カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの約款とはどんなもの?よくある疑問をニコリース約款と照らし合わせて解説!

どんなサービスにもルールがあり、それはカーリースというサービスでも同じです。契約を結ぶ前に約款を理解しておかなければなりません。今回は、ニコリースの約款を参考にして、カーリースについてのよくある疑問を解説します。

カーリースにおける約款とは、不特定多数に向けた“普通取引約款”のこと

あまり耳慣れない「約款」という言葉ですが、まずはその言葉の意味からご説明しましょう。約款とは一般に契約や条約において、あらかじめ決められている条項のことを指して述べられます。

しかし、具体的にいうと約款には2つの意味があります。1つ目の意味は、契約に定められた条項という意味です。約は契約のことを指し、款の字は取り決めや条約条項を指しています。

約款の2つ目の意味は「普通取引約款」というものです。一般に約款と言われるときは、この普通取引約款のことを指して言われることが多く、銀行取引約款、保険約款のように、〇〇約款という形で述べられることが多くあります。

約款の目的は、取引をスムーズにすることです。契約を結ぶ際に、あらかじめ約束したいことを述べるのは当たり前ですが、ひとつひとつのルールや決めごとを口で説明するのは大変です。そこで、約款という形で一つにまとめて、契約の当事者に手渡すのです。

インターネットなどで商品を購入する場合にも小さな文字で書かれた文章を最後まで読んでから「同意する」のボタンを押さなければなりません。一文ずつ丁寧に読んでいる方は少ないかもしれませんが、同意するボタンを押した時に利用者は約款を守ると述べたことになります。

よく、契約書と約款が一緒になっていることがありますが、具体的には、この2つは異なるものです。契約書は特定の個人に向けて発行されるもので、約款は不特定多数のサービスを利用する人のために用意された普遍的なものです。

約款には決まりごとしか書かれていないのに対し、契約書には当事者の名前や、いつ代金を支払うかなどといった具体的な契約内容が記載されています。

カーリースを利用する前に契約を結ぶ時、約款を読む必要があります。このカーリースの約款は非常に重要です。というのも、約款にはカーリースを利用する前に必ず知っておかなければならない事が書かれているからです。

例えば、万が一の事故が発生した場合のことや、カーリースした車を傷つけてしまった場合のこと、中途解約についても細かな記載があります。イレギュラーなことが起きた際にどのように対処すれば良いのかが約款に全て書かれているのです。

誤解したままカーリースを利用してしまうことがあるかもしれないので、契約を結ぶ前にしっかり約款に目を通しておくことは大切です。たとえば、カーリースした車の距離数制限が2,000キロだと思い込んでいたけれど、実際は1,500キロだったなどという事が起こり得ます。

書類は証拠となるため、カーリース会社は必ず約款を印刷し、利用者に手渡します。利用者は約款を読む必要があり、その約款に書いてある規則をしっかりと守る必要があります。契約後に争いにならないためにも、約款は読んで理解しておく必要があるでしょう。

 

カーリースにおける疑問を、ニコリースの約款と照らし合わせて解説!

例えば、ニコリースにも約款があります。合計26条まであり、それぞれリース契約について、貸出料金、保証金などに関する細かな規定が書かれています。ニコリースの約款は公式サイトからチェックすることができます。

例えば、走行距離制限に関してはいかがでしょうか。ニコリース約款の第5条から、走行距離が2,500キロメートルと定めてある事が分かります。この走行距離制限はカーリース会社によって全く異なるため、契約前に確かめておく必要があります。

もし、ニコリースを利用していて、この走行距離制限を超過してしまった場合はどうでしょうか?そのこともこの約款にかかれています。「乙は契約終了時に1キロメートル当たり5円を支払わなければなりません」と明記されており、ドライバーは精算金を払わなければならない事が分かります。

ニコリースの約款には、再リース契約のことについても述べられています。カーリースを利用しているあなたがニコリースのサービスを気に入っているとして、更にリース契約を延長したい場合、この約款によれば、住民票や保証人のサインが入った契約書などを提出します。

その後、再リース契約手数料と貸出料金を含めた10,000円(税別)を支払わなければならないという決まりになっています。ウェブサイトから申し込みをする段階では見落としてしまいそうな細則も約款にはしっかりと書かれています。

カーリースにおける禁止行為に関しても細かな記載があります。カスタマイズをしてはいけない、又貸しをしてはならないなどのルールは多くの方が分かっている点かもしれません。しかし、カーリースの約款には他の禁止行為についても書かれています。

例えば、契約に基づく権利の譲渡や、リース車両を競技用に使用すること、リース車両を担保の目的とすることは禁止されています。また、カーリース会社の許可を得ずに車検証の内容を勝手に書き換えることも禁じられています。

例えば、オフロードやサーキットなどのレース目的の車としてカーリースを利用してはならないという事です。また、担保として差し押さえる目的のために、カーリースした車を利用してはいけません。感覚的に分かるかもしれませんが、約款にはこうしたことまで書かれているのです。

 

約款の内容はカーリース会社によって異なる?

当然のことながら、約款はカーリース会社によって多少異なります。では、トヨタレンタリースと、先ほど例に出したニコリースの約款を比較してみましょう。

ニコリースの約款の第17条には、故障や損傷で修理が不可能な場合の対処方法が書かれています。顧客側はカーリース会社に車両を返却した上で、残存価格に基づいてリース車両を弁済しなければならず、その場合の車両移送費用も顧客が負担しなければなりません。

また、天変地異などが原因で顧客がリースした車を管理できなくなった場合も、同じように残存価格にてリース車両を買い取る必要があります。

トヨタレンタリースの約款もこれと似ており、カーリース会社が顧客に代わって車両に関わる費用を立て替えた場合は、顧客が必ずカーリース会社にそのお金を支払わなければならないとの旨が書かれています。

トヨタレンタリースとニコリースの約款では、多少表現に違いがあるため、誤解しないように注意しましょう。また、ごく稀に、甲と乙が示す対象が逆になっていたりすることもあるので、気をつける必要があります。

 

カーリースを利用する際は約款だけでなく契約書の内容もしっかり読もう!

カーリースを利用する際には、まず約款を最初に頭に入れた上で、契約書も丁寧に読む必要があります。契約内容を誤解していてカーリース期間が終了する時になって争いが生じたということなどがないように、面倒でも約款を読むことが大切です。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検を受けるともらえる車検シールにどんな意味があるの?しっかり理解しておこう!

車検を無事に受かるともらえる、数字が記されたシール。よく車のフロントガラスに貼られていますが、「見た目が悪くなるし、どうしても貼らなければいけないのだろうか?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、この車検シールにどのような意味があるのかについて説明します。関係する法律や罰金についても解説しますので、ぜひご一読ください。

月々一万円からの料金で利用できる!おすすめのカーリースの業者をご紹介

新車を借りてマイカーのような感覚で長期間利用できる個人向けカーリースサービスが人気です。いろいろなカーリース会社がお得な料金でサービスを提供しています。カーリース会社の中には、月々一万円からの料金プランを用意している会社もたくさんあります。今回は、月額一万円からの料金で利用できるおすすめのカーリース業者をご紹介したいと思います。

カーリースは電話でも契約可能?問い合わせから納車までの流れを調査!

現在では、日々の買い物、レンタカー、銀行口座の開設など、様々なサービスを電話やオンラインで利用できることが当たり前になっています。実は、カーリースも電話やオンラインでの契約が可能なのです。 今回は、電話やオンラインで契約が可能なカーリースと、その流れを解説し、実際の利用者の声もご紹介します。これから契約を考えている人は、ぜひ参考にしてください。