カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの車の返却に関わる注意点とは?

カーリースでは、5年や7年などの長期にわたって借りることができるため、リースした車をマイカーのような感覚で楽しめますが、契約が終わると基本的には車をカーリース会社に返却しなければなりません。注意していないと返却の際に追加料金が発生したり、トラブルが生じたりする可能性があります。今回は、カーリースの車の返却に関わる注意点を取り上げます。

カーリースの仕組み

まず、カーリースサービスの仕組みについて見てみましょう。仕組みについて把握することで、車の返却に関わる注意点を、より一層理解できます。

カーリースとは

カーリースとは、毎月定額のリース料金を支払うことでカーリース会社から3年・5年・7年などの定められた期間車を貸し出してもらえる仕組みのことです。車の「所有者」はあくまでもカーリース会社です。ユーザーは車の「使用者」という扱いになります。

契約が成立した時点でカーリース会社がディーラーに車を発注します。ですから、ユーザーは在庫の中から車を選ぶわけではなく、取り扱いのあるメーカーや車種から自由に車を選択することができます。

リース料金の設定方法

リース料金には車両代や登録諸費用だけではなく、各種税金、自賠責保険料、車検代も含まれています。また、定期点検、法定点検、消耗部品の交換などのメンテナンスのサービスも含まれている場合もあります。

リース料金は車両価格から「残価」を差し引いた金額に登録諸費用、各種税金、自賠責保険料、車検代、メンテナンス費用を上乗せして設定されます。「残価」とは契約終了時点での車の予想残存価格のことです。「残価」がマイナスされる分、カーリースの料金はお手頃価格になります。

車両の利用制限

カーリースの契約では、走行距離に制限が設定されることが多いです。また、原状回復できないような改造やカスタマイズを加えることも基本的にNGです。

 

カーリースの車の返却に関わる注意点とは?

カーリースの契約期間が終了すると、車を返却することになりますが、単に「返却して終わり」というわけにはいきません。返却した車両のコンディションのチェックと査定が行なわれます。

査定額が契約時に設定した「残価」を下回ると、その差額を請求されることになります。では、具体的にはどのような点をチェックされるのでしょうか?

走行距離のチェック

先に述べましたように、カーリースの契約では走行距離に制限が設定されることが多いです。制限は契約プランによって異なりますが、短い場合で1カ月当たり500km、長い場合で1カ月あたり2,000kmくらいになります。

制限を超過して走行した場合には、超過距離に応じて追加料金が発生します。追加料金の相場は1kmあたり5円~10円くらいです。

少し超過したくらいでは大きな金額にはなりませんが、毎月のように長い距離を超過していた場合、高額な追加料金を車両の返却時に請求されることになりますので、注意が必要です。

改造のチェック

契約の制限を超える改造やカスタマイズは、返却の際のチェックで必ずバレてしまいます。ペテナルティとして追加料金が発生する可能性があり、査定額にマイナスの影響が及びます。

損耗のチェック

車両の損耗状態がチェックされます。経年劣化や通常の使用による損耗は特に問題にはなりませんが、そうしたレベルを超える損耗があると、査定額に影響が及びます。

故障や破損のチェック

故障や破損も返却時にチェックされます。故障や破損に気づいたのに、そのまま放置した場合、車両の返却時に必ずバレます。査定額に大きく影響し、高額な追加費用が発生する可能性があります。故障や破損は隠さずに、しっかりと修理するようにしましょう。

故障や破損時の修理工場が指定されていたにも関わらず、カーリース会社に連絡せず、勝手に別の場所で修理した場合にも、返却の際に修理の形跡をチェックされてしまいます。

特に質の悪い修理が行なわれていた場合には、査定額をかなりマイナスされてしまうでしょう。修理方法や修理場所に関する契約上のルールは必ず守るようにすることが大切です。

このように見てきますと、契約上のルールに沿わない仕方で車を扱ったり、粗末に車を扱ったりすると、車を返却した際に追加費用が発生してしまう可能性があるということがわかります。返却の段階になって困らないように、契約期間中は車の扱い方に注意しましょう。

 

契約終了時の追加料金がない?おすすめのカーリース会社

契約に沿って正常な方法で車を扱っていれば、返却の際に料金が発生することはないでしょう。

それでも、追加費用が発生する「可能性」がある、ということに少し不安に感じる方もいるかもしれません。不安を感じながら車を利用するのは気持ちのいいこととは言えません。

ここで、契約終了時に追加料金が発生する心配のないカーリース会社をご紹介したいと思います。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

「カーコンカーリースもろコミ」は個人向けのカーリースとしては珍しく「残価設定」がありません。「残価設定0円」ですので、契約終了時の査定や清算の手続きがありません。査定がどうなるだろうかと不安な気持ちで車を利用しなくて済みます。

しかも、契約期間が終了するとそのまま車をもらえます。もちろん、車が不要であれば返却することもできます。車をもらう際の追加料金は一切ありません。

「もろコミ」には7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の2つのプランがあります。

どちらのプランも契約期間終了の2年前から違約金なしで車の乗り換えや返却ができるようになります。なお、走行距離は1カ月あたり2,000kmという条件で清算が行なわれます。

「カーコンカーリースもろコミ」のカーリースの料金には、車両価格や車両登録時手数料の他に、自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検基本料金がコミコミとなっています。

さらに、軽自動車の場合は、月額2,700円で「メンテナンスパック」のサービスを付けることも可能です。このパックでは、タイヤ交換、バッテリー交換、エンジンオイル交換、ブレーキパッド交換、Vベルト交換、点火プラグ交換、ワイパーゴム交換など、充実したメンテナンスサービスを受けることができます。

「カーコンカーリースもろコミ」は「残価設定なし」の契約プランでありながらも、月々の料金はとてもお手頃な価格となっています。ボーナス併用払いなら、月額8,000円からの料金でカーリースを楽しむことができます。

 

まとめ

今回は、カーリースの車の返却に関わる注意点について見てきました。契約期間中の車の扱い方によっては、返却時に追加費用が発生してしまいますので注意が必要です。

カーリースはとても便利でお得なサービスですが、こうした注意点もあることをしっかり理解しておくようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースのキャンペーンや特典を利用してお得にカーライフを送ろう!

最近、ディーラー販売でもポピュラーなのが、予想買い取り価格を決める残価設定型のカーリースです。これから新車を購入する事を考えている方にとっては、悩ましい選択肢かもしれません。クレジットローン購入にするか、カーリースにするか、決め手となるのはそのサービス内容です。この記事では、3つのカーリースのキャンペーンと特典をご紹介します。

カーリースの仕組みやメリット・デメリットなど、知っておきたい情報の解説まとめ!

カーリースという言葉を聞いたことがある人は意外と多いのではないでしょうか。一方で、実際にカーリースがどのようなものか知っている人、今まさに利用している人となるとぐっとその数は少なくなるものと考えられます。 今回は、カーリースの仕組みや料金がどうなっているのか、メリットやデメリットなど、特徴をまとめてご紹介します。これから車を持ちたいと考えている人は購入だけでなく、カーリースも選択肢の1つになるので、ぜひ参考にしてみてください。