カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの良いところは何?悪いところも含めて総合的にご紹介!

カーリースは最近注目を集めている車の利用方法ですが、結局のところ、カーリースって得なのか損なのか分らないという人も多いはずです。メリットばかり紹介されても、そこまで信ぴょう性を感じませんよね。そこで今回は、カーリースの良いところと悪いところを総合的に紹介していきます。その中で、自分にとって適したサービスかどうかを判断してください。

そもそもカーリースって?

カーリースの宣伝などで「月10,000円から車に乗れる」などの触れ込みを目にする方も多いかと思います。そんなカーリースですが、そもそもどういったサービスなのでしょうか。

まずは、カーリースというサービスの基本的な部分を解説していきます。カーリースに関する正しい知識を手に入れて、利用に向けた参考にしてみてください。

カーリースは、簡単なイメージとしては「車の長期レンタル」という形態のサービスとなります。これまでは企業向けのカーリースが多かったのですが、近年の需要の変化から個人向けのカーリースも登場してきました。

カーリースでは、車をレンタルしながら、毎月利用料金を支払っていくという形で車に乗ることができます。利用料金の中には、車両価格、税金、登録料、車検、メンテナンス費などが含まれており、それらをまとめて分割で支払うという仕組みになっています。

車をローンで購入するのと近い感じがしますが、カーリースは少し異なります。住宅に例えると、カーリースは賃貸住宅、自動車ローンは住宅ローンのようなものです。

マイカーを購入する場合、車両価格に加えて、税金、保険、メンテナンス費といったものを自分で考えて支払っていく必要がありますよね。カーリースの場合、それらの項目はすべて毎月の支払い額にまとめられているので、面倒なことを考える必要はありません。

また、レンタカーとの違いもあります。カーリースはレンタカーと比較して、レンタル期間が長いことが挙げられますが、それ以外にも、レンタカー特有の「わ」ナンバーは、カーリースにはつかないという特徴もあります。

人によっては、「わ」ナンバーを嫌がる人もいますが、その場合はカーリースを利用すれば安心ですね。

また、カーリースは車を長期レンタルするという仕組みになっていますが、カーリース会社によっては、契約満了後に車を貰うこともできます。契約期間中は、車を借りている状態であるものの、契約満了後にはマイカーとして扱うことができるのです。

以上が、カーリースの基本的な仕組みとなっています。カーリースについて詳しく知らない人は、まずはこれらのポイントを押さえておくといいでしょう。

 

カーリースの良いところとは?

ここでは、カーリースの良い点や、主なメリットを紹介していきます。カーリースでは、先ほど紹介した仕組みから、様々なメリットを得ることができます。

まず、1つ目のメリットは、まとまったお金が必要ではないという点です。車をローンで購入する場合、頭金を用意する必要があり、それ以外にも、登録料や税金など、初期費用にかなりのお金が必要となります。

カーリースの場合、頭金も必要なく、税金や車検などはすべて毎月の利用料金にまとめられています。そのため、初期費用はほとんどかからず、まとまったお金が必要ではなくなるので、車を利用するにあたって、大きな出費をなくすことができるのです。

2つ目のメリットは、毎月の支出が安定するという点です。カーリースでは、毎月一定の利用料金を支払っていくという形になります。マイカーを持っていると、忘れたころに自動車税やメンテナンス費、部品交換などの急な出費が重なることがありますよね。

カーリースの場合、そういった費用も毎月の利用料金にまとめられているので、毎月の支出を一定に保つことができ、これによって家計を安定させることができます。

3つ目のメリットは、車を持つことに関する面倒な手続きを任せられるという点です。車を購入すると、ローンの手続きや、定期的なメンテナンス、修理、車検などを自分で対応しなければなりません。

車の知識があまりない人にとっては、こういった手続きは面倒ですし、不安ですよね。カーリースの場合、そういった面倒な手続きは、すべてカーリース会社に任せることができるため、車の知識がなくても安心です。

4つ目のメリットは、ライフスタイルの変化に対応しやすいという点です。カーリースの場合、契約期間は3年~9年といった幅があります。単身赴任や子供の成長などに合わせて、車を乗り換えたりもできるので、それぞれの時期に合った車に乗ることが可能です。

 

カーリースの悪いところとは?

