カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの良さってどんなところ?カーリースの仕組みやメリットまで一挙にご紹介!

納車と共に始まる新車でのカーライフは、胸が躍るほど魅力的で期待に満ちたものではないでしょうか?しかし新車を購入すると、納車と同時に車両価格返済のために家計のやり繰りのスタート地点に立つことにもなります。 月々の返済額を抑えるためには、高額な頭金を用意するか、長期ローンを利用するしかありません。そこで「家計に優しい形でカーライフを満喫したい!」と願う方におすすめなのが、カーリースで始めるカーライフです。今回はカーリースの魅力と良さを紹介します。

カーリースの良さを知る上で理解しておきたい仕組みとは?

カーリースと聞いても、どのようなシステムであるのか具体的なイメージが湧かず、良さも魅力も感じないという方は少なくないでしょう。

かつてカーリースは法人向けを中心に提供されていたサービスで、近年カーリースのお得なシステムの良さが注目され、個方向けにもカーリースの普及が進み始めています。

ローンは利用者の車両購入代金をローン会社が立て替え、カーリースはカーリース会社が車両を代理購入して利用者に貸し出すもので、車両の所有者はローン完済までローン会社、カーリースの場合はカーリース会社となります。

共に車検証の使用者の欄には利用者の名義が明記されるので、ローンでの購入もカーリースの利用も車両の使用条件はほぼ同じです。

カーリース会社は利用者の希望車両を代理購入した代金に金利を加算した金額をリース期間で割り、月々のリース料金を設定しますが、料金算出の際、リース期間満了後の車両に「残価設定」が行われるのがカーリースの良さです。

残価はリース期間満了後の車両価格を予想したもので、仮に500万円の車両を5年契約で利用し、リース期間満了時の残価が150万円と査定されれば、350万円を5年で割った58,333円に金利を加算したものが月々のリース料金となります。

一般的にカーリースの契約期間は3年、5年、7年、9年が設定されリース契約の期間が長いほどリース料金が下がるので長期間契約を結ぶことでお得にワンランク上の車に乗れるのがカーリースの良さです。

カーリースのシステムの良さを紹介した後は、カーリースの利用者だけが得ることができる驚きのメリットを紹介します。

 

カーリースを利用することでどのようなメリットがあるの?

お得な金額でワンランク上の車に乗れるのがカーリースの良さですが、カーリースの良さはこれだけではありません。

ローンの場合は月々の返済額を抑えるために高額な頭金が必要となりますが、カーリースは頭金なしで希望する車種を新車で手に入られるのが良さの1つです。

また、ローンで購入した車両の維持費用は利用者が負担する必要がありますが、カーリースは車両維持費の大部分をカーリース会社が負担するため、利用者の月々の負担が抑えられるのもカーリースの良さの1つです。

カーリースのリース契約内容によっては、驚くべきことに毎年発生する自動車税や法定点検費用、重量税や自賠責保険を含む車検費用、オイルや消耗品などの交換を含むメンテナンス費用までカーリース会社が負担します。

定期的に発生する車両維持費の負担を心配することなく、駐車料金、ガソリン代、任意保険や高速料金などの負担だけでピカピカの新車に乗れるのはカーリースの良さであり、最大メリットだと言えるでしょう。

逆に新車を一括購入するだけの予算がある方や、長距離ドライブが楽しみな方、愛車のカスタムを楽しみたい方、契約期間中に車両が必要なくなる可能がある方などは、カーリースの良さを楽しめないと考えられるのでおすすめできません。

 

カーリースの良さを最大限に活かす方法とは?

次に挙げるようなタイプの方が、カーリースを利用するのをおすすめする例です。

・頭金などの準備はないがとにかく新車に乗りたい方
・家計の負担にならずに車を維持したい方
・お得にワンランク上の車種でのカーライフを楽しみたい方
・リーズナブルに新車を楽しみたい方
・車両維持のメンテナンスが面倒だと感じる方
・定期的に発生する車検費用や税金、自賠責保険の負担をしたくない方
・街乗りが中心であまりロングドライブをしない方
・カスタマイズに興味がなく納車時の状態が一番だと感じる方

上記のタイプに当てはまる方はカーリースの利用が向いていると考えられます。なお、カーリースの契約内容の中でも、メンテナンスリースでの契約を利用するとカーリースの良さを最大現に活かすことができます。

