カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは不評?それとも人気?カーリースのメリット・デメリットとカーリースに向いている人の特徴をご紹介!

近年、個人用カーリースが多くの方に利用されるようになりましたが、ユーザーの評価はどうなのでしょうか?今回は、カーリースは本当のところ、不評なのか、それとも人気なのか、不評だとすれば、なぜ不評なのかを詳しく調べます。

カーリースの基本的な仕組みをまずは理解しよう!

カーリースは、頭金を支払う必要がなく、まとまったお金がなくても新車に乗り始める事ができるというのが、最大のメリットです。新社会人など、まだ貯金がたくさんないという場合でも、ワンランク上の車に乗ることができます。

カーリースの基本的な仕組みは、カーリース会社が卸値価格で仕入れた車を利用者に貸出し、利用者は、7年契約もしくは9年契約で毎月カーリース料金を支払うというものです。

カーリース会社は独自のルートから毎年大量に車を仕入れているため、ディーラーで買うよりも安く利用者に提供できるのです。

カーリースにもオープンエンド型とクローズドエンド型があります。オープンエンド型の場合は、カーリース契約期間が終了して車を返却する際に、車をチェックされます。車のクオリティーが一定の基準に満たない場合は、差額を払わなければなりません。

あらかじめ、定めておいた残価と同等の下取り価格であれば、清算金は発生しません。しかし、返却時に車の劣化が激しく、価値が設定した残価を下回ってしまった場合、その差額を利用者がカーリース会社に支払う必要があります。

カーリースの場合、あなたが車両のタイプや色、オプションなどを自由に選ぶことができます。車の所有者がカーリース会社となるだけで、他は新車購入と似ていると言えるでしょう。この点が、レンタカーにはないカーリースのメリットです。

カーリースした車は固定資産と見なされないため、税金が安くなる事があります。また、カーリース料金を経費として計上でき、節税できるため、会社の社用車としてカーリースを使うと、コストダウンできます。

カーリースの料金は、毎月固定であるというのもポイントです。

自分で車を管理する場合、毎月の費用はバラバラで、月によっては予想以上の費用がかかってしまったという事が多々あります。これに対し、カーリースの料金は1年を通して毎月一定に設定できるため、経済状況を圧迫することなく、計画的に支払うことができるのです。

 

カーリースは不評だ”と思う人がいる理由とは?

カーリースは不評だと思う方がいるのも理解できます。というのも、カーリースにはいくつかの制限があり、人によってはあまりオススメできない事もあるからです。また、同じ車に乗り続けるのが難しいという方にも、カーリースは不評な場合があります。

まず、カーリースは毎月走れる距離が制限されている場合があります。カーリースした車の走行距離制限は、毎月500キロから2,500キロまで、プランやカーリース会社によって様々です。一般的な利用なら、毎月1,500キロ程度で十分ですが、遠出が好きな方にとってはそうではありません。

走行距離制限は、カーリースに不評を招いている一つの理由ですが、よく調べてみると、走行距離制限がないカーリースもある事が分かります。それが、中古車専用のカーリースです。中古車のカーリースだと、走行距離制限がないところもあるのです。

カーリースが不評なもう一つの理由に、中途解約ができないという点があります。例えば5年、7年、9年というカーリース契約中に、別の車が欲しくなった時、契約途中で乗り換えることはできません。

カーリース会社によっては、契約終了2年前から乗り換える事ができるところもありますが、基本的には契約終了まで責任を持って乗り続ける必要があるのです。車を買い換えるのが好きな人にカーリースが不評なのも分かりますよね。

日本は車社会ですし、名だたる自動車メーカーが毎年新しいモデルの車をリリースしています。モデルチェンジのスパンも短く、マイナーチェンジを含めれば、相当なスピードで新しい車が出ている事になります。

そんな中で同じ車に5年、7年、さらには9年と乗り続けるのは、一部の方にとっては苦痛なのです。しかし、そういった方たちのことを考えたカーリースも中にはあります。それが、2年で乗り換える事ができるオリックスカーリースいまのりくんです。

