カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

車を借り上げるカーリース契約で利用できるリース車のナンバーは「わ」ナンバー?

長期間車を借りて楽しめるカーリースですが、車のナンバーは自家用車と同じなのでしょうか?それともレンタカーと同じ「わ」ナンバーなのでしょうか?今回は、カーリースの車のナンバーについて見ていきます。

タイトルアイコン

希望ナンバーOK!毎月定額で車購入

カーリースは「リース」なのに、契約期間中は自分の車とほぼ同じように扱える新しいカタチの車の乗り方です。さらに、頭金0円・税金コミコミの毎月定額!カーリースで気軽にマイカーを手に入れましょう。

車のナンバープレートは道路運送車両法で定める登録区分によって分類される

国内では公道を走行する全ての自動車は国土交通省への登録を行い、車検を通過することで国が定める保安基準を満たしていることを証明することが道路運送車両法で義務付けられています。

国土交通省への登録を行った車両にはナンバープレートが交付されますが、ひと口にナンバープレートと言っても車両区分で交付されるナンバープレートの正式名称は次に挙げるように異なります。

・小型自動車や普通自動車:自動車登録番号標
・軽自動車や自動二輪車:車両番号標
・小型特殊自動車や原動機付自転車:標識

ここでは便宜上自動車登録番号標や車両番号標を通称であるナンバープレートとして表記しながら話を進めていきます。

国土交通省への登録区分は自家用登録と事業用登録があり各登録区分によって次に挙げる色のナンバープレートが交付されます。

・自家用登録:普通自動車(白ナンバー)・軽自動車(黄色ナンバー)
・事業用登録:普通自動車(緑ナンバー)・軽自動車(黒ナンバー)

またナンバープレートには車両登録が行われた陸運支局の所在地や登録車両の種別や使用用途を1桁から3桁で表す「分類番号」、各車両ことに交付される車両番号と共に平仮名やアルファベットでも登録区分が表されています。

車両登録区分はナンバープレートの色と共に表記される平仮名やアルファベットでも確認することができるのが特徴的で、レンタカーには「わナンバー」や「れナンバー」と呼ばれるナンバープレートが交付されます。

 

レンタカーに交付される「わ」ナンバーとは?

そもそも「わ」ナンバーとは何でしょうか?具体的には、「わ」のひらがなが記載されている車のナンバープレートのことを意味しています。

ナンバープレートのひらがなは、用途表示の目的で記載されています。例えば、普通自動車のナンバープレートのひらがなには、下記の区別があります。

・事業用 あいうえおかきくけこを
・自家用 さしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆらりるろ
・貸し渡用(レンタカー) われ

このような区別がありますから、車のナンバーに記載されているひらがなを見ると「どの用途の車なのか」を識別することが可能です。レンタカーのナンバーに「わ」が記載されているのも、ナンバープレートを見ただけで、すぐにレンタカーだと判別できるようにするためです。

「レンタカーを見かけたら近づくな」という言葉があります。これは「レンタカーはその車に乗り慣れていない人が運転しているので危険だ」という意味ですが、この言葉が成立するのはナンバープレートでレンタカーだと分かるようになっているからですね。

ちなみに上記の区別を見ますと、貸し渡用の車のナンバーのひらがなに「わ」以外に「れ」もあります。これは沖縄県の話ですが、レンタカーの台数が多くなりすぎて「わ」ナンバーがほとんど埋まってしまいました。そのため、「れ」ナンバーもレンタカー用に使うようになったそうです。

「わ」ナンバーを付けるのはレンタカーだけではありません。近年、特定の駐車場に置いてある車を複数人でシェアできるカーシェアリングのサービスが人気を呼んでいますが、このカーシェアリング用の車も「わ」ナンバーです。カーシェアリングもレンタカーとサービス内容が似ているので「わ」ナンバーを付けることになっています。

では、カーリースの場合はどうでしょう。車を借りるという点ではレンタカーと同じサービスですので、やはり「わ」ナンバーを付けるのでしょうか?

 

レンタカー同様車両を借り受けて利用するリース車に交付されるナンバーは?

