カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの法人利用は購入よりもお得!?法人向けカーリース業者の特徴を比較してご紹介

カーリースを法人利用している会社は多く存在します。カーリースを法人ユーザーとして利用すると、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?カーリース業者を比較しつつ、法人契約までの流れなども併せてご紹介したいと思います。

法人ユーザーとしてカーリースすることのメリット

 

仕事で車を使う場合、多くの会社がカーリースを法人利用しており、その利用率は75%にまで上ると言われています。法人ユーザーが、車を購入せずにカーリース利用を好むのはなぜなのでしょうか?

その理由として、以下のようなメリットが挙げられます。

 

・リースにかかるすべての費用が経費計上できるため節税対策になる

カーリースを法人利用した場合、車両代だけでなく、自動車税や重量税といった諸税や整備費用、メンテナンス費用など、カーリースにかかる費用のほとんどすべてを経費として計上できるため、節税対策の効果が大きくなります。

 

・車両にかかるコストが明確になる

カーリースは、通常のローン購入と異なり毎月の支払いが一定になるため、車両にかかるコストが明確になります。コストが明確になるということは、収支の状況(キャッシュフロー)も把握しやすくなるということなので、事業計画や予算が立てやすくなります。また、同時に経理の煩雑化が防げるので業務の負荷を減らすことができます。

 

・メンテナンスの工数削減になる

車を所有すると、どうしても整備点検などのメンテナンス作業が必要となりますが、リースの場合それらの作業は車の所有者であるリース会社が請け負うため、社員の業務負荷が軽減されて大きな工数削減につながります。

 

このように、カーリースを法人利用することは税金面からみても、社員の工数面からみても大きなメリットがあるということがわかるかと思います。

 

 

カーリース契約の種類は2つある

 

カーリースの契約形態には「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2種類があります。

ファイナンスリースは、車両代をはじめ、登録諸費用・自動車税・重量税・自賠責保険などといった租税公課や任意保険など、車にかかる基本的な税金・保険関係の業務委託や費用が含まれます。

一方、メンテナンスリースは上記の税金・保険関係以外に、リース契約開始からその後必要となってくるさまざまな管理業務全般を、リース会社が請け負ってくれるリース形態です。具体的には、「点検・整備」「修理」「事故」「車検」「租税公課」「任意保険」「消耗品・オイル交換」などの管理業務や費用が含まれます。リース会社によっては、事故時の代車サービスや安全運転講習の協力といったかなり手厚いサービスが含まれている場合もあります。

カーリース料金は当然ファイナンスリースの方が安いため、カーリースにかかるコスト削減にはなりますが、車の使用頻度や、車に何かあった時に対応できる人的リソースがあるか、といったことを鑑みてどちらの方が今の経営状況に適しているかをよく考えて判断することが重要と言えます。

 

 

カーリースを法人利用する際の流れ

 

では、実際にカーリースを法人使用する際はどのような流れで契約を行うのでしょうか?一般的なカーリースの法人契約は、下記のような流れになります。

 

① 希望車種を決定

カーリース会社の多くは、オンラインでの契約が可能です。リース対象となる車種などもリース会社のホームページから閲覧が可能なので、事前にリースしたい車の車種や色、オプションなどを決めておきます。

 

② 見積もり依頼

リース会社より、希望車両のリース金額の見積もりを出してもらいます。オンライン上ではなく、リース会社の担当者と実際に会って相談することも可能です。リース契約において不明点や不安がある場合は、実際にリース会社の担当者に相談する方が安心です。

 

③ 審査

審査内容はリース会社によって異なりますが、審査書類の項目としては「会社設立からの年数」「資本金」「年商」「経常利益」「借入金額」「従業員数」などが一般的です。これらの内容をもとに審査が行われます。

 

④ 契約締結

契約に必要な書類に記入、捺印し、契約が完了します。多くのリース会社では、このタイミングで希望の車両を発注します。

 

⑤ 必要書類の用意・送付

契約が決まると、車を登録するにあたり下記の書類を用意しリース会社に送る必要があります。

・印鑑証明書、会社謄本

・車庫証明申請書

・委任状または申請依頼書

必要書類はリース会社によって異なるため、契約時に確認をしておくと納車までスムーズに進みます。

 

⑥ 登録・納車

契約成立からおおよそ1か月~2か月ほどで納車となります。

 

このように、法人利用のカーリースであってもそこまで複雑な作業はありません。審査が問題なく通れば、納車まではあっという間という印象ですね。

 

 

おすすめ法人カーリース業者をピックアップして比較!

