カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースはボーナスなしでも契約できる?月々の支払いは?

車のローンには大抵の場合、ボーナス払い、つまり年2回のボーナス月に、他の月よりも大きな支払いをする仕組みがあります。では、カーリースにもボーナス払いはあるのでしょうか。あるいは、ボーナスなしでも契約できるのでしょうか?

カーリースはボーナスなしでも契約できる?

カーリースにもボーナス払いはあります。しかし、必ずボーナス払いをしなければならない、という訳ではありません。希望に応じて、ボーナス払いの有無を選択できるのです。ですから、カーリースはボーナスなしでも契約することができます。

※カーリース会社によってはボーナス払いの有無を選べない場合もあります。

ただ、ボーナス払いを選択すると、ボーナス月以外の料金の支払いを安く抑えられるというメリットを得られますので、そのメリットに魅力を感じるならボーナス払いを利用するとよいでしょう。

 

カーリースでボーナス払いなしの場合の「均等払い」とは?

「均等払い」とは、ボーナス払いなしの支払方法のことです。

ボーナス月かどうかに関わりなく、毎月同じ料金を支払っていきます。ボーナス払いには、ボーナス月に大きな額の支払いをしなければならないというデメリットもありますから、このボーナスなしの均等払いを好む人もいます。

注意点として、契約期間中にボーナス払いから均等払いに支払方法を変更することはできないということが挙げられます。また、契約時に設定したボーナス払いの金額を増やしたり、減らしたりすることもできません。

そのため、自分にとってどちらの支払方法がよいのか、ボーナス払いの金額は妥当かどうかなどを契約前に十分に吟味することが大切です。

 

毎月のカーリース料をボーナスなしでも抑えるにはどうすればいい?

前述の通り、ボーナス払いを選択すると、ボーナス月以外の料金の支払いを安くできます。では、ボーナスなしで均等払いを選択した場合に、毎月のカーリース料を安く抑える方法はあるのでしょうか?

結論、ボーナスなしの均等払いでもカーリース料金を抑える方法はあります。

例えば、頭金を入れることによって毎月の料金を安くできます。カーリースでは頭金を用意する必要は必ずしもないのですが、希望によって頭金を支払うこともできるのです。まとまった額のお金を最初に用意できる人にとって、これは有効な方法と言えるでしょう。

また、現在所有している車があれば、それを下取りに出して、そのお金を頭金として充当するという方法もあります。カーリース会社の中には、自動車買取業者と提携していて、高値で下取りしてもらえるようにサポートしてくれるところもありますから、問い合わせてみるとよいでしょう。

 

ボーナスなしの月額均等払いが可能なおすすめのカーリース会社をご紹介!

最後に、ボーナスなしの月額均等払いが可能なおすすめのカーリース会社をご紹介します。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

カーコンカーリースもろコミは、「残価設定なし」の「クローズドエンドリース方式」をとっていますので、契約満了時の面倒な残価精算の手続きは不要です。車の損耗や走行距離超過による追加料金発生の心配はありません。さらに、契約満了時に追加料金なしで車をそのままもらえます。

毎月のカーリース料には、車両代、新車登録時手数料、自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検基本料が含まれています。ボーナスなしの均等払いもできますし、ボーナス併用払いを選ぶことも可能です。

契約プランとして、7年リース「もろコミ7」と9年リースの「もろコミ9」の2つを用意しており、どちらのプランでも契約満了の2年前から原則解約金なしで車の乗り換えや返却ができるようになります。

今なら、期間限定で「もろコミ7またはもろコミ9(※特選車を除く)ご成約特典」と「もろコミ7の「特選車」ご成約特典」を実施中です。

もろコミ7またはもろコミ9(※特選車を除く)ご成約特典の対象となるのは、10月1日(月)から12月31日(月)の間に、「もろコミ7」または「もろコミ9」の申込みをして契約した人で、キャンペーンの内容は、「車載用防災セット」、「ドライブレコーダー」、「キズへこみ保証クーポン」のプレゼントとなっています。