結論から言いますと、カーリースの車は「わ」ナンバーではありません。

確かにカーリースも車を借りるサービスではありますが、数時間や数日間だけの利用がほとんどのレンタカーとは違って、5年や7年などの長期に渡る契約となるのが一般的です。契約終了時に残価を支払うことで、車を自分のものにできる場合もあります。

そのため、レンタルというよりはどちらかと言えば購入の形に近いと言えるでしょう。つまり、購入に近いサービス形態であるため、カーリースの車は「わ」ナンバーとならないということが考えられます。

「わ」ナンバーではない、というのはある意味でメリットと言えます。車を所有しているということを1つの社会的なステータスと考えている人も少なくないからです。

車を運転していても「わ」ナンバーであれば、その車は借り物なのだということを周囲の人に気づかれてしまいます。ですからレンタカーを運転する時は少しばかりの劣等感を覚えてしまいます。

しかし、「わ」ナンバーでないカーリースであれば、車を借りているにもかかわらず車を所有しているかのように見なしてもらえるので、そのような問題は生じません。「車の所有者」というステータスを持っているかのような感覚を得られるのです。

ちなみにカーリースの場合、購入と同じように有料で希望ナンバーを付けることもできます。希望ナンバーの申請や入手は、多く場合にカーリース会社が代行してくれます。「誕生日」や「記念日」、ゾロ目のナンバーなどを楽しむことができます。

 

カーリースとレンタカーでは異なる車の貸与契約が結ばれる

カーリースとレンタカーは車両貸与契約を結び所有する車両を有償で利用者に貸し出すという点では同じサービスだと言えます。

しかしカーリースではリース車と共に使用権も貸与するため特定のユーザーと長期契約を結ぶのに対してレンタカーは不特定多数のユーザーに短期契約で車両貸し出しを行い使用権の貸与は契約に含まれません。

またレンタカーと違って長期契約を結ぶカーリースはユーザーが希望する車両をカーリース会社が代理購入し車両の貸し出しを行いますが、レンタカーはレンタカーの店舗が在庫している車両のなかで借り受ける車両を決めるのが一般的です。

契約期間の長さがカーリースとレンタカーの貸与契約の最も大きな違いですが、さらに具体的にカーリースとレンタカーの契約内容の違いを紹介します。

 

カーリースとレンタカーの具体的な契約内容の違いとは?

ここまで見てきたように、カーリースはレンタカーとは違って、車が「わ」ナンバーとはなりません。なお、カーリースとレンタカーとでは契約期間の長さも違いますが、他にはどんな違いがあるのでしょうか?カーリースとレンタカーを混同する人も少なくありませんので、参考までにまとめてみました。

使用者

レンタカーの場合は、車を不特定多数の人が利用しますから「使用者」は「所有者」であるレンタカー会社の名義となります。

カーリースでは、特定の人が継続して車を利用しますので「使用者」はユーザー名義です。そのため、車検証の使用者の欄にはユーザーの名前が記載されます(「所有者」はカーリース会社です)。

車両在庫

レンタカーは、会社が一定の在庫を持っており、ユーザーはその中から車を選びます。

カーリースの場合は、契約者が希望する車種をリース会社が購入します。車種の選択肢はレンタカーの場合よりも多いことになります。国産メーカーであれば、全車種に対応しているカーリース会社も少なくありません。

車両保管場所

レンタカーの保管場所はレンタカー会社が確保します。

カーリースでは車の保管場所をユーザーが用意することになります。そのため、ユーザーが駐車場を確保して車庫証明を取得する必要があります(車庫証明の取得手続きに関してはカーリース会社が代行してくれる場合もあります)。

利用料金

月額の料金はレンタカーよりもカーリースの方が安いです。レンタカーは稼働する時としていない時があるため、稼働率を元に料金を決めていますが、カーリースは長期間常時稼働することを前提として料金を算出しているからです。

中途解約

レンタカーは契約期間中であっても車両を返却すると同時に解約ができます。

カーリースは契約期間中の中途解約は原則として不可です。車の全損事故などで解約になった場合には、残りの契約期間のリース料金と車両の残価に加えて、解約手数料を支払うことになります。

メンテナンス

レンタカーの車はレンタカー会社が完全整備を実施します。

カーリースの場合、メンテナンスの扱いは契約の内容によって異なってきます。ユーザーがほとんどの整備を自己負担で行わなければならない契約もあれば、カーリース会社がすべてを請け負う内容の契約もありますし、その中間の契約もあります。ユーザーが自分のライフスタイルに合わせて契約の種類を選ぶことになります。