 

カーリースを法人利用することのメリットや、契約の流れをご紹介しました。ここで、数ある法人カーリース会社を比較して、中でも特におすすめのリース業者を何社かピックアップしてご紹介したいと思います。

 

・オリックス自動車

https://www.orix.co.jp/auto/hojin/

レンタカー分野でも名高いオリックス自動車の法人向けカーリースサービスです。「車のコストを削減したい」「車に関する業務を効率化したい」「車に関するリスクを低減したい」など、それぞれの課題にもっとも合ったリースプランを丁寧に提案してくれるのが魅力。また、「ENEOS」「昭和シェル」「コスモ石油」「エッソ」「モービル」「ゼネラル」の6ブランドのサービスステーションを1枚のカードで利用することができるというオリックス自動車ならではのサービスがあります。

 

・スマイルカーリース

https://carlease.its-smile.co.jp/

車に関する経費削減や節税対策といった相談にも親身にのってくれる丁寧な対応が特徴で、常に経営者目線での提案を心掛けている法人リースに強い会社です。所有している車を帳簿上の残存簿価で買い上げてくれるリースバックサービスもあるので、資金確保に悩む開業から日の浅い会社にもおすすめです。他の法人向けカーリース業者と比較しても、利用しやすいカーリースであるといえるでしょう。

 

・JQL(日本オートモーティブマーケティングサービス)

http://autolease.jams-cars.jp/houjin_lease/jql/

ノンフリート(保有台数10台以下の小口法人及び個人事業主)専門のリース会社です。「コストの削減」「資金の有効活用」といった悩みや問題に対し寄り添う中小企業のためのリースサービスを提供しています。

 

いかがでしたでしょうか?このように、カーリースの法人利用はメリットがたくさんあり、法人向けのサービスの手厚いリース会社も多く存在します。経営状況や社員数、用途や車の使用頻度、社員数などを鑑みて、最適なプランでうまくカーリース活用できれば、コスト削減や業務効率のUPに大きくつながることは間違いありません。

 

関連する記事

カーリースでは勝手に車修理をしても良い?車に傷がついたり故障してしまったりした時の対処法を知っておこう!

カーリースの車が破損したり故障したりしてしまったらどうすればいいのでしょうか、自分の判断で車修理をしても構わないのでしょうか?万が一の時に慌てないように、車に傷がついたり故障してしまったりした場合の対処法を事前に理解しておくのは大切です。

エコカー減税って何?カーリースでエコカーに乗ってお得にドライブを楽しもう

自分で車を買うときには車の性能、燃費などを良く吟味するはずです。しかし、カーリースの場合はどうでしょうか?カーリースでつい見逃してしまいがちなのが、エコカー減税の対象車かどうかというポイントです。実は、エコカーなら、最大3種類もの税金が免税になります。この記事では、エコカー減税の仕組みなどを詳しく説明します。

ミニバンで国内トップクラスの人気!ヴォクシーに乗るならカーリースを利用しよう!

ミニバンはファミリー層に高い人気を誇りますが、その中でも特に人気を集めているのがトヨタのヴォクシーです。憧れる方も多いのではないかと思いますが、コンパクトカーなどと比較すると、車両価格も高額でなかなか新車購入はハードルが高いといえるのではないでしょうか。 しかし、カーリースを利用すれば初期費用の負担が少なく、憧れのヴォクシーでのカーライフが実現するかもしれません。