カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは個人事業主にもおすすめ!具体的なメリットをご紹介

頭金の支払いがなく、月々の支払いだけで新車に乗れるということで、カーリースを利用する人が増えています。実はこのカーリース、個人事業主にもおすすめです。個人事業主がカーリースを利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。審査基準や注意点なども含めて徹底解説します。

個人事業主がカーリースを利用するメリットとは

個人事業主で車が必要になった場合、現金一括で購入するか、ローンを組むか迷ってしまうことがあるでしょう。そこで、おすすめするのがカーリースの利用です。個人事業主がカーリースを利用するメリットを挙げてみます。

会計処理がシンプルで節税効果が高い

新車を現金一括で購入したとしても、全額を経費として計上することはできません。車のような高額な買い物は、法定耐用年数で割って計上することになります。これを減価償却といいますが、会計処理を複雑にしてしまいます。ローンで購入する場合でも、経費として計上できるのは支払い利息のみとなります。

一方、カーリースにすれば月々の支払額がすべて経費として計上できるので、会計処理も非常に簡単です。車もカーリース会社の所有物になるので固定資産として計上する必要がありません。車の維持費も月々の支払いに含まれているので会計処理がシンプルになる上、節税効果も高いのがカーリースのメリットです。

車の管理が簡単

車は非常に便利なツールですが、維持や管理が大変な時もあります。毎年の税金の支払いや保険の手続き、車検や定期的なメンテナンスも行わなければなりません。カーリースの場合、これらすべてをカーリース会社が管理してくれるので、車の管理を簡潔に済ませることが可能です。

初期費用を節約できる

車を現金一括で購入するにしても、頭金を払ってローンを組むにしても、初期費用としてまとまったお金が必要になります。カーリースの場合、基本的に頭金を支払う必要がなく、月々の支払いだけで車の使用ができるので初期費用を大幅に節約することができます。何かと資金が必要な個人事業主には大きなメリットでしょう。

 

個人事業主がカーリースを契約する際の審査基準について

個人でカーリースを利用する場合と同じように、個人事業主がカーリースを契約する際にも審査があります。すべてを具体的に挙げることはできませんが、審査基準として確認される可能性が高いものをいくつか挙げてみます。

事業の経営状態

カーリースはリース契約期間を決めて毎月の支払いを行うため、利用者の経済状況を知ることは重要です。個人事業主の場合は事業の経営状態が審査基準に含まれます。赤字運営をしていないか、赤字になる危険性はないかどうかが問われることになります。

自己破産、債務整理歴

信用情報に自己破産や債務整理歴が載っているかどうかも審査をする上で重要なポイントです。毎月の支払いをする約束をするわけですから、信用できる人かどうかが審査されます。

借入金残高

借入金の残高が事業利益に比べて過剰な場合は、審査基準に引っかかることがあります。事業運営のための初期費用として借入金がある場合は、残高の確認をするようにしましょう。多重債務が原因で審査に通らないこともあるので、注意が必要です。

 

個人事業主がカーリースを利用する際の注意点とは

個人事業主にとってメリットの多いカーリースですが、注意点もあります。ここでは、カーリースを利用することのデメリットを挙げますので、参考にしてください。

1.車の所有者はカーリース会社

カーリースはリース契約期間が満了したら車をカーリース会社に返さなければいけません。車の所有者はあくまでもカーリース会社なので、最終的に自分のものになるわけではありません。契約満了しても、引き続き車が必要な場合は同じ車を再リースするか、新しい車を選んで新たにリース契約する必要があります。

2.基本的に中途解約ができない

カーリースは、あらかじめ契約期間を決めて利用しますが、基本的に中途解約ができません。事情があって中途解約をせざるを得ない状況になった場合、高額な違約金がかかってしまうことがあります。

また、事故で車が全損した場合の中途解約費用も、自己負担になってしまいます。万が一に備えて自動車保険に加入するなどして、対策しておいてください。カーリースサービスの中にはリースカー専用保険を案内しているところもあるので、事前に確認しておきましょう。

3.改造や故障した箇所は修理して返さないといけない

リース会社から借りている車なので、勝手に改造をすることはできません。改造をした場合は返却の際に元に戻さなければならないので、余分の費用が掛かってしまいます。カーリースした車を運転する際は、慎重に運転する必要があります。

4.走行距離が決められている

カーリース会社の中には、走行距離が決められている場合があります。そのため、長距離を走行する予定の場合は注意が必要です。制限走行距離を超えた場合は、返却時に超過分の料金が発生することがあります。走行距離の設定はカーリース会社によって異なるので契約時に必ず確認するようにしましょう。

 

個人事業主におすすめのカーリースサービスをご紹介!

カーリースの利用にはデメリットや注意点もありますが、個人事業主がカーリースを利用することは大きなメリットであり、お得なサービスと言えます。

最後に、個人事業主におすすめのカーリースサービスを紹介します。

「オリックス カーリース・オンライン」

1973年に設立されたオリックス自動車は、カーリースだけでなくレンタカー事業やカーシェアリング事業も展開しています。新車を大量購入する調達力で、お得なリース料を提示できることや、インターネットで簡単に車両を選ぶことができるという特徴があります。

日本全国に9,000箇所以上の提携整備工場があるのでどこでも安心して利用でき、突然の故障で事業に支障が出ないようにすることができます。契約満了後は再リースすることも可能です。

国産全車種、全メーカーから選択可能で、中古車のリースもあります。

「コスモスマートビーグル」

コスモ石油のマイカーリースです。インターネットから契約することが可能で、国産全メーカー、全車種から選ぶことができます。用途による希望オプションをカーライフコンシェルジュに相談することができるのも特徴です。契約満了後は再リースして同じ車を使用し続けることもできますし、乗り換えや返却の選択肢もあります。

車検、整備、消耗品交換などメンテナンスをすべてお任せできるゴールドパックもあります。コスモ石油のマイカーリースならではのガソリンの割引があるのもおすすめポイントです。

「カーコンカーリスもろコミ」

カーコンビニ倶楽部株式会社が展開しているカーリースサービスは、法人・個人事業主専用プラントして「もろコミビジネスカーリース」を提供しています。国産全メーカーから用途に合った車を迅速かつ手軽に調達することができます。

※ただし、PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両除きます。

頭金0円、月々定額なので、資金調達不要で、維持費も「もろもろコミコミ」であるため、管理や事務処理が楽になります。

その他、「メンテナンスを任せて手間を省きたい」、「走行距離が多く設定されたカーリースを選びたい」など、様々な要望に応えることができ、予算に合わせて自由設計のプランを立てることができます。最終的に、契約満了時に車をもらうこともできます。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーコンカーリースもろコミのCMが気になる!出演者やサービスの特徴は?

個人向けカーリースの人気は年々高まっており、今ではCMを流しているカーリース会社も珍しくありません。その中でも特に印象的なCMを提供しているのは、カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)です。 では、カーコンカーリースもろコミのCMには誰が出演しているのでしょうか。また、カーコンカーリースもろコミのサービスにはどんな特徴があるのでしょうか?