カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの車は買取可能なの?売却は?

カーリースはリース料金を支払うことで車を長期間借りられるサービスです。車を「借りる」訳ですから、当然、車は自分の所有物ではありません。最後には貸主であるカーリース業者に返却しなければなりません。では、何年も乗って気に入ったカーリースの車を自分のものにすることはできないのでしょうか?言い換えれば、カーリースでの買取は可能なのでしょうか?また、リース車が何らかの理由で不要になった場合にそれを売却することはできるのでしょうか?今回はそんな疑問にお答えします。

カーリースの車の買取は可能か?

カーリースの車はリース業者によっては、契約満了時に買取可能な場合があります。買取可能なプラン(または車が自分のものなるプラン)と、そうではないプランを用意している業者もあります。いくつか例を見てみましょう。

定額ニコノリパック

「定額ニコノリパック」は「ニコニコレンタカー」を経営している「MIC株式会社」のカーリースサービスです。車種によって税抜価格で1万円、2万円、3万円のリース商品があります。契約期間の長さは5年間です。

「定額ニコノリパック」ではリース期間終了後に以下の3つの選択肢が与えられます。

1.返却するか、新しく別の車に乗り換える
2.リース期間を延長して同じ車に継続して乗る
3.買取で自分のものにする

車を気に入って自分の所有物にしたい場合には、3番のカーリースの「買取」を選択すればよいということになりますね。

新車生活

「新車生活」は「ロータスクラブ」が運営しているカーリースです。5年契約のリースサービスを提供しています。

「新車生活」ではカーリースの期間終了時に下記の4つのコースから選択できます。

1 別の新車に乗り換える
※査定価格が設定された残価を上回った場合にキャッシュバックを受けられるが、下回った場合は差額を支払わなければならない。

2 車を返却して契約を終了する
※査定価格が設定された残価を上回った場合にキャッシュバックを受けられるが、下回った場合は差額を支払わなければならない。

3 契約期間を延長して同じ車に継続して乗る

4 車の買取
※残価を支払って買い取る。

車を自己所有にしたい場合は、4番のカーリースの「買取」を選択することになります。

オリックスカーリース

「オリックスカーリース」は「オリックス自動車」が展開しているカーリースサービスです。「オリックスカーリース」では5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」という3種類のプランを用意しています。

「いまのりくん」では契約終了時に車を返却しなければなりませんので、車は自分のものにはなりません。

「いまのりセブン」と「いまのりナイン」では契約が終了した時に車を返却するか、車を自分のものにするかを選択することが可能です(車両の代価を支払う必要がありませんので「買取」ではありません)。

もろコミ

「もろコミ」は「カーコンビニ倶楽部」が運営しているカーリースです。

「もろコミ」には7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の2つのプランがあります。どちらのプランも、一般的な個人向けのカーリースとは違って、残価の設定がありません。契約期間終了時の車両の損耗や損傷による精算がなく、走行距離制限超過による追加料金発生の可能性もないのがその大きなメリットです。

「もろコミ」の場合、リース期間満了まで利用すると車両が自分の所有物になります(車両の代価を支払う必要がありませんので「買取」ではありません)。

このように多くのカーリース業者が、契約満了時の車の買取を可としていたり、車が自己所有になるプランを用意していたりします。

ただ注意すべきなのは、車を自分の所有物にできるのが「契約期間満了時」であるということです。「契約期間中」のカーリース車の買取は原則としてできないのです。

 

カーリースの車を売却することはできるのか?

契約期間中にリース車を勝手に売却することはできません。冒頭でも触れましたが、カーリースというのは車を「借りる」サービスですから、車の所有者はユーザーではなくてカーリース業者です。自分の所有物ではない車を、ディーラーや中古車買取店などに売却することは当然のことながらできません。仮に売却したならば「横領罪」に問われることになってしまいます。

一方で、契約期間満了時にカーリース車の買取をしたりして、車を自分のものにした後は売却できます。その車は借りているものではなく自分の所有物なるからです。ただ、カーリースしていた車の買取をするのはその車を気に入ったからであって、売却することを前提として買取をする人はあまりいないでしょう。

ちなみにローンで車を購入した場合に、ローン支払い中に車を売却することはできるのでしょうか?

車検証の所有者欄の名義が自分または家族の名前になっている場合は可能です。これは銀行系のローンを利用している場合に多く見られるケースです(ローンによっては売却を禁止している場合もあります)。

所有者がローン会社やディーラー、クレジット会社の名義になっている場合は、ユーザーは所有者ではなく、あくまで使用者であるため、そのままでは車を売却することはできません。売却するためには所有者を自分の名義に変更する必要があります。この場合は原則としてローンを完済する必要がありますが、車の売却代金を使ってローンを完済するという方法もあります。

いずれにしても、ローンで車を購入した場合には、ローン支払い中でも原則として車を売却できますので、リース期間中に車を売却できないカーリースよりも、この点ではメリットがあると言えそうです。

 

まとめ

今回はカーリース車の買取や売却が可能なのかを見てきました。残念ながらカーリース期間中の買取や売却は原則としてできません。ちなみにカーリース契約は中途解約も原則としてできませんし、走行距離に制限が設けられている場合もあります。ですから、リース期間中には一定の縛りがあると言えるでしょう。これは車を「借りている」というサービスの性質上やむを得ないですね。

一方で、カーリースにはメリットもあります。例えば、カーリースの料金は「車体価格」から「契約終了時点での予想残価」を差し引いた金額を元に算出されますから、購入よりも車に掛かる費用を節約することができます。リース料金には「車体価格」だけではなくて「各種税金」「自賠責保険料」「車検代」「メンテナンス費用」等も含まれていますから、家計の支出の計画が立てやすいです。また税金の支払いや車検の手続き、メンテナンスをカーリース業者に任せることができるので、面倒な手間が掛かりません。

このように、カーリースには車の利用に関して一定の縛りがあるものの、メリットもたくさんあります。もしカーリースに興味がある場合は、良い点と悪い点を比較検討して利用するかどうかを決めると良いでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

話題の軽自動車、月額1万円以下で利用できるカーリース会社をご紹介!

車の利用方法の選択肢として、広まりつつあるのが「カーリース」です。上手に活用すると、手軽に好きな車に乗ることができます。費用の節約として軽自動車の人気が高いですが、カーリースと組み合わせると、さらにコストを軽減できることがあるのです。 カーリース会社やプランを賢く選べば、月額1万円以下で利用することも可能です。それでは、カーリースが安くなるのは、いったいどういった仕組みなのでしょうか。月額1万円以下でカーリースを利用する選び方を見てみましょう。

車検を受けるともらえる車検シールにどんな意味があるの?しっかり理解しておこう!

車検を無事に受かるともらえる、数字が記されたシール。よく車のフロントガラスに貼られていますが、「見た目が悪くなるし、どうしても貼らなければいけないのだろうか?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、この車検シールにどのような意味があるのかについて説明します。関係する法律や罰金についても解説しますので、ぜひご一読ください。

カーリース料金に含まれるものとは?点検費用や税金はどうすれば良い?

最近ではカーリースで車を手に入れる人が増えてきました。カーリースの料金には必要な諸費用が含まれるものなので、維持費の面倒な手続きもすべてお任せできます。 しかし、この「諸費用」とは一体何が含まれているのでしょうか。含まれるものをきちんと把握していないと思わぬ出費が発生したり、二重に負担してしまったりすることがあります。そうならないために、カーリースの料金に含まれるものと、契約の流れを見てみましょう。