カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースの車をぶつけられた場合の対処方法とは?

いくら注意深く運転をしていたとしても、避けられないのが自動車の事故です。とくにもらい事故の場合には、こちらには非がなくても自動車が損壊してしまうことになります。では、カーリース中の自動車が他人にぶつけられた場合には、どのような対処をすれば良いのでしょうか?

リース中の車をぶつけられたらどうすれば良い?

いつ起こるか分からない、それが自動車事故だと言えます。それは、自動車を自分で購入して運転している場合にも、カーリースなどで車を借りて運転している場合にも変わりません。ですが、自動車事故に遭ってしまった場合にはしなくてはいけないことがいくつかあります。

・まずはリース会社に連絡を

まず、カーリースした車が他人からぶつけられた場合には、カーリース会社に連絡をする必要があります。というのは、カーリースの契約の中に事故を起こした場合には届け出をすることが義務付けられているからです。もちろん、自分が原因で自動車事故を起こしてしまった場合にもそうしなくてはいけません。

・警察に連絡をする

また、自動車事故を起こした場合には、警察に連絡をして現場検証をしてもらう必要があります。これは、主にどちら側に非があるのかを明らかにするためです。警察に事故のことを知られてしまうのはためらってしまう、という人も多いと思いますが、これは小さな事故の場合であっても必ず行うようにしてください。

・保険会社にも連絡をする

自動車の任意保険に加入している場合には、保険会社にも連絡をする必要があります。自動車を所有している場合、その所有者には自賠責保険に加入することが義務付けられていますが、任意保険はこれとは異なるものです。自賠責保険に加入しているだけでは、事故の損害をカバーするのに十分でないケースが多いため、任意保険に加入しておくことは必要不可欠だと言えます。

相手から事故を起こされてしまった場合には、加入している保険会社同士の話し合いによってそれぞれの過失割合が決められることになります。その過失割合に応じて、相手に支払う保険金の額や、相手側から支払われる保険金の額などが変わってくるわけです。とくに、もらい事故の場合には全額が相手側の負担となるケースもあります。

・相手の連絡先はかならず聞いておく

また、後々のトラブルの原因とならないためにも、事故に遭った場合には相手の連絡先を聞いておくことが大切です。自分の連絡先を知られたくない場合には、警察や保険会社に任せてしまうこともできますが、とくに相手が怪我などをしている場合には、何らかの賠償が必要になってくるケースもあります。そういった際に備えて、警察や保険会社に連絡を取っている間に、相手方と連絡先の交換を行っておくと良いでしょう。

 

リース中の車をぶつけられた場合、修理はどうなる?

カーリース中の車をぶつけられた場合、当然自動車修理工場に修理に出すことになります。一刻も早く車を修理したいと考えることが人情ですが、この際にもやはり注意点があります。

・カーリースした車は勝手に修理しない方が良い

リース中の自動車を勝手に修理することは、やはり止めておいたほうが良いと言えます。とくに警察を呼ぶような大きな事故だった場合にはなおさらです。リース中の自動車を修理に出す場合には、事前にカーリースの会社に連絡をするようにしましょう。

・カーリース会社にばれなければいいというわけではない

リース会社にばれない修理方法というのは、基本的にないと言って良いでしょう。というのは、リースしている自動車というのは、あくまでもカーリース会社の所有物であるからです。利用者のほうでは、基本的にそれを借りているにすぎません。

そのため、カーリース会社では事故を起こしたときに届け出を行うように義務付けています。毎月の料金が上がるのではないかと心配な人もいるかもしれませんが、これは契約に決められていることですので、必ず従うようにしましょう。万が一ルールを破ってしまうと、途中解約ということにもなりかねませんので注意してください。

・修理費用は誰がだすのか

自損事故の場合には、当然修理費用は自分持ちとなります。もしそうでなかった場合には、事故にあった当事者同士の過失割合によって、保険会社から支払われる金額が変わってきます。相手に車をぶつけられた場合などには、過失割合は相手側が100%となることが多いですから、基本的に修理費用は相手持ちになると考えて良いでしょう。

 

カーリースした車がぶつけられて全損してしまったら?

修理が不可能なほどに自動車が壊れてしまった場合にはどうなるのでしょうか。追突事故などでは修理で済むケースも多いですが、正面衝突などの事故になると、場合によっては自動車が全損してしまうケースもあります。こうした場合、カーリースの契約はどうなるのでしょうか?

