カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの車には走行距離制限がある?カーリースのルールについて知っておこう

まとまった初期費用が必要なく、お手軽な月額料金のみで好きな新車が自由に選べて、マイカーのように使用できるカーリースが人気を集めています。しかしながら、カーリースには走行距離の制限がつきものです。ここでは、カーリースの車の走行距離制限について、徹底的にご説明します。

カーリースの車には走行距離制限がある?

カーリースには多くの場合、走行距離制限が設けられます。これには、カーリースの料金システムが関わっています。

一般的な個人向けカーリースの場合、車両代金に残価が設定されることがほとんどです。残価は正式には「残存価格」といいますが、カーリースの契約満了時の中古車としての車の査定額のことだと考えてください。

車の査定額には使用年数や走行距離が大きく関わっているため、残価は契約年数、走行距離を考慮して決定されます。

カーリースの料金は、車両代金からこの残価を引いた価格に、

・自動車税
・自賠責保険料
・重量税
・登録費用
・手数料

などが加算され、それらの合計金額を契約月数で割って、毎月支払うシステムになっています。

契約満了時に残価設定時に想定されていた走行距離を超えてしまうと、実際の査定額が残価を下回ることになります。そうなることを防ぐために、一般的なカーリースにおいては走行距離制限があるのです。

 

走行距離制限をオーバーするとどうなる?

では、あらかじめ設定された走行距離制限を超えてしまうとどうなるのでしょうか。

走行距離は月ごとに設定されている場合がほとんどですが、カーリース会社のチェックを月ごとに受けたり、自己申告したりするわけではなく、契約満了時の返却時にまとめて確認されることになります。

契約時に設定した走行距離制限を超えて走行していることが返却の際に判明すると、超過料金を請求されることになります。超過料金は1㎞ごとに加算されますが、カーリース会社によって料金は異なり、数円から10円程度が相場といわれています。

わずかな距離の超過であればそれほど負担にはならないかもしれませんが、意識しないうちにかなりの距離を超過していた場合は、大きな金額になる可能性もあります。

マイカーのように自由に車が使用できるカーリースですが、走行距離制限があることは忘れずに意識しておいたほうが安心です。

カーリース会社によっては、走行距離が数パターンから選べる場合もありますが、走行距離を少なく設定すると残価は高くなるため、月々のカーリース料金は抑えられるでしょう。

月々の価格の安さだけに注目して走行距離を設定してしまうと、

・すぐに走行距離制限を超えてしまって車が使用できない

・常に走行距離を意識して車を使用せねばならず、心置きなく楽しいカーライフが送れなくなる

といった事態に陥ることも考えられます。

そのため、走行距離が選べる場合は、月々の使用料金のみで判断するのではなく、自分がどのような車の使い方をするのかをよく考えて、ある程度は余裕を持った走行距離に設定しておくことが大切です。

 

カーリース会社の主な走行距離制限はどれくらい?

ここでは、カーリース会社ごとの走行距離制限の違いはどうなっているのかをチェックしてみましょう。

コスモスマートビークル

コスモスマートビークルはセットするメンテナンスプランによって、契約期間中ずっとガソリン代の割引が受けられる、コスモ石油の強みを活かしたカーリースサービスです。

運転免許の教習とマイカーリースを合体させ、これから免許を取得してカーライフを楽しもうとする方をサポートする「めんくるパック」などのユニークなプランや、2週間程度で納車が可能な即納車なども用意し、さまざまなニーズに対応しています。

コスモスマートビークルでは月間500㎞、1,000㎞、1,500㎞の3種類から走行距離が選択できるので、よく車で遠出するのであれば1,500㎞、近所への買い物や送り迎えが主な車の使い方で、遠出はめったにしないというのであれば500㎞に設定するなど、それぞれのカーライフに寄り添った選択が可能です。

オリックス マイカーリース

オリックスカーリースは1984年にカーリースサービスを開始した個人向けカーリースの老舗で最大手といえる存在です。

オリックス マイカーリースでは5年契約の「いまのりくん」と7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」の3種類のプランがあります。

どのプランでも走行距離制限は月間2,000㎞ですが、5年契約の「いまのりくん」以外のプランでは契約満了時に車がもらえるので、乗り換えや返却をせず、車をそのままもらうとすれば、実質、走行距離制限はないことになります。

カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースもろコミでは2019年の6月に新しく登場した車を返却するタイプの3年契約と5年契約の「もろコミ+」の他に、車がもらえるタイプの7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」があります。