特別仕様

レンタカーの場合は、車を特別な色に塗装するなどの特別仕様は原則として不可能です。

カーリースの場合は、ユーザーの希望によって車を特別仕様にすることが可能な場合があります。

 

レンタカーとは異なる貸与契約を結ぶリース車には自家用ナンバーが交付される

同様に車両を借り受けて利用するもののレンタカーには「わナンバー」や「れナンバー」が交付されますが、リース車には通常の自家用登録ナンバーが交付されます。

これはレンタカーが1台の車両を不特定多数のユーザーが短期間契約で利用するサービスであるのに対して、カーリースは特定のユーザーが長期間契約で利用するサービスであることに起因します。

システムは全く異なるものの登録区分に関しては、カーリースはレンタカーよりマイカーローンで購入した車両に近い位置付けが行われていると捉えるべきでしょう。マイカーローンで購入した車両の所有権はローン完済まで信販会社に帰属しユーザーには使用権が与えられます。

カーリースも所有権は基本的にカーリース会社に帰属し、ユーザーには使用権が貸与されるため契約満了まで特定ユーザーが使用することを前提に契約が行われます。

不特定多数のユーザーに対して短期契約で車両の貸し出しを行うレンタカーに対しては自家用登録車両よりも厳しい車両管理が求められ、次に挙げるように車検の有効期間が自家用登録車両より短期間になります。

・新規登録車検:自家用登録車両(普通自動車3年)・レンタカー(普通自動車2年)
・継続車検:自家用登録車両(普通自動車2年)・レンタカー(普通自動車1年)

不特定多数のユーザーが使用することからレンタカーは高い頻度で車検を行い保安基準を満たしていることを証明する必要がありますが、特定ユーザーが使用し自家用登録ナンバーが交付されるリース車は通常の自家用登録車両同様の車検有効期間となります。

 

自家用ナンバーが交付されるリース車はプライベートカー同様の扱いになるのが魅力!

カーリースもレンタカーも借り受けた車両を使用すると言う点では同様のサービスだと言えますが、契約期間の違いによって交付されるナンバープレートが異なることは非常に大きな意味を持つと言えるでしょう。

登録区分が異なることで通常の自家用登録車両の車検有効期間が適用されますし、交付されるナンバープレートも自己所有するプライベートカーと同じものが交付されますので車検証を確認しない限りリース車であることを判断できません。

車両購入時に必要となる頭金を用意することなくカーリース会社が代理購入した車を定額使用料で利用できるカーリースのサービスはまさに自動車のサブスクサービスだと言

 

まとめ

今回はカーリースの車の「ナンバー」について考えてきました。ナンバープレートは車体の小さな部分を占めているにすぎませんが、真正面と真後ろに設置されているので結構目立ちます。車のナンバーについてあれこれ気にする人も多いのではないでしょうか。

カーリースの車はレンタカーとは違って「わ」ナンバーではありませんので、その見た目は自家用車と全く変わりません。希望するナンバーも取り付けることができます。「ナンバー」が選べるという点でも、カーリースには確かにメリットがあると言えそうですね。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースサービスにはどのようなタイプがある?特徴ごとにカーリース会社をご紹介!

「カーリース契約したいけれど、どのようなタイプがある?」「何を基準にカーリース会社やサービスを選べばいいの?」と疑問を持たれている方もいるかと思います。そこで今回は、カーリースのタイプ、カーリース会社、サービスを選ぶ際の指標について紹介します。

広島県のおすすめのカーリース業者をご紹介

車を利用する方法は、これまで新車や中古車を購入するか、レンタカーを利用するくらいしかありませんでした。しかし近年は、個人向けのカーリースというサービスが人気を集めており、それを扱う業者も増えています。ここでは、広島県で利用できるおすすめの個人向けカーリース業者をご紹介したいと思います。

カーリース契約中にできてしまった車両のへこみはどうすればいい?知っておきたい対応方法とは?

購入するよりもお得に新車を利用できる個人向けカーリースの人気が高まっていますが、「うっかりリース車両をぶつけてしまいへこみができた!」などのトラブルも増加しています。 自由に使えるとは言っても、リース車両はカーリース会社からの借り物ですから、へこみの対応に頭を抱える利用者も少なくないでしょう。今回は、カーリース契約中のリース車両のへこみや傷などの効果的な対応方法を探ります。