カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの車が故障した時の対応は?

カーリースで乗っている車が故障してしまったら、どうすればよいのでしょうか?いざという時に慌てないように、リース車が故障した時の対応や、費用の負担がどうなるかについて学んでおきましょう。

カーリースの車が故障したらどこで修理する?

カーリースで利用している車が故障したら、どこで修理すればよいのでしょうか?

故障に気づいたら、カーリース会社に連絡して相談するのがお勧めです。自分で修理工場や整備業者を選べる場合もあれば、カーリース会社によって修理業者が指定されている場合もあります。これは契約内容によって変わってきます。

契約内容をしっかり把握していればいいのですが、把握していない場合も多いと思います。特に、緊急時などには契約内容を改めて確認する余裕もないと思いますので、カーリース会社に連絡して相談するのが確実です。

整備業者が指定されているのに、勝手に別の場所で故障の修理してしまった場合には、契約違反として最悪の場合は損害金が発生してしまう可能性もあり、本来カーリース会社が負担してくれるはずの費用が自己負担になってしまうことも考えられます。

そのため、どこで修理すればよいかをはっきり把握している場合は別として、カーリース会社に相談して対応方法を尋ねるのがよいでしょう。

故障はいつ生じるか分かりませんので、いつでも連絡や相談ができるように24時間365日対応のコールセンターを用意しているカーリース会社もあります。これらのサービスを提供しているカーリース会社で契約するならば、より安心して車を利用できるでしょう。

 

カーリースの車が故障した時の修理費用はどうなる?

カーリースの車が故障した時の修理費用の負担はどうなるのでしょうか?

故障と一言で言っても、契約者の過失で生じた故障と、経年劣化などで生じる故障があります。まず、契約者の過失で故障が生じた場合の修理費用の負担について見てみましょう。

契約者の過失と言えば、事故があります。また、操作を誤ったこと(例:サイドブレーキを入れっぱなしに走行してしまった、無理なギアの入れ方をした等)が原因で故障するということもあるでしょう。

このような、契約者の過失でリース車が故障してしまった場合には、基本的に契約者側で修理費用の負担をすることになります。

修理業者が指定されている場合、修理費用が高めになってしまうかもしれませんが、それでもその業者に依頼して自己負担で修理しなければなりません。

では、契約者の過失によらない故障の場合はどうなるのでしょうか?これはカーリースの契約内容によって異なります。

カーリースには大きく分けて「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」があります。

ファイナンスリースでは、リース料金に車両価格、新車登録諸費用、自動車税のみが含まれているタイプです。ファイナンスリースの場合、故障の修理は基本的に自己負担で行わなければなりません(もちろん、メーカー保証は受けられます)。

メンテナンスリースでは、リース料金に上記の費用だけではなく、契約期間分の自賠責保険料・自動車重量税・車検代、整備点検費用、消耗部品交換費用、オイル交換費用なども含まれます。

名前の通り、メンテナンスサービスが契約に含まれる形になります。現在、カーリースでは、ファイナンスリースよりもメンテナンスリースが主流となっています。

メンテナンスリースの場合、故障した部品の交換がメンテナンスサービスに含まれていれば、カーリース会社の負担で交換をしてもらえることになります。

また、どの部品が故障したかに関係なく、正常な使用で生じた故障の無償修理がメンテナンスサービスに含まれている場合もあります。

このように、メンテナンスリースでは、経年劣化などの契約者の過失によらない故障の修理費用をカーリース会社に負担してもらえる場合があります。

ただ、いずれにしても、契約内容によって故障の修理費用の負担がどうなるかは異なります。ですから、契約内容を事前にしっかり把握しておくことが大切です。不明な点があれば、契約前にカーリース会社に質問して確認するようにしましょう。

また先ほど、故障が起きた時にまずカーリース会社に連絡することをお勧めしましたが、その際に修理費用の負担がどうなるのかも尋ねるようにしましょう。

 

カーリースの車の故障を放置するとどうなる?

カーリースで使用している車の故障を放置するとどうなるのでしょうか?

