カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは値引き交渉できる?安い料金で利用するにはどうしたらいい?

車を購入する時、多くの人がディーラーと値引き交渉します。少しでも支払い額を安くするためです。では、リース料金を支払うことで車を長期間借りられるカーリースでは、値引き交渉することはできるのでしょうか。カーリースで月々の支払い額をなるべく抑えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

カーリースは値引き交渉できるのか?

カーリースを利用するに当たってユーザーは値引き交渉することができるのでしょうか?

カーリースでは通常、カーリース会社がディーラーと車両価格の値引きの交渉をします。そのため、ユーザー自身がディーラーと値引きの交渉をすることはありません。

ユーザーが自ら交渉したい場合は別として、リース会社が値引き交渉をしてくれるのはある意味、楽と言えるでしょう。また、カーリース会社は毎年たくさんの車を購入しますから値引きをしてもらいやすいと言えます。

ただ、実際はほとんど値引きされていない価格で月々のリース料金を設定している場合もあるようですから、そのようなケースではリース会社の担当者にディーラーと値引き交渉するようにお願いするとよいかもしれません。

さらに、カーリースの場合、「車両本体価格」から契約終了時の「車両の予想下取り価格(残価)」をあらかじめ差し引いてリース料金を算出しています。この「残価」の設定金額が高ければ高いほどリース料金は安くなります。

そのため、この「残価」の設定金額をもっと高くするようカーリース会社と交渉することによってリース料金の値引きを実現させることができるかもしれません。

ただし、この場合、契約期間終了時に車の査定および清算が行なわれることに注意する必要があります。査定の結果、車の「査定額」が「残価」を下回った場合には、清算金としてその差額を支払わなければなりません。

「残価」の設定額が高ければ高いほど清算金が発生する確率が高くなってしまいます。「カーリース料金を値引きしてもらえたけど清算で値引き分をすべて支払うことになった」ということにもなりかねません。

ここまでカーリースの値引きについて考えてきました。値引きに関しての対応はカーリース会社によって様々ですから、値引きにつながるどんな方法があるか、各カーリース会社に問い合わせるとよいでしょう。

 

カーリース料金をなるべく安く抑えるにはどうしたらいいか?

カーリースの月々のリース料金をできるだけ安くするにはどうしたらいいでしょうか?カーリースでは値引き交渉をしなくても、月々の支払い額を抑える方法はあります。いくつか見てみましょう。

・契約期間を長くする

契約期間が長ければ長いほど、トータルで支払う回数は増えますから、当然月々のリース料金は安くなります。長期にわたって車を利用する予定の方で月額料金を少しでも安く抑えたい方は、契約期間の長いプランを提供しているカーリース会社を選ぶとよいでしょう。

例えば、ある大手のカーリース会社で契約期間ごとに「スズキ ハスラー」の料金を調べてみると下記の金額になりました。長期の契約の方が低い月額料金になっていることがわかります。

スズキ ハスラー

3年契約:月額33,912円
5年契約:月額26,460円
7年契約:月額23,436円

・頭金を支払う

カーリースはローン購入とは違って必ずしも頭金を用意する必要はありませんが、まとまった初期費用を出せる方は頭金を支払うことで月々の料金を安くすることもできます。

・ボーナス併用払いをする

ボーナス月の支払い額を多くすることで、ボーナス月以外の料金を少なくすることができます。ボーナス払いをすることで、軽自動車であれば8,000円や10,000円などの低価格で新車を利用できるようにしているカーリース会社も少なくありません。

・走行距離制限を短くする

カーリースでは契約時に、リース期間中に走行できる距離に制限を設定します。走行距離制限が短ければ短いほど、リース料金は安くなります。そんなに長距離を運転することはないという方は、短めの走行距離に設定しましょう。

一律に走行距離制限を決めているカーリース会社でも、担当者に相談すれば距離の変更や、それに伴うカーリース料金の値引きに応じてくれるかもしれません。

例えば、先程取り上げた「スズキ ハスラー」の料金を走行距離ごとに下記に示します。走行距離が短い方が低価格になることがわかります。

スズキ ハスラー(5年契約)

月間走行距離500km  :月額25,812円
月間走行距離1,000km:月額26,460円
月間走行距離1,500km:月額27,648円

・メンテナンスサービスの内容を見直す

カーリースでは「車検費用」や「点検整備費用」「消耗部品交換費用」などの「メンテナンス費用」がリース料金に含まれていることがあります。その具体的な内容はカーリース会社によって、また契約プランによって異なります。

一般的に言って、メンテナンスサービスの内容が充実している場合はリース料金も高めになります。逆にサービスが乏しいほどリース料金が安くなるわけですが、メンテナンスをリース会社に任せられるのがカーリースの1つの魅力ですので、メンテナンスサービスを全く省いてしまったらカーリースを利用する意味が半減してしまいます。

そのため、ここはバランスが必要でしょう。自分がどの程度のメンテナンスサービスを必要としているのかを見極めて、それに合ったプランを提供しているカーリース会社を選びましょう。

・中古車のカーリースを利用する

新車ではなく中古車をリースしている会社もあります。「車両価格」が安い分、リース料金も低価格になります。新車のカーリースと比べると、リースできる期間が短めになるかもしれませんが、同じ車種・グレードの車を新車より安い料金で借りることができます。

・期間限定価格を狙う

カーリース会社によっては特定の車種を期間限定の特別価格でリースしている場合があります。定期的にリース会社の公式サイトをチェックして、自分の好みの車種のカーリース料金が割引きになっていないか確認するとよいでしょう。

ここで見てきたように、月々のリース料金を少なく抑える方法はいくつかあります。いくつか組み合わせることで比較的大きめの節約につながるかもしれません。

まとめ

今回はカーリースの値引きやリース料金を安く抑える方法について考えてきました。

「車両価格」の値引き以外の方法で料金を安くしようとすると、その分サービスの内容も少なくなったり、トータルで支払う額は変わらなかったりします。それでも「月々で支払う額を少しでも安くしたい!」という方にとっては助けになるでしょう。

是非、自分のライフスタイルや経済状況に合わったカーリースのプランを選択して、快適なカーライフを楽しんでください。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検見積もりの重要性とは?車検の手順や選び方のポイントをご紹介!

車検を行う際、見積もりを取っていますか?取っていたとしても何となくチェックして、比較検討することもなくそのまま車検を行ってはいないでしょうか。車検ではどのくらいの費用が必要になるのかはっきりせず、不安に思う方も少なくないといいます。その不安は実は見積もりをしっかりと取ることで解消できるのです。 そこで、ここでは車検の見積もりの重要性や車検の手順、選び方についてもご紹介します。車検の際には、参考にしてみてください。