オリックスカーリースの提供するいまのりくんは、名目上5年契約ではあるものの、2年経過すると、乗り換え、返却ができます。万が一カーリースした車を乗り換える必要がある場合、2年我慢すれば、次の車に乗り換えることができるのです。

一部のカーリースのサービスが不評なのは、残価設定があるためです。オープンエンド型のカーリースによくある残価設定ですが、残価を設定していると、カーリースした車を返却する際に、清算金が発生する場合があります。この事が残価設定型カーリースの不評を招いているのです。

しかし、この点についても、車をキレイに乗れるという方にとっては、ほぼ問題にはなりません。タバコも吸わない、子供もいない、そこまでの長距離を走らないという方にとっては、返却時に清算金が発生する確率は低いからです。

 

カーリースの不評やデメリットを覆す特徴をもったカーリース会社もある!

カーリースについては、確かに不評がいくらかあるものの、そんな不評を覆すサービスを提供しているカーリース会社があります。

カーコンカーリースもろコミは走行距離制限が2,000キロとなっており、長距離を走る方でも、基本的には大丈夫です。カーリースを利用する多くのユーザーが、月1,000キロ前後の走行距離で満足していることを考えると、2,000キロという走行距離制限にはかなり余裕があることが分かります。

カーコンカーリースもろコミのもろコミ7は、本来7年間乗り続けるカーリースですが、このプランだと、5年経過した時点で次の車に乗り換える事ができます。5年なら、新しい物好きの方でも、なんとか乗り続けられる期間ではないでしょうか?

また、カーコンカーリースもろコミは残価設定0円のカーリースなので、返却時に違約金を請求されないかビクビクする必要もありません。契約満了まで乗れば、車をそのままもらえることがあります。そうなれば、所有者はあなたになるので、好きにカスタマイズすることもできます。

オリックスカーリースのいまのりセブンも7年リースで、内容はカーコンカーリースもろコミのもろコミ7と似ています。オリックスカーリースは独自ルートで車を購入しており、国産の全メーカーから車種を自由に選ぶことができます。

 

カーリースに向いている人ってどんな人?

一部の利用者は不評を述べているカーリースですが、よく調べると、カーリースにも良い点がたくさんあることに気づきます。特にカーリースは、使い方によって良し悪しが変わるので、ネット上の不評に惑わされないようにすることが大切です。

車を日常の買い物や送り迎えで使用するという方や、まとまったお金がすぐに準備できない方はカーリースが向いています。また、3年から5年のスパンで新車に乗り換えたいという方にも、カーリースはおすすめです。

ご自分の経済状態や車を使う頻度などから、最適なカーリース会社を選びましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

最安のカーリースはどうやって探したらいいの?

カーリースの一番の魅力は出費のプランが立てやすいということです。カーリースでは毎月のリース料金を払うことにより、車を長期に渡って借りることができますが、その料金は定額ですので家計の支出の計画が立てやすくなります。他方、リース料金は毎月継続して払わなければなりませんから、その金額はなるべく安く抑えたいものです。では車種ごとに最安のカーリースを調べる方法はあるのでしょうか?

借金があってもカーローンは組める?対処法や注意点を解説

月々の分割払いでクルマを手に入れることができるカーローンはとても便利です。とはいえカーローンでクルマを購入できるかどうかは「審査」によって決まるので、不安に感じる人もいるようです。特に借金がある場合がそうです。借金があってもカーローンを組むことはできるのでしょうか?対処法や注意点を含めて解説します。

カーリースを利用した場合、整備や点検は誰がどこで行う?費用はドライバー負担?気になるリース車のメンテナンスについて

カーリースした車は自分で点検や整備を行うのでしょうか。それとも、カーリース会社が全部行うのでしょうか?今回は、カーリースした車の点検や整備などメンテナンスに関して、知っておきたい基礎知識やメリットなどを交えて、分かりやすく説明します

カーリースとローンはどっちがお得なの?費用をシミュレーションしてみた

最近利用者が増えて話題になっているカーリースですが、ローンと比べるとどちらがお得なのでしょうか?まずはカーリースがどのようなサービスなのかを調べてみましょう。それから実際に料金のシミュレーションをしてカーリースとローンではどちらがお得なのかを比較します。