カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの車はカスタムしてもOK?

カーリースのサービスでは、様々なメーカーや車種から自分が好きな車を選んで長期間借りることができます。それでは、カーリースの車は自分好みにカスタムしてもいいのでしょうか?

カスタムって何?

そもそも、車のカスタムとは何でしょうか?一言で言えば、市販の状態の車に改造を加えることです。

車好きの人たちは、車のデザインに個性を出したり、乗り心地を良くしたりするためにカスタムを楽しみます。カスタムした車のことを「カスタムカー」とか「改造車」と呼んだりします。

一言でカスタムと言っても、人によってカスタムする部分は様々です。車の外観を変化させたい人はタイヤのホイールやライトを変えたり、車高を下げてみたり、ウイングをつけてみたりします。インテリアに変化をつけたい人は、シートやハンドル、ルームミラー、フロアマットなどを取り替えます。

機能面の必要性からカーナビやカーオディオ、ETC搭載器、カップホルダー、スマートフォンホルダーなどを取り付けるのもカスタムの中に含まれます。さらに、走る楽しさを追求するためにマフラーやサスペンションを交換したり、エンジン内部を加工したりする人もいます。

車のカスタムをするためにはパーツ(部品)が必要になりますが、パーツには純正品と社外品のものがあります。純正品は車のメーカーやディーラーが販売している部品です。

社外品は他の業者が販売している純正品ではないパーツです。社外品の方が安い場合が多いですが、商品によっては品質が悪いケースもあるため、注意が必要となります。

 

カーリースの車はカスタムしてもいい?

では、カーリースの車はカスタムしてもいいのでしょうか?

結論から言うと、リース車のカスタムは原則としてNGです。なぜなら、カーリースは車を「借りる」契約であり、リース車はユーザーの所有物ではなく、あくまでも車の「所有者」はカーリース会社です(ユーザーは車の「使用者」という扱いになります)。

ユーザーはリース期間が終了した時に車をカーリース会社に返却しなければなりません。その際、契約時と同じ状態で車を返す必要があります。

しかし、リース期間中に車をカスタムしてしまうと原状回復ができなくなってしまう可能性があるため、多くのカーリース会社はリース車をカスタムすることを原則として禁止しています。

もちろん、カップホルダーを付ける程度の小さなカスタムであれば問題ないでしょうし、それよりも大きなカスタムであっても、原状回復が可能な範囲であれば可とされる場合もあります。契約の際にカーリース会社によく確認するようにしましょう。

 

カスタムカーをリースする!

ここまでで、リースした車をカスタムすることができないことがわかりました。では、カーリースでは個性のあるカスタムカーを利用することは全くできないのでしょうか?

リース期間中に車をカスタムすることはできませんが、契約時にメーカーオプションやディーラーオプション、カーリース会社が設定しているオプションを付けることは可能です。

そのため、オプションを搭載したカスタムカーに乗ることはできます。ちなみに、契約時にオプションを付けた場合には、契約終了時にオプションも返却する必要があります。

では、具体的にはどのようなオプションが用意されているのでしょうか?

例えば「オリックス自動車」のカーリースでは下記のフルオプション付きの商品があります。

・ホンダ N-WGN カスタム SSパッケージ 2WD

オプション料込のカーリース料金:月額22,140円(9年契約)

付属のオプション:カーナビ(AVIC-RZ500)、リワイドカメラ、ディスチャージヘッドライト、アルミホイール、オーディオステアリングスイッチ、シティブレーキアクティブシステム、クルーズコントロール、HONDAスマートキーシステム、ETC(純正オプション)、オリックスオリジナルマット

・ダイハツ ムーヴ カスタム X Limited SA Ⅲ WD

オプション料込のカーリース料金:月額22,140円(9年契約)

付属のオプション:カーナビ(AVIC-RZ500)、バックカメラ、LEDヘッドランプ、アルミホイール、オーディオステアリングスイッチ、スマートアシストTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、キーフリーシステム、ETCND-ETC20)、オリックスオリジナルマット

・ニッサン デイズ ハイウェイスターG ターボ 2WD

オプション料込のカーリース料金:月額20,520円(9年契約)

付属のオプション:カーナビ(AVIC-RZ500)、アラウンドビューモニター、バイキセノンヘッドライト、アルミホイール、オーディオステアリングスイッチ、エマージェンシーブレーキ、クルーズコントロール、インテリジェントキー、ETCND-ETC20)、オリックスオリジナルマット
※201824日現在の料金情報。料金は変更になる場合があります。

「カーコンビニ倶楽部」のカーリースプランである「もろコミ」シリーズでは、自分の選んだ車種に下記のオプションを付けることが可能です。

・カーアクセサリーセット(月額2,160円)

SDナビ・フルセグTVETC(音声タイプ)、バックアイカメラ、バイザー、マット

1 もろコミ7(7年契約)の場合にはバックアイカメラは含まれません。
201824日現在の料金情報。料金は変更になる場合があります。

さらに、「もろコミ」ではWEB申込限定でドライブレコーダーを無料でサービスしています。
※2018年2月4日現在の情報。サービスは終了している場合があります。

 

車を自分好みにカスタムしたい方

カーリースでも契約時にオプションを付けることによってカスタムカーに乗れることについて見てきました。ただし、そのカスタムの範囲はあくまでも設定されているオプションの範囲内ということになります。

「マフラーを変えたい」「車高を変えたい」「タイヤの大きさを変えたい」などの本格的なカスタムをしたい人にとっては物足りないかもしれません。そのような人はカーリースにはあまり向いていないと言えるでしょう。

自分好みに自由にカスタムしたい人は、カーリースを利用するのではなく車を購入した方が良いです。カーリースはとてもお得で便利ですが、万人向けのサービスではない点に注意しましょう。

 

まとめ

今回は「カーリースの車をカスタムすることは可能か?」ということについて考えました。

リース期間中に車をカスタムしたり改造したりすることは基本的にできないものの、原状回復可能な範囲であれば許容される場合があります。また、契約時にオプションを付けることによってもカスタムすることができることもわかりました。

いずれにしても、カーリースではカスタムできる範囲が限られますから、カーリースの利用に興味のある方は、カスタムの制限があっても構わないかどうかを契約する前によく吟味するようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

半年だけ車に乗りたい!そんな時は短期のカーリースを利用しよう

カーリースは契約期間が5年間や7年間などの長期に渡るのが一般的でしたが、近年は短期の契約期間のサービスを提供しているカーリース業者も増えてきました。短期のカーリースですと、1年単位、半年単位、1か月間単位などで契約できます。「短い間だけ車を利用したい」という人にピッタリのサービスです。ここでは半年などの短期で契約できるカーリースサービスについて徹底解説したいと思います!

リース車は本当にお得? メリット・デメリットを徹底検証してみた

車があると便利なことはたくさんあります。買い物をするため、レジャーに出掛けるため、用事を済ませるため、ドライブそのものを楽しむためなど、生活のいろいろな場面で車は役立ちます。一昔前であれば、個人が車を使いたいと思ったら、購入するか、家族や友人から借りるか、レンタカーのサービスを利用するしかありませんでした。しかしながら今では、車をリースして利用する方法が人気を集めています。今回は、車をリースするメリット・デメリットを詳しくお伝えしていきます。