・全損したらリースは解約となる

先に答えを書いてしまうと、リースしている車が全損した場合にはカーリースの契約は途中で解約となります。これもやはり、リースしている自動車はあくまでもリース会社の所有物であるためです。もらい事故の場合には不本意な気持ちになるかもしれませんが、相手に車をぶつけられたケースでもカーリースの契約は途中で解約となってしまいます。

・解約時には様々な手数料が発生する

カーリースの解約を途中で行う場合には、様々な手数料が発生してきます。というのは、カーリースは元々中途での解約ができない契約となっているためです。カーリースの契約では、契約期間中はずっと車を使用し続けることが原則となっています。

ですから、もしも全損事故などでリース契約を中途で解約しなくてはいけなくなった場合には、様々な手数料が発生してきます。こうした仕組みについてはそれぞれのカーリース会社で異なっているので、詳しくはその会社に確認しておくと良いでしょう。ですが、中にはカーコンビニ倶楽部のカーリースもろコミやORIXカーリース・オンラインなどのように、中途解約が出来るカーリースのサービスもあります。

・場合によっては違約金が発生することも

違約金というのは、カーリースを途中で解約することによって発生する賠償金のことです。前述のように、カーリースというのは基本的に乗り続ける期間というものが決められています。そのため、期間内に車を借りることを止める場合には、違約金が発生してしまうわけです。

そうした事態でも安心できるように、最近ではカーリース専用の任意保険も登場してきています。違約金などカーリースに特化した保証内容となっていますので、カーリース利用時にはカーリース専用の保険に加入することをおすすめします。

ちなみに、カーコンカーリースもろコミもカーリース専用の任意保険を取り扱っています。

 

カーリースした車をぶつけられても安心!カーリース専用の任意保険とは?

では、カーリースをする際の任意保険というのはどのようなものになっているのでしょうか。実は、カーリースのサービスでは専用の任意保険が用意されています。中には自分で任意保険を選ばなくてはいけないケースもありますが、カーリースの月額料金に任意保険の料金が含まれている場合もあります。

・通常の任意保険とカーリース専用の任意保険の違い

カーリース専用の任意保険も、通常の任意保険も、基本的な点では変わりはありません。自分側と相手側の過失割合に応じて、保険料が支払われる仕組みとなっています。ですから、相手に車をぶつけられたようなケースでは、100%相手側に修理費用を負担してもらうことができます。

気になるのは、自分が事故を起こした場合ですが、こちらも通常の任意保険と変わらないと思って良いでしょう。こちらの非が100%である場合には、自分が加入している保険会社が相手方の修理費用などを支払うことになります。また、過失が双方にある場合には、それぞれの過失割合によって保険料の負担が分担されます。

・カーリース会社によっては任意保険が用意されている

通常、カーリースのサービスでは自賠責保険料は月額のリース料金に含まれているケースが多いです。ですが、自賠責保険だけでは事故の際の補償金をすべて支払うのに十分ではありません。そのため、任意保険への加入が必要となってくるわけです。

中には、月額のリース料金のなかに任意保険の料金が含まれているカーリースのサービスもあります。先にご紹介したカーコンビニ倶楽部のカーリースもろコミには、専用の任意保険が付属しています。こうしたサービスが含まれているカーリースであれば、自分が事故を起こした場合でも、もらい事故を起こされた場合でも安心だと言えます。

 

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの料金は月々いくら?契約期間や車種でも変動する料金をできるだけ抑えるにはどうする?

カーリースの料金は、月々いくらかかるのでしょうか。カーリースは割高になると思っている方もいるかもしれませんが、カーリースにもいろいろな料金設定があります。プランの選び方や車種、契約期間によって、カーリースの利用料金は大きく異なるのです。今回はカーリースの利用料金をなるべく抑えるための賢い方法をご紹介します。

比較検証!カーリースの契約年数は会社によってどう違う?

カーリースは長期年数での利用が基本となっています。数年単位での利用になるので、数年車を利用する予定ないものの、数ヶ月だけ車を利用したいという方にとっては、カーリースを利用しようという考えに至らないことも多いでしょう。 ところで、カーリースは長期年数の契約だけで、短期年数の契約はできないのでしょうか。また、カーリース会社によって契約年数は調整できるのでしょうか?今回は、カーリースの契約年数のカーリース会社ごとの違いなどをご紹介します。