カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの費用についてのまとめ

長期間にわたって車を借りて楽しめるカーリースサービスですが、利用する場合に一番気になるのはその費用です。そもそもカーリースの月々の料金はどのようにして設定されているのか?リース料以外にかかる費用はないのか?カーリースは費用面で本当にお得だと言えるのか? など、ここではそんな気になるカーリースの費用の疑問に答えていきたいと思います。

リース料金はどのようにして設定されているのか

月々のカーリースの費用は一般的に、車両価格から契約終了時の予想残存価格を差し引いた金額を元に算出されます。

例えば、車両価格が100万円の車を5年契約でリースするとします。その車両の5年後の予想中古車価格が40万円だとすると、100万円から40万円を引いた60万円がリース料金を算出する上での車両価格だということになります。

OA機器などに代表される一般のリースではその価格をほぼ全額償却する前提で料金が設定されていますから、ユーザー側にメリットのある方法でカーリースでは費用が計算されていることが分かります。しかも、カーリース会社は車を大量に購入するため、車両価格は個人での購入と比べると大きな割引を受けている場合が多いです。

しかしながら、リース料金は車両価格だけで決まる訳ではありません。リース料金には各種税金、自賠責保険料、車検費用、基本的なメンテナンスの費用などが含まれている場合が多く、それらが月々のカーリース費用に上乗せされています。さらにリース料金には金利もかけられています。

また、リース車には購入の場合と同じようにメーカーオプションや販売店オプションを付けることができますが、付ける場合にはカーリース費用が増額されます。

ちなみにリース契約を延長して再び同じ車に乗る場合、契約時に設定された残存価格を車体価格とします。その価格から再度設定した契約終了時の残存価格を差し引いたものに、再リース期間中の諸々の費用や金利などを上乗せして新たなリース料金が設定されます。

 

月々のリース料金以外にかかる費用は?

では、カーリースを利用した場合、月々のリース料金以外にどんな費用がかかるでしょうか?

最初に、「カーリース期間中にかかる費用」について見てみましょう。

まず、駐車場を自分で所有していてそれを利用する場合は別として、駐車場代がかかります。カーリースの場合も車庫証明を取得する必要がありますから、駐車場を確保しなければなりません。

また、当然のことながら車を運転する以上はガソリン代もかかります。ただし、カーリース会社によってはリース期間中にガソリン代が割引になるサービスをしていますので、その場合は通常よりもガソリン代は多少安く済ませることができるでしょう。

さらに、自賠責保険はカーリース費用に含まれていることが多いのですが、任意保険はそうではないです。ですから、任意保険に加入する場合はその保険料を支払う必要があります。任意保険への加入を必須条件にしているカーリース会社も少なくありません。

また、これはカーリース会社や契約プランによってさまざまなのですが、オイル交換やタイヤ交換、その他の消耗部品の交換費用や修理費用がカーリース費用に含まれる場合とそうではない場合があります。含まれない場合はこれらの費用も負担することになります。

次に、「カーリース期間終了時に支払うことになるかもしれない費用」もありますのでそれを見てみましょう。

まず、カーリース契約には多くの場合リース期間中に走行できる距離に制限がかけられており、もしそれを超過して走行した場合には、契約期間終了時に追加料金を支払わなければなりません。追加料金は超過距離1kmにつき5円から15円程度です。ですからリース期間中は走行距離を気にしながら運転する必要があります。

また、リース期間終了時には車両の査定があります。車両の査定価格が、契約時に設定した予想残存価格を上回った場合はキャッシュバッグを受けられる一方で、下回った場合にはその差額を負担しなければなりません。リース期間中は車を大事に扱う必要がありますね。

最後に、「カーリースを途中でやめた場合にかかる費用」もあります。カーリース契約は中途解約できない場合が多いです。事情によりどうしても解約しなければならない場合、解約金を支払わなければなりません。この解約金は高額なものになります。例えば、7年契約のカーリースを2年でやめた場合、残りの5年間分のカーリース費用と解約手数料を加えた額が解約金となります。

 

カーリースは費用面で本当にお得なのか?

ここまでカーリース費用の設定方法やカーリース料金以外にかかる費用について見てきましたが、カーリースは本当にお得なサービスと言えるのでしょうか?