自動車税や自賠責保険料などが月額料金にコミコミなのはもちろん、カーコンカーリースもろコミではプランごとに設定されたご成約特典もコミコミなのが特徴です。

2019年7月1日(月)~9月30日(月)の期間中にWEBから「もろコミ7」もしくは「もろコミ9」のお申し込みをいただき、ご契約された方にガラスコーティング剤「スパシャン」、車載用防災セット「Refill Box 24」、キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)をプレゼント。

またもろコミ7の「特選車」ご成約特典として同期間内にWEBから「もろコミ7」の「特選車」のお申し込みいただき、ご契約をされた方には車載用防災セット「Refill Box 24」、キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)をプレゼントしています。※いずれも特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。

いずれのプランでも走行距離制限はオリックス マイカーリースと同じく月間2,000㎞に設定されていますが、「もろコミ7」と「もろコミ9」ではオリックスカーリースと同じように契約満了時には車がもらえるので、その場合には走行距離制限を気にする必要はないといえるでしょう。

 

自分に合った走行距離制限のプランを選ぼう!

少し古いデータになりますが、国土交通省「継続検査の際の整備前自動車不具合」(2004年)のデータによると、自家用乗用車の年間走行距離は10,575㎞です。これを一か月の走行距離に換算すると約881㎞になります。

また、ソニー損保株式会社が行った2015年の調査によると、年間走行距離の平均は7,073㎞という結果が出ています。この場合だと、月間走行距離は約589㎞です。

この結果から考えると、一般的な車の使い方であれば、月間の走行距離制限が1,000㎞もあれば十分だということがわかります。

カーリースのデメリットとして走行距離制限があることが挙げられますが、ここで例を挙げたオリックス マイカーリースやカーコンカーリースもろコミでは、月間走行距離が2,000㎞に設定されているため、車をよく使うという方でも、それほど心配する必要はないのではないでしょうか。

それでも遠距離を走ることが多いなど、走行距離制限がどうしても気になるという方は、オリックス マイカーリースの「いまのりセブン」や「いまのりナイン」、カーコンカーリースもろコミの「もろコミ7」や「もろコミ9」のように、契約満了時には車がもらえるプランにすれば、そもそも走行距離の心配は不要になります。

コスモスマートビークルのように自分で走行距離が選べる場合には、車の使用用途や使用頻度をよく考えて、少し余裕を持った設定にしておくと安心でしょう。

車の使い方は人それぞれです。自分のカーライフに合った走行距離制限のプランを選び、安心して利用できるカーリース生活を送りましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

日本の車検費用はなぜ高い?費用の内訳や車検を安く済ませる方法をご紹介!

自動車検査登録制度を採用する日本で車を維持するには、一般的に車検と呼ばれる「自動車検査車検」を受け、合格する必要があります。車検は国土交通省が定める安全基準などを基に行われ、基準をクリアしない場合は合格することができません。 車の安全性能を高いレベルで保つために、定期的な車検は有意義な存在だと言えますが、費用が高いことがネックであり、車検対策に頭を悩ませる方は少なくないと言えるでしょう。 国内で車を維持するために避けて取ることができない車検の仕組みや、費用が高い理由、高い車検費用を抑える方法などを紹介します。

あなたのライフスタイルに合ったカーリースプランは?車の選び方などもあわせてご紹介!

新車が納車された瞬間からドライバーのライフスタイルに合わせた新しいカーライフが始まりますが、ライフスタイルをサポートしてくれる車の維持費用を抑えたいと誰もが考えるのではないでしょうか? 生活に華を添える車のランニングコストを抑えることができれば、ライフスタイルをより充実させることも可能です。今回は、カーリースプランの中から、さまざまなライフスタイルに合わせたプランを紹介します。

カーリースを利用する場合、保険料はどうなるの?カーリース料金の内訳や保険の種類について解説!

車を利用する上で欠かせないのは保険です。万が一の備えとして、ほとんどの人が自賠責保険だけではなく、任意保険にも加入しています。では、カーリースを利用する場合、保険料はどうなるのでしょうか。カーリース料金に、保険料は含まれているのでしょうか?

カーリースではどんな審査を受ける?保証人不要のプランもご紹介!

カーリースを利用するためには、基本的に保証人を立てることが必要となります。総支払額が100万円を超えるような契約になるので、当たり前といえば当たり前ですが、中には、保証人が必要ではないカーリース会社も存在します。 カーリースで保証人が必要な条件はどんなものなのか、保証人が不要なカーリース会社はどこなのかなど、今回はカーリースにおける保証人関係の事柄をまとめていきます。