もろコミ7の「特選車」ご成約特典の対象となるのは、10月1日(月)から12月31日(月)の間に、WEBサイトから特選車の申込みをして特選車の契約をした人です。キャンペーンの内容は、「折りたたみ電動アシスト自転車」と「キズへこみ保証クーポン」のプレゼントとなっています。

※キャンペーンのサービス内容は予告なく変更、終了する可能性があります。

コスモスマートビーグル(コスモ石油マーケティング株式会社)

希望に合わせて、契約期間(3年、5年、7年)、月間走行距離(500km、1,000km、1,500km)、メンテナンスパック(フルメンテナンス、ライトメンテナンス、メンテナンスなし)、頭金の有無、ボーナス払いの有無を自由な組み合わせで設定できるのが魅力のカーリースサービスです。

また、石油会社系列の強みを生かして、ガソリン代割引のサービスを実施しています。メンテナンスパックでフルメンテナンス(ゴールドパック)を選択した場合には、ガソリン1ℓあたり5円引き、ライトメンテナンス(シルバーパック)を選んだ場合には1ℓあたり3円引き、メンテナンスなし(ホワイトパック)を利用の場合には1ℓあたり1円引きのサービスを受けられます。

※ガソリン代割引を受けるにはコスモ石油指定のカードを使用する必要があります。

※ガソリン代割引は最大100ℓ/月までが上限となります。

オリックスカーリース(オリックス自動車)

 「いまのりくん」シリーズで知られる大手のカーリース会社です。以下の3つのプランを提供しています。

いまのりくん

5年リースで、契約から2年経過後に自由に車の乗り換えや返却ができるようになります。

いまのりセブン

7年リースで、契約から5年経過後に自由に車の乗り換えや返却ができるようになります。契約満了時には、車をもらうか、返却してキャッシュバックを受けるかを選択することが可能です。

いまのりナイン

9年リースで、契約から7年経過後に自由に車の乗り換えや返却ができるようになります。

契約満了時には、車をそのままもらうことができます。

月々のカーリース料には、車両代、新車登録時手数料、自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料が含まれています。また、車検の基本点検費用やオイル交換が無料になるクーポンをもらうことができ、契約期間中にオリックスレンタカーを基本料金の半額以下で利用できる特典も付きます。

支払方法に関しては、ボーナスなしの月々均等払いもでき、ボーナス払いを利用することも可能です。

以上が、ボーナスなしの月額均等払いが可能なおすすめのカーリース会社です。あなたもこうしたおすすめのカーリース会社を利用して、お得で便利なカーライフを楽しんでみてください。
人気カーリースを見る

関連する記事

憧れのルノーの車を気軽に!カーリースでルノーの新車に乗ってみよう

ルノーはフランスを代表する自動車メーカーで、「日産」や「ルノーサムスン」などを子会社とし、グループ全体ではヨーロッパ最大の自動車メーカーとなっています。 ルノー車は日本にも輸入されており、カーリースを利用すれば、気軽にルノーの新車に乗ることが可能です。今回はルノー車の魅力やルノー車をカーリースする方法について解説します!

カーリースの上手なクルマ選びとは?おすすめのカーリース業者と併せてご紹介

クルマ選びをする際に、カーリースを選択肢に入れる人が増えてきています。ちなみに、カーリースというと法人用が多いような気もしますが、近年では個人用のマイカーリースも手頃な価格で利用できるようになっています。月10,000円以下など負担も小さいので、非常に人気です。

ローンが通らなくてもカーリースができる!自社ローンの仕組みとメリット・デメリット

カーリースは、基本的に信販会社と契約を結ぶことで利用することができます。つまり、審査に通らなければ利用はできないということになります。 審査に通らなそうだからと言って、金利の高いローン契約をしてしまうのも考え物です。そんな方におすすめなのが「自社ローン」となります。 ここでは、自社ローンの仕組みと自社ローンでカーリースする際のメリット・デメリットについて詳しく答えます。