「リース料金はどのようにして設定されているのか」の部分で見た通り、リース料金は車両価格から契約終了時の予想残存価格をマイナスにした金額を元に算出されますから、購入する場合よりも予想残存価格分だけ車両にかかるお金を節約することができます。また、カーリース会社の車両大量購入による割引も期待できます。

しかも、購入する場合と違って頭金が不要ですし、月々の車にかかる出費の変動があまりありませんので家計のやり繰りがしやすいです。こうしたことを考えると、確かにお得で便利なサービスと言えるでしょう。

しかし、カーリースにも費用面でのデメリットや注意点はあります。

まず、金利が車両価格だけではなく諸々の税金や車検費用、メンテナンス費用などにもかけられていることがあげられます。税金納付や車検やメンテナンスなどをカーリース会社にお任せできるので非常に楽なのは確かですが、それらの実際の費用に加えて金利も支払っていることは覚えておいた方が良いでしょう。

このように金利が車両価格以外の部分にもかけられているということは、ローン購入の場合よりも多くの金利を支払わなければならないことを意味します。カーリースでは契約期間満了時に残価を支払うことで車を買い取ることができるのですが、その場合に総支払額がローン購入と比較して高額になるのです。

また、カーリース会社によって多少異なりますが、カーリース費用を算出する上で重要なポイントとなる車両の契約終了時の予想残価は、低めに設定されることが多いようです。車を乱暴に扱って価値を下げた挙句、最後の清算時にも差額を負担しないで逃げるユーザーも中にはいるかもしれませんので、カーリース会社が損をしないように「リスクを考慮に入れた残価設定」となっているのです。この点もよく理解しておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

ここでは、カーリースの費用についてさまざまな角度で考えてきました。この記事を読んだあなたはカーリースについてどう思ったでしょうか?

費用面でメリットがあると感じたでしょうか?それともあまりお得ではなさそうだと感じたでしょうか?

感じ方や考え方は人それぞれです。大切なのは利用するかどうかを決める前によく調べて考えることです。しっかりと吟味することで、後悔のない決定ができるでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

タイヤの点検は重要?車検前に知っておきたいセルフチェック方法を解説!

タイヤは車の安全性を大きく左右する部品であり、車検の時にもタイヤの状態は検査され、交換が必要になる場合もあります。そのため、車検の前に自分でタイヤのコンディションをチェックすることによって、車検時の整備費用が高くなるのを避けられます。今回はタイヤのセルフチェック方法を徹底解説します!

軽自動車にかかる車検費用ってどれくらい?安く抑えるにはどうすればいい?

お洒落なデザインとリーズナブルな維持費で人気の軽自動車も、定期的に車検を受ける必要があります。車検費用は普通自動車よりも格安ですが、2年ごとの車検に経済的負担を大きく感じる方も少なくないのではないでしょうか? リーズナブルな維持費が軽自動車の魅力の1つですから、車検費用も安く抑えたいものです。軽自動車の一般的な車検費用や車検費用を安く抑えるポイントなどを紹介します。

カーリースの中途解約(途中解約)は可能?もし契約期間中に解約をしなければならなくなったら…

カーリースの契約期間中に、何らかの事情によって「どうしても解約をしなければならない」という状況になってしまう可能性はゼロではありません。カーリースは中途解約が可能なのでしょうか?また可能であればどのような手続きを経て解約をすることができるのでしょうか?カーリースを利用する前にぜひ押さえておきたいポイントですので、しっかりと把握しておきましょう。

あなたのライフスタイルに合ったカーリースプランは?車の選び方などもあわせてご紹介!

新車が納車された瞬間からドライバーのライフスタイルに合わせた新しいカーライフが始まりますが、ライフスタイルをサポートしてくれる車の維持費用を抑えたいと誰もが考えるのではないでしょうか? 生活に華を添える車のランニングコストを抑えることができれば、ライフスタイルをより充実させることも可能です。今回は、カーリースプランの中から、さまざまなライフスタイルに合わせたプランを紹介します。

多面的な魅力と価値を持つ人気車!ヴェゼルに乗るなら購入とカーリースどちらがお得?

SUVに乗りたい人なら必ず候補に挙がると言ってもいいのがホンダのヴェゼルです。今回は、ヴェゼルに魅力に徹底的に迫ってみましょう。またSUVに乗るには予算が多くなりがちです。その中でもお得にヴェゼルに乗るにはどのような購入方法がいいのでしょうか。通常購入とカーリースを比較して、おすすめの買い方を見てみましょう。