カーリースの契約内容には車両購入時に発生する費用をカーリース会社が負担するファイナンスリースと、リース期間中に発生が予想される維持費用までカーリース会社が負担するメンテナンスリースがあります。

ファイナンスリースはリース期間中の車両維持費用を利用者が負担するもので、月々の支払い額は抑えられますが個人向けカーリースの良さを満喫できないと考えられるリースプランです。

既に紹介してきたカーリースの良さが凝縮されているカーリース契約はメンテナンスリースと呼ばれるもので、上記のタイプの方は、メンテナンスリースでカーリース契約を結ぶことでカーリースの良さを満喫できると考えられます。

 

カーリース会社はどこを選べばいいの?おすすめ3社をご紹介!

オリックス自動車

オリックス自動車はカーリースの良さを5年間満喫できる「いまのりくん」、7年間満喫できる「いまのりセブン」、9年間満喫できる「いまのりナイン」の各プランが人気のカーリース会社です。

契約期間中は無料で車検やオイル交換を行うことが可能なメンテナンスリースで、取扱い車種も市販されるほぼ全ての国産車に対応しているので、希望する車種を選べば、リーズナブルにカーリースの良さを満喫できます。

コスモスマートビーグル

全国のコスモ石油のくるまの相談室で取扱われるカーリースサービスで、キャッチフレーズに「気軽」「手軽」「身軽」を掲げたカーリースプラン「Myカーリース」が方気です。メンテナンスパックに予算に応じて選べる3つのパックを用意して希望する車種でカーリースの良さを満喫できます。

コスモのくるまの相談室では、豊富な専門知識をもつカーライフコンセルジュのサポートを受けながら車を選ぶことができ、契約後は全国のコスモ石油のサービスステーションで、割引価格にてリース車両へ給油できます。予算に合わせてお得にカーリースの良さを満喫できるプランとなっています。

カーコンカーリースもろコミ

カーリース業界屈指の低価格カーリースで注目されるのが、カーコンビニ倶楽部株式会社の提供するカーリースサービス「カーコンカーリースもろコミ」です。カーリースプランもろコミシリーズは「もろコミ7」、「もろコミ9」で構成され、それぞれ7年間と9年間カーリースで、カーリース契約満了時にリース車両が無料でもらえます。

2019年1/1(火)~3/31(日)の期間中に、全国のもろコミ販売店で「もろコミ7」または「もろコミ9」を成約すると「もろコミ7、9(※特選車を除く)ご成約特典」としてガラスコーティング剤「スパシャン」、車載用防災セット「Refill Box 24」、ドライブレコーダー、キズへこみ保証クーポンがプレゼントされます。

また2019年1/1(火)~3/31(日)の期間中にWEB申し込みでもろコミ7の「特選車」を成約すると「もろコミ7の特選車ご成約特典」として折りたたみ電動アシスト自転車、キズへこみ保証クーポンがプレゼントされます。
※上記特典の内容は予告なく変更、終了する可能性があります。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースで中古車も選べる!中古車をリースする際の注意点と絶対知っておくべきこと3選

カーリースでは新車以外に中古車もリースすることができます。当然、新車をリースするよりもリース料金が安くて済みますが、あくまで中古のため新車とは多少異なる点がいくつかあります。メリット・デメリットや新車との比較、中古車をリースする際に押さえておきたいポイントについて解説をします。

カーリースで知っておきたい基礎知識!返却時に傷がある場合の対処法について解説

車に乗っていると、知らないうちに傷がついていたりすることがあります。マイカーの場合はそのまま放置したり、自分で修理したり、行きつけの修理工場に持ち込んだりとその対応も自由ですが、カーリースの場合はどうすればいいのでしょうか。 カーリースの契約満了時、車を返却する際に傷があったらどうすればいいのか、ここではその対処法について徹底解説します。

カーリースの契約終了後の再リースは可能?

カーリースでは3年、5年、7年などの契約期間が明確に決まっており、契約期間が終了すると、基本的には車を返却することになります。しかし、リースした車を気に入って、契約終了後も乗り続けたいと思うことがあるかもしれません。契約期間が終わった後に、同じ車を再リースすることはできるのでしょうか?