにおける残価設定とは何でしょうか?

残価設定とは、リース期間終了時に車の下取り価格がどれくらいになるのかを見込みで設定することです。設定された金額を「残価」と言います。カーリースの料金を決める際には、残価を車両価格からあらかじめ差し引きます。

例えば、5年契約のカーリースで、新車価格が300万円のリース車両の5年後の残価を100万円に設定したとすると、300万円から100万円をマイナスした200万円がリース料金を設定するためのベースになります。

つまり、ユーザーは車両価格を全額負担する必要がありませんから、購入する場合よりもお得な料金で車を利用することができるのです。特に、人気車は価値が下がりづらいという判断から残価を高めに設定することができ、よりお手頃な料金でリースできる場合があります。

しかしながら、残価設定のシステムにはリスクもあります。契約終了時に返却車両の査定が行なわれ、査定額が残価を下回った場合には清算金として差額を請求されます。ユーザーは車の価値が残価を下回らないように、リース期間中、車を大切に扱わなければなりません。

とはいえ、カーリース会社はリスクを考慮に入れて残価を比較的低めに設定するのが一般的で、車の状態を維持するための定期的なメンテナンスがカーリースサービスに組み込まれています。

そのため、清算金の請求に関して過度に心配する必要はありません。通常の使用による軽微な損耗に関しては特に問題になることはないでしょう。

ただし、事故などで車にダメージを与えてしまった場合に、そのままの状態で車を返却すると査定額が非常に低くなり、高額な清算金が生じる可能性があります。残価設定のあるリース車が損傷したらそれを修理する必要が出てきます。

上記のような理由から、カーリースを利用する場合には任意保険に加入して「車両保険」を付帯させることが非常に重要になります。車両保険を付帯させておけば、万が一の場合にリース車の修理費用をカバーしてもらえるからです。

また、悪質なカーリース会社が見かけのリース料金を安くするために残価を高めに設定して、契約終了時になって高額な清算金を請求するというケースも考えられますので、注意しましょう。

その他、稀なケースとして、何らかの事情(メーカーの不祥事など)で契約期間中にリース車の価値が大きく下がり、車両の状態が良くても査定額が残価を下回ってしまうこともあり得ます。

ちなみに、先ほどの「カーリースの仕組み」の部分で、リース期間終了後のユーザーの選択肢の3番目として「車を買い取ってリース契約を終了する」を取り上げましたが、車の買取金額は契約時に設定した残価が目安となります。

残価を支払うことで、最終的に車両価格全額を負担し、車を自分の物にできるというわけです。

 

カーリースと残価設定ローンの違いは?

カーリースと似た商品に「残価設定ローン」があります。

残価設定ローンの場合も、ローン期間終了後の見込みの残価をあらかじめ設定し車両価格から差し引きますので、通常のローン購入と比べて月々の支払いを安く抑えることができます。

ローン期間が終了しても車は自動的に自分の物にはならず、最終的に購入する場合には残価を支払う必要があります。車を買い取らずに返却したり、新しい車に乗り換えたりするという選択肢もあります。

カーリースと同じように、返却車両の価値が残価を下回った場合に追加料金が発生しますので、残価設定ローンのユーザーも車のコンディションを維持する必要性があります。

このように考えると、カーリースと残価設定ローンは非常に似ていると言えますが、両者にはどんな違いがあるのでしょうか?

大きな違いは、カーリースでは各種税金や自賠責保険料、車検費用、メンテナンス費用などが料金に含まれているのに対して、残価設定ローンの場合はそれらの費用は含まれていないということです。

残価設定ローンのユーザーは自分で税金を支払い、車検の手続きをし、車のメンテナンスをしなければなりません。

もちろんその代わりに、月々の支払い額はカーリースよりも安くなります。車の管理を業者にお任せしたい人はカーリースを、月々の支払いはなるべく安く抑えたい人は残価設定ローンを利用すればよいということになるでしょう。

また、カーリースでは契約期間終了時に契約を延長して同じ車をリースし続けることが可能ですが、残価設定ローンにはそのような選択肢はありません。さらに、カーリースでは車種を自由に選べますが、残価設定ローンの場合は利用できない車種も存在します。

 

残価設定がないカーリースもある!?

個人向けのカーリースでは残価が設定されている場合が多いのですが、中には残価設定がない契約プランも存在します。

たとえば「カーコンビニ倶楽部」の「もろコミ」(7年契約と9年契約)は残価設定が0円のプランとなっています。残価設定がないので、契約満了時の車の損耗状態によって清算金が発生する心配はありませんし、最後に車をもらうことができます。

最後に車をもらえることから、購入の形に近いとも言えるかもしれませんが、7年や9年などのリース期間中は月々定額の支払いで車の管理をリース会社にお任せできるので、カーリースのメリットを存分に楽しむことができます。

今回はカーリースの残価設定について見てきました。残価設定によって、お得なリース料金が実現可能となっていますが、契約期間終了時に清算があるので注意も必要であることがわかりましたね。残価設定のあるカーリースを利用する場合には、車を大切に扱うようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの税務処理は?法人必見・仕分けや会計処理の基礎知識、お得なカーリースも紹介

法人でカーリースを利用する場合、リース料金の仕分けや会計上の処理はどうなるのか、気になるところですよね。税務処理にも関わってきますので、しっかり把握しておくことが大切です。この記事では、法人の税務処理において重要となる、カーリースの仕分けや会計処理について基礎知識を解説するとともに、法人におすすめのお得なカーリースを紹介します。