カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの申し込み方法は?必要となる書類も併せて解説

カーリースはどのようにして申し込んだらよいのでしょうか?今回は、カーリースの申し込み方法を必要書類と合わせて解説します。

カーリースとは?購入するのとどう違う?

まず、カーリースとは一体どんなサービスなのかを、購入との違いにも注目しながら見てみましょう。

カーリースとは、毎月のリース料を支払う代わりにカーリース会社から車を貸し出してもらえる仕組みのことです。リース期間は5年や7年など、長期におよぶのが一般的です。

カーリース会社は、ユーザーが希望する車をディーラーから購入して貸し出します。そのため、購入の場合とは違って、車の所有者の名義はカーリース会社となります。

※購入の場合でも、ディーラー系のローンを利用する場合には、ローンの完済までは車の所有者の名義がディーラーや提携先の信販会社になっていることが多いです。

個人向けのカーリースでは、多くの場合に残価設定があります。つまり、契約満了時の車両の下取り価格(残価)を予想し、その金額を車両価格から差し引いてリース料を決めます。

カーリースのユーザーは車両価格を全額負担する必要がありませんから、購入の場合よりも車両に対する支払いを安く抑えることができます。

カーリースはローン購入とは違って頭金を用意する必要が基本的にありませんので、まとまった初期費用を出すことなく利用を開始できます。

個人向けのカーリースの料金には、車両代や登録諸費用だけではなく、各種税金、自賠責保険料、車検代が含まれていることが多いです。また、契約プランによっては、オイル交換や消耗部品の交換などのメンテナンスをサービスに含めることも可能です。

車を購入した場合には、車の維持費をその都度用意しなければなりませんが、カーリースの場合は維持費がリース料にコミコミになっているため、家計のやり繰りがしやすいというメリットがあります。

カーリースは車を借りる契約ですので、契約満了まで利用しても車は自分の物にはなりません。ただし、契約満了時に車を必ず返却しなければならないかと言えば、そうではありません。

車を返却する以外にも、リースを延長して同じ車に乗り続けたり、残価で車を買い取ったりすることが各種プランによって可能です。

 

カーリースの申し込みの流れは?

カーリースはどのように利用したらいいのでしょうか?カーリースの申し込みの流れをコスモスマートビークル(コスモ石油マーケティング株式会社)のケースでご説明します。他のカーリース会社でも、大まかな申し込みの流れは同じです。

1 見積り

WEBサイト上で、車種や契約条件を設定した上でリース料の見積り額を確認できます。

2 申し込みと審査

見積り額を確認後、そのまま申し込みができます。その後、申し込みの内容をもとに審査が行われます。審査結果の連絡は、メールアドレスまたは電話番号宛にあります。審査結果が出るまではだいたい1~2日前後かかります。審査に落ちると残念ながら契約できません。

3 カーライフコンシェルジュからの連絡

審査結果の確定後、「カーライフコンシェルジェ」から連絡があり、申し込みの内容と実際の要望との間に相違がないか、確認作業があります。

※カーライフコンシェルジュとは、カーリースや車についての幅広い知識を持つコスモスマートビークルの専任スタッフで、納車まで手続きのサポートをしてくれます。

4 契約の手続き

最終的に確定した契約内容で作成されたカーリースの契約書が郵送されます。契約内容を確認後、署名と捺印をして返送します。契約書が届くと、コスモスマートビークルがディーラーに車を発注します。

5 車両登録・納車

提携カーディーラーから車両登録に関する書類一式が届きますので、必要書類を揃えた上で提出します。車両登録が完了後、納車してもらえます。ここからいよいよカーリースの利用がスタートします。

 

カーリースの申し込みに必要な書類とは?

カーリースの申し込みにはどんな書類が必要なのでしょうか?