カーリースのメリットを紹介しましたが、どんなサービスも良いところだけがあるわけではありません。全ての人にフィットするサービスというのは、なかなかありません。どんなサービスにも良いところもあれば、悪いところもあります。

大事なのは、その両面を理解したうえで、自分に合っているサービスかどうかを判断することです。ここでは、カーリースの悪いところを挙げていきます。

まず、1つ目のデメリットは走行距離が制限されていることです。カーリースでは、契約時に、利用する車の走行距離を設定します。もちろん走行距離を短く設定した方が、料金は安くなるのですが、走行距離の制限を超過してしまった場合、超過料金を請求されます。

そのため、カーリースを利用する場合は、どのような用途で、どれくらいの距離を走行するか、事前に想定する必要があります。通勤だけに使うのであれば、走行距離は把握しやすいですが、不定期に車を利用する人にとっては、それは難しいかもしれません。

2つ目は、トータルの支払い額はローンよりも高くなる場合が多いという点です。カーリースでは、車両価格や税金、メンテナンスといった総支払額を毎月分割で支払いますが、それには金利がかかっており、ローンで購入するよりも金利が高くなっていることが多いです。

毎月の料金がリーズナブルで、安定するとはいっても、最終的な支払い総額が多くなってしまうと意味がないと感じる人もいるかもしれません。無理のない安定した支払いを選ぶか、総額の安さを選ぶかという選択が重要となります。

最後は、中途解約ができないという点です。多くのカーリース会社では、中途解約が認められておらず、それでも解約する場合は、違約金や、残りのカーリース料金を請求される場合があります。

これに関しては、解約のリスクに備えて、任意保険に加入することをおすすめします。

 

カーリースの良いところ、悪いところを把握して、無理のないプランを決めよう!

ここまで、カーリースの良いところ、悪いところを紹介していきました。カーリース全体を見るとこのような特徴があることがわかりますが、すべてのカーリース会社が同じ特徴を持っているというわけではありません。

契約期間や車種の選択、オプションなどカーリースには、様々な選択肢が用意されており、契約プランによっては、悪い部分を打ち消すこともできるかもしれません。

重要なのは、これらの特徴を把握したうえで、各カーリース会社のプランを比較し、自分に合った無理のない良いプランを選択するということでしょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリース三年・五年契約の期間が満了した時の4つの選択肢

自家用車といえば、新車や中古車というイメージがあると思いますが、新しい車との付き合い方の一つの方法として「カーリース」というものがあります。 月々のリース料を支払うことで一定の期間車をレンタルできる仕組みのことで、設定されている車種からグレード・オプションを自由に選択することも可能です。 契約台数が増加傾向にあるカーリースですが、例えば三年・五年契約の期間が満了した時にはどのような選択肢があるのでしょう。

「自家用車向けマイカーリースが人気急上昇!カーリースの基本から審査や申込みの流れなどを詳しくご紹介」

昨今の自家用車ユーザーの所有動向として「自分で購入するよりカーリースする方が楽!」という考え方が流行になりつつあるようです。そもそも、カーリースのシステムとは一体どんなものなのでしょうか? 今回は、人気上昇中のマイカーリースのシステムやサービス内容、審査や申し込みの流れ等を詳しく解説していきたいと思います。

『忘れていた!』とならないために…車検を受けるのに必要な持ち物を知っておこう!

車の維持のためには避けて通れないのが定期的に受けることが義務付けられている車検の存在だと言えるでしょう。万が一、車検が切れた車を公道で走らせると道路交通法違反で刑事処分を受けることになるので、車検は必ず受け、自分の車が国土交通省の定める安全基準を満たしていることを確認する必要があります。 しかし、車を維持するために必要であることは理解していても、やはり車検は煩わしいものであり、問題なくクリアしたいのが本音です。書類に不備があると車検を受けることができませんので、車検場で「忘れていた!」とならないために、車検に必要となる書類など、車検の際の持ち物を紹介します。