故障個所があっても走行自体には当面支障がないという場合に、修理費用がもったいないのでそのまま故障を放置してしまおうと考える人がいるかもしれません。しかし、故障の放置はNGです。

そもそもカーリースの車は「借り物」ですので、基本的に契約開始時と同じ状態で車を返却しなければならず、故障したまま返却するのはNGです。

カーリースでは、契約終了時に返却車両のチェックと査定が行なわれます。その際、「査定額」が契約時に設定した「残価」を下回った場合には、差額を清算金として請求されることになります。

※カーリースでは契約時に「契約終了時点での車両の予想価格(残価)」を設定し、その金額を「車両価格」からあらかじめ差し引いてリース料金を決めます。

もし、故障した状態で車を返却すると、査定額がかなり低くなってしまい、高額な清算金が発生してしまうかもしれません。いずれにしても、故障を放置したままにすると、契約終了時に必ずカーリース会社に知られてしまいます。

また、ある部分の故障を放置して走行していると、それが他の部分の不具合を誘発してしまい、結果としてより高い費用が発生してしまうこともあります。そのため、カーリースの車が故障した時には必ず修理するようにしましょう。

 

保険の必要性

ここまで見てきたとおり、リース車の故障は、自己負担で修理しなければならないことがあります。故障の箇所や種類によっては、高額な修理費用が必要になるかもしれません。

ですから、そのような場合に備えて「車両保険」に入っておくことは大切です。任意保険に加入していても、それに車両保険が含まれていないと、自分の車(リース車)の修理費用を補償してもらえないからです。

もしくは、車が「借り物」であるというカーリースの事情に合った特約が付いている「カーリース用の任意保険」もありますので、そうした保険に入ることも検討しましょう。

カーリース会社は自動車保険会社と提携していて、適切な保険を紹介してもらえる場合も多いですので、契約前にカーリース会社によく相談して保険についての不安もなくしておきましょう。

今回は、カーリースの車が故障した時にどうすればよいのかについて考えてきました。カーリースについて、他にも疑問があるならば、契約する前によく調べたり、カーリース会社に確認したりすることが大切です。

どんなサービスを利用する場合にも言えることですが、必要な知識を事前によく学んでおくと、契約後に後悔したり、いざという時にパニックになったりすることを避けることができるのです。

人気カーリースを見る

関連する記事

ガソリンスタンドで有名な “出光”のカーリース、どんなメリットがある?サービス内容や申込みの流れなどをご紹介!

出光といえばガソリンスタンドのイメージが強いですが、カーリース事業を展開していることを知っていましたか。出光のカーリースでは、ガソリンスタンド事業の強みを活かしたメリットがあり、その他にも、様々なメリットが盛りだくさんになっています。今回は出光のカーリースのサービス内容や、納車までの流れなどを紹介していきます。

リース車は本当にお得? メリット・デメリットを徹底検証してみた

車があると便利なことはたくさんあります。買い物をするため、レジャーに出掛けるため、用事を済ませるため、ドライブそのものを楽しむためなど、生活のいろいろな場面で車は役立ちます。一昔前であれば、個人が車を使いたいと思ったら、購入するか、家族や友人から借りるか、レンタカーのサービスを利用するしかありませんでした。しかしながら今では、車をリースして利用する方法が人気を集めています。今回は、車をリースするメリット・デメリットを詳しくお伝えしていきます。

法人は車を購入するよりもカーリースの利用がお得?カーリースのメリットをご紹介

法人で社用車の導入を検討する際、購入とカーリースどちらがよりメリットの多い手段なのか、迷うことがあるのではないでしょうか。この記事では、法人がカーリースを利用した場合のメリットや注意点、利用の流れや審査についてなどを解説するとともに、法人におすすめのカーリースをご紹介します。

話題の軽自動車、月額1万円以下で利用できるカーリース会社をご紹介!

車の利用方法の選択肢として、広まりつつあるのが「カーリース」です。上手に活用すると、手軽に好きな車に乗ることができます。費用の節約として軽自動車の人気が高いですが、カーリースと組み合わせると、さらにコストを軽減できることがあるのです。 カーリース会社やプランを賢く選べば、月額1万円以下で利用することも可能です。それでは、カーリースが安くなるのは、いったいどういった仕組みなのでしょうか。月額1万円以下でカーリースを利用する選び方を見てみましょう。