審査の段階で本人確認書類が必要な場合があります。さらに審査の結果、連帯保証人を付ける必要がある判断された場合には、連帯保証人の身元確認書類のコピーも必要になるでしょう。

正式に契約する際には、契約書、本人確認書類、料金の支払いに利用する銀行の口座番号を証明する書類(通帳のコピーなど)が必要です。

契約成立後、カーリース会社がディーラーから購入した車の登録をするためにユーザーが揃えなければならない書類があります。具体的には、現住所を証明する書類(住民票など)、委任状(自動車の登録申請をディーラーに代行してもらうため)、自動車保管場所証明書(車庫証明)などを提出する必要があります。

 

カーリースの申し込みでも車庫証明は必要!その取得方法は?

カーリースの申し込み時には、購入する場合と同様に車庫証明の取得が必要になります。カーリース会社に代行してもらうことも可能ですが、代行費用が数万円かかる場合もあります。

車庫証明の取得はそれほど難しくありませんから、自分で取得するのも1つの方法です。ここで、車庫証明の申し込みや取得の方法をご紹介します。

1 駐車場を確保する

所有している駐車場や既に借りている駐車場がなければ、駐車場を探して賃貸契約を結ぶなどして確保することが必要です。

ちなみに、車庫証明を取得するためには、駐車場が「自宅までの距離が直線距離で2kmを超えないこと」、「自動車を道路から支障なく出入りさせられること」、「自動車全体を収容できること」などの条件を満たしていなければなりません。

2 警察署で車庫証明申請書類をもらう

管轄の警察署の交通課窓口で車庫証明申請書類一式をもらいます。管轄の警察署は駐車場の場所を基準にして決まります。

3 申請書を作成する

自宅から駐車場までの地図と駐車場の配置図を作成します。

※所在図、配置図は貸主や不動産屋が用意してくれる場合もあります。

駐車場を借りている場合は、駐車場の貸主に「自動車保管場所使用承諾証明書」に記入および押印してもらわなければなりません。

※駐車場の賃貸借契約書などで代用できる場合もあります。

車検証の記載内容をもとにして必要事項を「自動車保管場所証明申請書」に記入します。

4 警察署で申し込みをする

管轄の警察署の交通課窓口に必要書類や印鑑を持参して、車庫証明の申し込みの手続きをします。申請時には2,000円~2,200円の手数料を支払う必要があります。

※手数料は地域によって異なります。

5 警察署の担当者が駐車場を調査する

申請内容に、虚偽や誤りがないかを警察署の担当者が現地調査します。

6 警察署で車庫証明書の交付を受ける

発行された車庫証明書を警察署で受け取ります。交付時には500円~610円の手数料が必要です。交付予定日については事前に教えてもらえます。交付日は申請書類を提出してから3日~4日後くらいになることが多いです。

※手数料は地域によって異なります。

このように、車庫証明を取得しなければ、カーリースの申し込みを完了させ、利用をスタートさせることができませんから、忘れないようにしましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

日産の人気車、カーリースの料金は?日産の人気車種の見積り額を徹底比較!

日本を代表する自動車メーカーの日産。その技術力は高く評価され、「技術の日産、販売のトヨタ」などといわれた時代もあったようです。 フェアレディZやスカイラインなど、歴史に残る名車を多く生み出してきました。実は日本で初となる3ナンバー車、セドリックシーマやグロリアシーマを販売したのも日産です。このシーマは大ヒットとなり、一大ブームを巻き起こしました。 カーリースでも、日産の人気車種も、もちろん利用できます。そこで、現在の日産の人気車種のカーリース料金を、カーリース会社別に比較してみました。サービス内容の違いにも注目です。

カーリース契約満了時に車はどうなる?4つの選択肢について解説

カーリースを利用して長年乗った愛車が契約満了を迎えると、いったいどうなるのでしょうか?「カーリースの仕組みがよくわからない」「契約満了後の手続きが複雑そう」などと考え、カーリースの利用を躊躇している人もいるかもしれませんね。今回は、契約満了時に選べる4つの選択肢について解説します。